道路や交通、水路の問題

川西駅にエレベーターが設置されます!

近鉄川西駅にエレベーターが設置されることになりました。

Dsc_0041

日本共産党の議員団は毎年近鉄電車と、駅の安全性や利便性をもとめて利用者の皆さんの声を届け、改善に向けて交渉を行っています。

Photo

3月議会の来年度予算審議で、2年後の川西駅エレベーター設置に向けて設計費の計上が可決されました。

国と近鉄と富田林市が3分の1ずつ資金を出し合ってこの事業をすすめます。

来年度に設計、再来年に施工が完了する予定です。

駅のバリアフリー化のために、多機能トイレの設置や視覚障碍者のためのホームの内側線なども同時に整備されます。

私が市会議員になってから10年、毎年交渉を続けてきました。

そこで実現できたものはたくさんあります。

○喜志駅のエレベーター設置

○駅のトイレにトイレットペーパーの常備(南海電車より先につきました)

○富田林駅のきたないトイレの改修

○踏切の拡幅と平面化

○富田林駅東側の整備

ホームの転落防止策の設置や、富田林西口駅の無人化を元に戻すことなどは今後も要請を続けていきます。

国の対策が必要な事業でもありますが、声を上げ続けて、国会とも連携すれば必ず改善はできます。

駅や電車への要望がありましたら、お聞かせください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な歩道に防犯灯が設置されました 新家交差点

昨日、国道309号「新家交差点」の北西側歩道に防犯灯が設置されました!

Photo

ここは国道に沿って歩道がありますが、防犯灯がないため夜間は真っ暗です。

急な坂道でもあるので、自転車同士が正面衝突したり、おばあさんが後ろから自転車の高校生に追突されたりした、危険な場所です。

大阪府に照明灯を要望すると、「交通照明はこれ以上増やせない」。

富田林市に要望すると、「管理者のいない場所には防犯灯は設置できない」。

など、なかなか進展しませんでした。

イトーピア金剛東の自治会など、地元住民の皆さんが署名を集めていただき、また自治会長さん達と一緒に防犯灯設置の要請活動を続けてきました。

私は、市議会でもこの問題を何度か取り上げ、管理者のいない歩道に防犯灯を設置できる制度をつくり、年間60万円の予算規模ですが設置が可能になりました。

昨日設置された防犯灯を確認しましたが、LEDで大変明るい照明です。

今年度は引き込み工事と2基の照明だけですが、来年度は8基程度の設置が可能です。

設置に尽力していただいた市の市民協同課の皆さん、ありがとうございました。

地域の自治会長さんと住民のみなさん、やりましたね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路に大きな陥没ができてます!   楠町

また、楠町の方から電話がありました。

府営住宅の6棟前の道路に、深さ5センチ・直径30センチくらいの陥没穴ができて危ないです、というものです。

Dsc_1071

現地を確認すると大きな穴ができています。

自転車やバイクの通行には危険です。

すぐに大阪府の住宅管理センターと土木事務所に連絡を取り、補修を要請しました。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な歩道が補修されました!  楠町

楠町の市民の方から、

「歩道の敷石が浮き上がって、障害者の方がつまづいて危険です」

と、相談がありました。

現地を確認すると、桜の街路樹が成長して敷石のブロックを持ち上げています。

Dsc_0898

大阪府の住宅管理センターに連絡を取り、補修を要請しました。

先日、補修が完了して段差がなくなり、安心して通れるスペースが確保されました。

Dsc_1069

木の根で浮き上がった歩道の補修の際は、街路樹自身が枯れたりすることもあるそうで、先に樹木の専門担当者が確認してから、根を撤去するそうです。

大阪府の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近鉄も南海も人身事故で電車がとまってます、帰られません!

夜の10時に阿部野橋駅から電車に乗ろうとすると、電車が来ません。

「河内天美と針中野の間で人身事故がありました」、とアナウンスが流れます。

Dsc_1067

南海電車の金剛駅に変更しようかと思案していると・・・。

なんと。

Dsc_1066

南海電車も人身事故で動いていません。

帰られへん!

駅員さんに尋ねると、

「どんなに遅くなっても、河内長野まで乗客をとどけます」

とのこと。

ホームに乗客が殺到しないように、改札口も閉鎖しています。

同時多発テロを思わせる帰宅時の電車の大混乱です。

結局、私は夜中の1時過ぎに帰宅できましたが、タクシーもない駅の人などはどうされたんでしょうか。

駅の関係者の皆さんも、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新堂小学校横の危険な水路が暗渠になりました

新堂小学校の北側にある水路は大変危険な場所でした。

B3

転落防止柵もなく、大雨の時には水があふれ、道路と水路の区別もつかなくなる時もありました。

道路交通課と水路耕地課に改善を要望していましたが、先日暗渠(水路にコンクリートのふたをかける)工事が完了しました。

Dsc_0904

ここは新堂小学校、新堂幼稚園の子どもたちが通る通学路でもあります。

また、車の脱輪や高齢者や障害者の転落の危険性もある場所でした。

これで安心です。

担当課の皆さん、ありがとうございました。

B4

Dsc_0903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歩道の敷石が段差になって危険です」  楠町

楠町府営住宅のバス停前の歩道の敷石に段差ができて、歩行者がつまづいて危険なので、何とかしてほしいと要望がありました。

Dsc_0898

この歩道はアスファルトではなく、コンクリートの石板が敷かれています。

桜の木の根っこが広がって、「根上がり」により石板を持ち上げていました。

高齢者が増えている府営住宅の歩道なので、これは危険です。

この場所は、市道でも府道でもなく、府営住宅管理センターの管理する歩道でした。

管理センターと連絡を取り、年度内に補修工事をしてもらうことになりました。

桜の木の根はデリケートで、バッサリ切ると桜が枯れてしまうことがあるそうで、専門業者の調査ののち、補修工事をおこなうそうです。

府営住宅管理センターのさっそくの対応、ありがとうございました。

しばらくの間、気を付けて通行してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道309号で土砂崩れ 歩道がふさがる 

昨日は、総選挙とだんじりと台風がいっぺんにやってきた大変な日曜日でした。

今日は朝からうちのマンション近くでも土砂崩れが2件発生しました。

【国道309号が土砂崩れで歩道が封鎖】

Dsc_0759

Dsc_0777

Dsc_0773

富田林土木事務所から業者が配備され、直ちに土砂は撤去されました。

しかし、擁壁の上の緩んだ土はそのままです。

イトーピア金剛東のマンション理事長と一緒に、富田林土木事務所に新たな土砂崩れの防止のための安全対策をとるように申し入れました。

富田林各地で被害が発生しています。

引き続き大雨警報が継続しています。

ご注意ください。

市役所には災害対策本部が設置され、昨日から職員のみなさんが徹夜で警戒にあたっています。

気になること、お困りごとがありましたら、市役所か岡田までご連絡ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川に原発の除染土嚢みたいなのが運ばれてる!  川面町

「石川にかかる喜志大橋の下に大量の土嚢(どのう)袋が運び込まれている」

「福島の放射能除染した黒い土嚢袋みたい」

「いったい何を埋めてるの?」

と、市民の方から質問がありました。

Dsc_0322

Dsc_0323

川面町から太子町にかかる喜志大橋の下で大掛かりな工事がおこなわれ、大きな袋に入った大量の土が搬入されていました。

テレビでよく見た、福島の土嚢袋に似ています。

市のみどり環境課から府の土木事務所に問い合わせをしてもらいました。

橋げたの耐震補強工事が行われていたそうです。

橋の下も掘り返して、基礎部分からの補強工事です。

今年の11月から2期工事が行われる予定で、搬入路にはフェンスがされていますが、また工事が再開されるそうです。

除染した土が運ばれたのではありませんでした。

でも、あの大きな黒い土嚢袋には、みなさん過敏に反応してしまいますね。

とりあえず、ご安心ください。

東北の復興もお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水路の破損部分にゴミが引っかかります  若松町

若松町の住民の方から、水路の相談がありました。

「分岐水路が破損して、ゴミが引っ掛かって流れません」

現地は水路が分岐する場所で、田植えのころには鉄板で堰(せき)を作り、片方ずつに水を提供コントロールしています。

下の部分が欠けたため、ここにゴミが引っ掛かり、雨水があふれたりするきっかけになったりするそうです。

また、雨の後には必ずゴミが引っ掛かり、住民の方が掃除するのに苦労されているそうです。

水路耕地課に連絡をして対策を求めましたが、水路の分岐点を改修するのは、結構デリケートな問題のようでした。

少しの形状の変化で水量が変わったりすると、水田の耕作に微妙に影響するので左右両側の水利組合の同意が必要なことなど、役所も慎重なようです。

結局、現況の形状が変わらないように、水路耕地課で補修してもらいました。

Dsc_0294

矢印の部分を補修してもらって、ここにゴミが引っ掛かることはなくなりました。

市の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧