府営・市営・公団住宅

「ワクチン接種の予約をしたいが、1日100回電話をしてもつながらない!」

5月7日から富田林の65歳以上の高齢者に向けたワクチン接種予約が始まりました。

しかし、「1日100回コールセンターに電話をかけてもつながらない」「市役所もずっと電話中」「インターネットの使い方がわからない」など苦情が殺到です。

日本共産党の市委員会事務所ではすぐに、ワクチン接種の予約申し込みの相談会を開いて、たくさんの高齢者の接種予約のお手伝いができました。

私の住むマンション(イトーピア金剛東グランヒルズ)でも、自治会主催で相談会を開きました。

ラインを使うと、他人のスマホからでも簡単に予約が取れます。

マンションの館内放送を使ってお知らせすると、集会所に20世帯を超える高齢者の方が集まり、次々と申し込みが完了しました。

自治会役員の若手やパソコン関係の仕事をしている人にも手伝ってもらって、高齢者世帯と若手住民の交流の場にもなりました。

命にかかわるワクチン接種です。

メチャクチャ喜んでもらって、役員一同も「やってよかったね」との企画となりました。

私は翌日も府営住宅の相談会にも参加し、高齢者の申し込みのお手伝いをさせていただきました。

お隣の桜ヶ丘町会の相談会にも、イトーピアの自治会メンバーがお手伝いに行くことになりました。

高齢者にとってワクチン接種予約ができない大問題でしたが、若い住民が多いマンション自治会と高齢者の多い自治会が協力することで、解決に向かっています。

「禍(わざわい)転じて、福となす」!

| | コメント (0)

医者から「新築の家を引っ越しなさい」と言われました

住まいの相談がありました。

肺炎で入院した方が、医者から、

「カビが原因で肺炎を起こしています。元の家に帰るとまた再発します。引っ越してください。」

と言われたそうです。

新築の集合住宅に入居したが、家が湿っぽく、お風呂にカビが生えるそうです。

原因は、換気扇を24時間動かしていないことです。

今の住宅は、気密性と断熱性が上がっているので、必ず24時間換気が必要です。

カビ・結露の原因はほとんどが換気不足です。

私は建築の仕事をしていた時は、住居とアレルギーの関係を研究していました。

アレルギーの原因で一番の原因はダニアレルギーです。

アレルギーの元になるダニは、人を噛むタイプのつめダニなどではなく、ヤケヒョウヒダニなどの小麦粉くらいの大きさのダニです。

その死がいなどをダストと一緒に吸い込むことで、アレルギーを発症します。

高級と言われるようなハウスメーカーの家にダニが多く、昔ながらの日本家屋にはダニが少ないのです。

ダニ量の測定をしていくと、いろんな法則がわかります。

1階より2階の方がダニが多く、家屋のカーペットにはダニが多く、オフィスのカーペットにはダニはほとんどいません。

2階の方が湿度が高く、オフィスは空調が効いていて湿度がダニの生息域の65%以下に保たれているからです。

通気が湿度を下げる一番の有効な対策で、炭などを置いても効果はほぼゼロでした。

結露も、24時間換気ですぐに止まります。

また、自然素材でできている日本家屋は吸湿性や、通気性に優れていて、高温多湿の日本の風土に適しています。

一方でハウスメーカーの住宅は、床の合板やクロスからホルムアルデヒドなどのガスが出て、免疫機能が壊されてしまいます。

室内の科学物質を測定すると、「ノンホルム」の標示がある建材からも、ホルムアルデヒドが検出されます。

化学物質過敏症とダニ・カビを防ぐためにも、換気が重要です。

家の中で、最も湿度が上がるのがお風呂です。

ユニットバスには換気扇があり、24時間換気ができます。

Dsc_0886Dsc_0887

この換気扇は20W程度の消費電力で、24時間つけっぱなしでも電気代は月50円程度です。

換気扇を回しているお風呂で洗濯物を干すと、カラカラに乾きます。

肺炎の発生まで至った室内のカビの発生は、24時間換気で防ぐことができます。

 

「電気代がもったいないと思って、すぐ換気扇を切っていました」

ということでした。

日本は世界でも有数の高温多湿の国です。

寒い乾燥した地域の建築工法は、日本には不向きです。

24時間換気は法律でも義務化されました。

ぜひ、活用を。

| | コメント (0)

市の補正予算が組まれ、マスク配布や児童扶養手当が5万円支給が実現

昨日、市の補正予算(第2号)が先決決済され、75歳以上の高齢者や医療従事者、施設職員などに30万枚のマスクを配布し、富田林病院には医療用マスク3千枚が支給できることになりました。

また、ひとり親家庭に対し、児童扶養手当を1世帯5万円を5月中旬に支給します。

5月19日の臨時議会には補正予算第3号が提出され、小学校給食費を3か月無料(学校再開後実施)にし、全世帯の水道基本料金を半額減免する予算案が上程される予定です。

4月22日に市長あてに日本共産党議員団の第2次緊急要望を提出しました。

〇 PCR検査体制と病床確保を、保健所・医師会と協力して強化し、富田林病院で発熱外来診療を実施すること

〇 高齢者、医療機関、障害者施設などにマスク・消毒液・ガウンなどを届けること

〇 市民の上下水道料金を減額すること

〇 市独自で児童扶養手当を5万円支給すること

〇 市独自の給付金(生活支援金・居住確保給付金)を支給し、市営住宅の確保・入居支援すること

〇 個人商店などへ家賃支援をし、小規模企業融資制度の信用保証料と利息を全額負担すること

〇 新型コロナに関する総合窓口を本庁と金剛連絡所に設けること

などが申し入れの内容です。

市長とも何回か懇談を持ちましたが、補正2・3号で共産党議員団の要望が大きく反映されました。

【市役所1階正面にできたコロナ関連総合案内】
Dsc_0198_20200502150701

| | コメント (1)

高齢者が転落した、危険な階段に手すりが設置されました  錦ヶ丘町

高齢者が転落した、危険な階段に手すりが設置されました。

Dsc_0014

Dsc_0013

錦ケ丘の府営住宅からすばるホールにぬける、外環状道路にでるための階段には、半分手すりがありませんでした。

先日、高齢者がここから転落して動けなくなり、通りかかった人に助け出されました。

ここは国道に沿ってつくられた大阪府の管理道路です。

ただちに府の土木事務所に手すりの設置を要請しました。

ただちに現地を確認してもらい、新しい手すりが設置されました。

これで安心です。

迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歩道の敷石が段差になって危険です」  楠町

楠町府営住宅のバス停前の歩道の敷石に段差ができて、歩行者がつまづいて危険なので、何とかしてほしいと要望がありました。

Dsc_0898

この歩道はアスファルトではなく、コンクリートの石板が敷かれています。

桜の木の根っこが広がって、「根上がり」により石板を持ち上げていました。

高齢者が増えている府営住宅の歩道なので、これは危険です。

この場所は、市道でも府道でもなく、府営住宅管理センターの管理する歩道でした。

管理センターと連絡を取り、年度内に補修工事をしてもらうことになりました。

桜の木の根はデリケートで、バッサリ切ると桜が枯れてしまうことがあるそうで、専門業者の調査ののち、補修工事をおこなうそうです。

府営住宅管理センターのさっそくの対応、ありがとうございました。

しばらくの間、気を付けて通行してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学5年生がマムシにかまれて、救急搬送!  清水町

清水町の府営住宅で小学5年生がマムシに咬まれて、入院しました。

近所の方からメールをいただき、すぐに現地を確認しました。

住宅の前の草刈りをした跡地に入って、小さなヘビを捕まえて、虫かごに入れて指をかまれたそうです。

児童は腕が腫れあがり、すぐに救急搬送され、現在富田林病院に入院しています。

Dsc_0372

現場では、放置された石がごろごろし、へびのすみかもあります。

Dsc_0373

この辺りではマムシにかまれた事故はあまりなく、耕作放棄地が増えてマムシが住みつきやすい環境ができたことが原因かもしれません。

Hachuruinado_04

保健所に問い合わせると、自然界のマムシは駆除の対象ではなく、注意して近寄らないことだそうです。

イノシシ、セアカコケグモ、サルなど昔見たこともなかった生き物が、住宅地近くに出没しています。

子供たちには学校からも注意喚起を呼びかけています。

ここは通学路にも近く、「マムシ注意!」の標識設置も教育委員会で検討してもらっています。

三角頭とマムシ模様のヘビにご注意を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公園の入り口にくぼ地ができています     楠町

楠町の府営住宅には石川沿いに、お花見もできる公園があります。

しかし、雨が降った翌日には入口に水たまりができます。

住民の方から指摘をいただきました。

Photo_2

公園内なので舗装してしまう個所ではないようです。

砕石などでくぼんでいるところをうめてもらうよう要請してみます。

大阪府の管理地かと思われます。

しばらくお待ちください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府との府営住宅交渉の報告会をやりました  楠町

11月30日(日)に、楠町の府営住宅集会所で「府営住宅交渉報告会」をおこないました。

日本共産党は市内の府営住宅を対象に、アンケート調査をおこないました。

その結果をまとめて、大阪府と住宅改善をもとめて咲洲庁舎で交渉をおこないました。

その報告会です。

Photo

自治会長さんにも参加していただいて、新たな要望も出されました。

大阪府が府営住宅を削減しようとしていること、減免制度を改悪していることも紹介しました。

楠町府営住宅では、駐車場問題や防風対策、共用部分の老朽化などの対策を検討することや集会所の建て替えなどの回答があったことを報告しました。

途中で総選挙の15区候補の為きみひとさんの挨拶もありました。

住みよい府営住宅にするため、がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府と府営住宅改善の交渉を行いました

11月6日、大阪府の咲洲庁舎で日本共産党の議員団と河南地区委員会が府営住宅の改善を求めて、大阪府の担当部と懇談会をおこないました。

A3_2

日本共産党富田林市会議員団は、市内にある府営住宅の住民に全戸アンケートをとり、要望を集計・聞き取りして、大阪府と交渉をもちました。

家賃減免制度の改善、地位継承の改善、駐車場の増設、住宅設備などの改善などを求めて質問・要望をおこないました。

当日は住民の方も参加し、活発な意見交換となりました。

私は、不足している駐車場の増設や防風対策、防水工事の改善、共用部分の補修の拡大などを求めて発言しました。

大阪府の担当者からは現地確認と改善などをおこなうなと回答がありました。

以前は、「府営住宅に来客用駐車場はいらない」という見解でしたが、この交渉を重ねてきて各府営住宅にコインパーキングが設置されるようになりました。

今後も府営住宅住民の声を大阪府に届けていきます。

維新の会は府営住宅を減らしていく方針ですが、真向対決となります。

お困りのことがあれば、お知らせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監査委員会が、人権協の市営住宅使用料業務委託に「不自然!」

本日5月臨時議会がおこなわれました。

平成25年度第2回定期監査結果報告書が提出されました。

その中で監査委員より重大な指摘がありました。

市が運営する市営住宅のうち、若松団地の家賃徴収や補修などの管理業務を人権協議会に委託し、436万円もの委託料を支払っている問題について、「不自然」との指摘がされました。

以下、文面をそのまま紹介します。

「委託業務は、住宅使用料の徴収や補修に関する指導等広範囲であるが、若松団地についてのみ特別に扱う理由を合理的に説明することが困難である。
また、住宅の管理を、全く目的の異なる人権協議会に委託していることも問題であり、これまでの経緯もあり、また、入居者の中には気軽に修理等の相談も出来て利便を感じている人も居るのかもしれないが、市営住宅の管理のあり方としては不自然であると言わざるを得ない」

日本共産党の議員団もこれまで、

①他の市営住宅は家賃は引き落としなのに、若松住宅だけ人権協に仕事をつくるために家賃を集金させている。

②家賃の集金と一緒に部落解放同盟の同盟費や解放新聞代を集金させている。
住民に一覧表を持たせて集金させているため、だれが解放同盟員かが一般の住人に知られてしまう、重大な人権侵害を人権協がおこなっている。

③市の人権文化センターの一室にある人権協の部屋を、部落解放同盟が事務所として使用したり、市の施設管理に問題がある。

などの問題をとりあげ、人権協への業務委託をやめるよう追及してきました。

今回も監査委員から人権協への住宅管理業務にたいし、436万円の委託料の支出が「不自然」との指摘がありました。

市は、「厳しい財政状況」といいながら、人権協への団体補助金やいろんな名目を付けての委託料の支払いを続けています。

市は、監査委員会の指摘を真摯に受け止め、ゆがんだ同和行政のなごりを、直ちに断ち切るべきです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧