医療、消防、救急など

熊本に派遣された富田林消防署の救急隊は現地で活動中です

4月16日(土)に熊本県に向けて出発した富田林消防署の救急隊3名は、大阪府大隊に合流しました。

翌17日の早朝4時に宿営地(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)菊池市総合体育館に到着しました。

大阪府大隊は、阿蘇村の野外劇場アスペクタを拠点として活動を開始しています。

富田林の救急隊は富田林の救急車を持ち込んで、病院や医療施設間の患者搬送を行っているそうです。

フル稼働の先発隊に次いで、交代要員の救急隊員は、19日(火)に3名出発するそうです。

ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林消防本部の救急隊が、熊本地震の九州へ出発しました

本日、熊本地震の救援の為、富田林市消防本部から救急隊が出発しました。

救急消防救助隊大阪府大隊が結成され、その一隊として富田林消防本部救急隊3名が九州に向け出動しました。

今朝10時に富田林を出発した救急隊は、12時に山陽道淡河サービスエリアで大阪府隊に合流し、大阪府大隊の1隊として現地に向け出発しました。

東日本大震災の際にも、大槌町での救援の活躍が報道された富田林隊の皆さん、ご苦労様です。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本の地震、余震が続いています

熊本の大地震、余震が続いておさまりません。

熊本に転勤していた友人にフェイスブックで連絡を取ると、4月から東京に転勤になって無事だったそうです。

テレビではずっと被害の状態や救出活動が報道されています。

我が家の避難グッズを、あらためて点検しました。

Photo_3

Photo_2

いろんな防災グッズがセットされているものですが、手動の充電器がありました。

ラジオとライトと携帯電話の充電ができます。

停電になった際にも、これは使えそうです。

九州の地震、心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪民主新報に、「富田林西口駅の無人化問題」が取り上げられました

今週の大阪民主新報に、「富田林西口駅の無人化問題」が取り上げられました。

_0001

富田林西口駅は2年前から、夕方5時から翌朝の7時半まで駅員さんのいない無人駅になってしまいました。

夜、ホームから線路に転落して動けなくなった人が、駅員さんがいないためレールの上から携帯電話で家族に連絡して、救急車で運ばれて助かったという事故もありました。

近鉄電車は経営難を理由に駅員を減らすといっていますが、あべのハルカスに投入する資金のほんの一部を回すだけで、解消できる問題です。

乗客の命と利益のどちらを優先するのか、国の規制も含めて問われるところです。

2月18日には近鉄電車の本社との交渉を行います。

国会議員団にも対策を求めているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は防災訓練の日

今日は阪神・淡路大震災から21年目の防災訓練の日です。

うちのイトーピア金剛東も自主防災会が中心になって、防災訓練がおこなわれました。

24名の方が参加されました。

避難所となる富田林第二中学校で市役所の方から、備蓄物資や防災用品の説明を受けました。

Photo_2

Photo_3

体育館の2階にある備蓄倉庫はとても小さいもので、食料は100食分しかありません。

100人が避難してくれば、1食分でおわりです。

「各家庭で3日分の備蓄が必要です」との説明でしたが、もう少し避難所の備蓄を増やすべきかと思いました。

Photo_6

うちのマンションからは24名の参加でしたが、役所の職員さん以外に参加者は見当たりません。

大丈夫かいなと、心配になります。

うちの自主防災会の会長さんは、宝塚で阪神大震災を体験された方です。

当時の教訓などを生々しく教えていただきました。

高齢の方や、聴覚障害の方も参加していただいて、いろんな対策が必要なこともわかりました。

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は、消防出初式とマンションの新年会

今日は、石川の河川敷で行われた消防出初式とマンションの新年会に出席しました。

イトーピア金剛東の自主防災会のみんなで、防災ユニフォームで出席です。

いいお天気で、暖かいくらいの出初式でした。

12時からはマンションの集会所で自治組織全体(自治会・理事会・自主防災・アドプトロード)の新年会です。

マンションができて18年になりますが、ますます交流が深まります。

今年からは若い大学院生さんも参加してくれるようになり、後継者づくりにも明るい兆しが見えてきました。

マンションのみなさん、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林病院前の歩道が補修されました

富田林病院前の向かい側の歩道は、街路樹の根っこが広がり歩行者がつまづいたりしていました。

Imag2325

病院を利用される方もここを通行します。

高齢者の方からの指摘があり、田平議員と一緒に市の道路交通課に改善を要請しました。

Imag2427

すぐに補修が行われ、段差がなくなり、根っこの処理も完了しました。

道路交通課の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「309号の歩道に防犯灯をつけてください」  新家交差点北

国道309号の新家交差点北側の歩道には防犯灯がありません。

Photo_5

夜になると真っ暗です。

南海電車で通勤する人や、金剛高校・長野北高校に通う高校生などたくさんの人が、夜真っ暗な中この歩道を利用します。

夜間は車道を車がヘッドライトをつけて横を走りますが、歩行者にはまぶしくて足元が見えません。

車が通り過ぎれば真っ暗です。

急な坂道なので、上から猛スピードで降りてくる自転車と歩行者が時々接触したり、自転車同士が正面衝突して救急車で運ばれたりします。

防犯・交通安全の両面から、この歩道には明るい照明が必要です。

Photo_6

設置場所は照明ポールを立てなくても、擁壁の上部のフェンスでも可能かもしれません。

大阪府・富田林市両方に照明灯の設置をもとめて、要望を続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林病院の診察順表示がわかりにくい!

富田林病院の診察はかなり混み合っています。

診察順を知らせる案内表示板が不評です。

Photo

内科などは毎朝100人近くの患者さんが待合で診察を待ちます。

1時間以上待つのは当たり前の盛況?ぶりです。

しかし、診察室への待機案内は直前の1人から3人だけしか表示されません。

これでは自分の診察の番が、あとどれくらいなのかわからず、トイレにも行けません。

待ち時間が長いばかりか、自分の順番もわからないのではイライラが増幅されます。

3月議会で待ち時間と順番表示の改善をもとめて質問します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

若松町1丁目の交差点が危ない!

若松町1丁目の交差点が歩道拡幅や、歩車分離信号などで改良されています。

しかし、縁石とフェンスの位置がずれているため、歩行者や自転車が歩道の縁石に激突して転倒する事故が多発しています。

けがをされた方から相談があり、現地を確認しました。

Photo_3

郵便局側の交差点では、フェンスより飛び出ている縁石が夜間見えにくく、前の信号とフェンスを見ながらすすむと、足元のブロックにつまずいてしまいます。

Photo_4

ファミリーマート前の交差点も歩道側から道路に出ようとすると、足元を見てないとブロックで転倒する危険性があります。

縁石には、自転車などが乗り上げたりぶつかったりした跡がいっぱいついています。

骨折などの事故も起こっています。

フェンスの新設など、早急な対策が必要です。

道路交通課に改善を要請しました。

この道路は大阪府道で、富田林市と協議しながら一方通行化をおこない、フェンスなどを設置しています。

道路管理者は大阪府ですが、市との協議で工事を行った経過もあるそうで、大阪府と市とで対策を検討してもらうことになりました。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧