市の施設

川西グランドゴルフ場の草刈りが完了しました

川西大橋の河川敷に専用のグランドゴルフ場ができました。

暑い夏でも高齢者の愛好家たちが元気にプレーしています。

公式戦も行われる立派なグランドです。

Dsc_0613

錦織の高橋でも、多目的広場でグランドゴルフができます。

川西グランドは土の質が違うのかよく草が伸びて、この季節にはボールが転がりにくくなります。

利用者の方から、「草を刈ってプレーしやすくしてほしい」と要望がありました。

スポーツ振興課に連絡すると、シルバー人材センターに依頼して、お盆の最中にグランドの草刈りがおこなわれました。

Dsc_0612

周辺のラフまできれいにカットしていただきました。

ただ今、ベストコンディションです。

グランドゴルフは、固い土でも草の上でもできるスポーツですがここでは草で日差しの照り返しが緩むのか、夏でもたくさんの方が利用しています。

除草剤は河川への影響が出るし、手入れしなければ草は伸び放題だし、グランドのメンテナンスも大変です。

一部に芝生の箇所がありますが、そこには雑草は生えにくいようです。

Dsc_0614

でも、多くの市民の皆さんに気軽に利用してもらうためにも、あまりコストはかけられません。

当面は適度な草刈りでのメンテナンスで、プレーを応援してもらいます。

担当課の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜ヶ丘公園に車イスで入れるようになりました

桜ヶ丘町の住人の方から、

「夫が介護が必要になって車イス生活になりました。家の前に公園がありますが、散歩に行きたいのですが、道路の傾斜がきつくて入り口までヘルパーさんに押してもらうのが大変です。家の前から公園に入れるようにしてほしいのですが。」

と相談がありました。

Dsc_0209

市のみどり環境課に相談すると、町会要望があれば、この箇所のパイプフェンスを開けることは可能だと回答をもらいました。

桜ヶ丘町と、隣接する小金台の町会長さんにも相談すると快諾してもらい、役員会にもはかっていただきました。

子どもの飛び出しが心配との声もありました。

市の方で、「子ども飛び出し注意」の看板も用意してもらい、グレーティングのふたも設置していただいて、車イスで平坦な個所から入って散歩ができるようになりました。

Dsc_0598

町会役員のみなさん、担当課の職員のみいなさん、迅速な対応ありがとうございました。

また一つ、市民にやさしい街づくりができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民プールに外から見えないシートが設置されました

まだまだ暑い日が続きます。

川西の市民プールは親子連れの市民でいっぱいです。

Dsc_0606

ここは国道170号沿いにあるため、道路からプールが丸見えです。

中学生やお母さんたちから、「外から見えないようにしてほしい」と要望がありました。

新婦人の皆さんからも市に要請をしていただき、目隠しシートが設置されました。

Dsc_0605

まったくの遮蔽ではなく、風も通る光も通す優れもののシートです。

市の対応、ありがとうございました。

安心してプールを楽しんでください。

そうそう。羽曳野市では来年から市民プールを廃止するとのことです。

富田林でも日本共産党以外の賛成で市民プールが廃止されました。

しかし、1万3千筆の署名を集めて新しいプールを復活させることができました。

羽曳野の共産党議員団、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「展望ひろば」から展望できません!     寺内町

寺内町の東端には、休憩もできる「展望広場」があります。

石川、二上山、金剛山を一望できるスポットです。

寺内町観光の際、ゆっくり休憩してもらえる場所です。

東側に表示板があり、パノラマ風景の解説があります。

しかし、植込みの植栽が伸びすぎて、実際の景色が見えません。

Mmexport1498205740302

この広場を管理する文化財課に対策をお願いしました。

年に1回は、植栽を剪定しているそうです。

思い切って表示板の高さを上げるのも方策かも。

高台の先端になるので、植込みの下はかなりの高さです。

植込みを低くし過ぎても危険かもしれません。

とりあえずは短くカットしてもらいますが、最善策も検討してもらいます。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「公園に車いすで入れるようにしてほしい」   桜ヶ丘町

「夫が車イス生活になりました」

「家の前の公園に散歩で入りたいのですが、入り口まで坂の勾配がきつくて、ヘルパーさんに押してもらうのが大変です」

「フェンスを一部カットして、車イスでも公園に入れるようにしてほしい」

と桜ヶ丘町の高齢者の方から要望がありました。

Dsc_0208

Dsc_0209

現地を確認するとその方の家からは、公園が目の前なのに入り口は坂を上らないと車イスでは入れません。

健常者はフェンスをまたげば難なく公園に入れますが、これでは障害を持つ方が利用するには困難です。

市の担当課と、町会に相談してみます。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央公民館・図書館の照明と掲示板が補修されます

常盤町にある中央図書館・公民館の正面には、照明灯があります。

Photo

ところがこの照明が不良のため、夕方になっても点灯せず暗いままで、市民の方から、

「暗くなっても公民館・図書館がわかるように、ライトを点灯させてほしい」

と要望がありました。

このことを公民館の館長さんに伝えると、

「照明器具が暗くなったら点灯させる、センサーの不具合でうまく作動していません」

「壊れている掲示板の補修も市に要望しており、来年度予算で補修してもらえることになります」

との回答でした。

Photo_2

正面の掲示板も照明器具が壊れたり、枠が破損しています。

両方が補修されますので、しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧公会堂の解体工事、アスベスト対策は大丈夫?

常盤町にある旧公会堂が解体工事中です。

ここを通行する方から、

「アスベスト対策は大丈夫なの?」

という心配の声が寄せられました。

Photo

市に問い合わせしたところ、アスベスト検査は4回実施されており、吹き付け材の中には石綿は検出されず、ボード類などにレベル3で検出されているそうです。

ボード撤去の際は、散水で湿らせたのちに取り外し、粉じんは外部に出ないようにビニールシートで囲って工事が進められているそうです。

Photo_2

富田林郵便局向かいのJTの建物解体工事も同様のレベルのアスベスト撤去工事がおこなわれました。

地元説明会も開催されて、施工の安全管理については万全に行われる旨、説明されたそうです。

資料等も公開されていますので、詳しくは青少年センターの社会教育課でも教えてもらえます。

あまり心配はいらないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福祉会館のヘルストロンを増やしてください」

福祉会館では、高齢者のためのマッサージ機や磁気健康チェアが無料で利用できます。

朝から順番待ちの列ができます。

とりわけヘルストロン(商品名かも)が人気で、血圧が下がったとかさまざまな効果があるようです。

私も使ってみましたが、何がいいのかわかりませんでした。

でも利用している皆さんには大人気の磁気健康器具です。

誰にでも効果があるものではないようですが、増設の要望がたくさん出されています。

Photo

この12月議会の代表質問では、この機器の増設をもとめました。

執行部からは、「危機の増設については、指定管理者と協議調整してまいります」との回答を得ました。

元気な高齢者が増え、医療費負担が減らせるための一助になればいいのにと思います。

ぜひ増設を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川河川敷のトイレは、野球少年たちがきれいにしています!

石川の川西大橋の河川敷にあるトイレは、以前壊されたり汚れたりしていて使いにくく、市民から改善の要望がありました。

河川は大阪府、トイレは富田林市が管理者です。

ここのグラウンドをよく利用しているリトルリーグの野球チームの皆さんとも相談して、きれいな水洗式トイレを市に要望し、設置することができました。

話し合いでは、「私たちが使わせてもらう時が多いので、子供たちと一緒にきれいにします」、といってもらえました。

先日、見に行くと・・・・。

Photo

野球の練習の後、子供たちとお母さんたちがみんなで、水や清掃道具持参で設置トイレをきれいにしてくれていました。

野球も教えるけど、マナーも教える。

立派!

富田林リトルの発展と活躍を期待します。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林病院前の歩道が補修されました

富田林病院前の向かい側の歩道は、街路樹の根っこが広がり歩行者がつまづいたりしていました。

Imag2325

病院を利用される方もここを通行します。

高齢者の方からの指摘があり、田平議員と一緒に市の道路交通課に改善を要請しました。

Imag2427

すぐに補修が行われ、段差がなくなり、根っこの処理も完了しました。

道路交通課の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧