西板持町

西板持の施設前にカーブミラーがつきました!

西板持に高齢者向けの施設ができましたが、道路に出る交差点にはカーブミラーがありませんでした。

Photo

里道の出口でもありますが、左右の見通しも悪く大型車両もたくさん通る危険個所です。

施設からの要望もあり、地元の町総代さんと畑の所有者さんに同意をもらい、市にカーブミラーの設置を要望しました。

今日、立派なカーブミラーが設置されました。

Photo_3

道路交通課の迅速な対応、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川河川敷公園にトイレが新設されました  西板持

川西大橋を南にわたって、石川を上流に進むと西板持のグランドがあります。

ここには朝の散歩や少年野球の子どもたちが利用するトイレがあります。toilet

しかし、このトイレが壊されたりして使いにくいままでした。

B2

B3

ドアのカギもとれて、便器も壊されたままでした。

少年野球のみなさん達からの要望があり、スポーツ振興課にトイレの改修をお願いしていました。

先日、最新のトイレに交換されました。

B1

水洗式で手洗いもできます。shine

ここのグラウンドを使用している少年野球のチームが交代でトイレの清掃をするそうです。

野球も掃除もがんばってください。sign01

スポーツ振興課のみなさん、ありがとうございました。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西グランドへの入口が見通し良くなりました 西板持

金剛大橋を東側にわたり、南に行くと川西グランドへの入口があります。

B5

ここは鋭角に曲がって河川敷におりるため、見通しが悪くよく衝突事故が起きていました。impact

道路を改修し、曲がりやすくするか、見通しをよくするなど改善してほしいとの要望がありました。

グランドを管理する、市のスポーツ振興課と相談しました。

その結果、注意を喚起する看板の設置がされ、利用者のスポーツチームの協力もえて、見通しの悪かった土手の草刈りもしてもらいました。

B4

だいぶすっきりしたので、右からの自転車やバイクは見やすくなりました。

鋭角の道路の形状については、府の土木事務所と協議をすすめ検討してもらいます。

ちょっと、改善できました。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西グランドに入る角は事故が起こります 西板持町

川西大橋を東に渡り、右折すると川西グランドへの進入路が鋭角になっています。

B6

ここは車と自転車の接触事故が頻発する場所です。

B5

土手の下のグランド側から車があがっていくと、南側から走ってくる自転車がフェンスで見にくいのです。

石川河川敷のサイクリングロードが川西大橋まででおわり、さらに河内長野側に走る自転車が、この土手の道路を通ります。

見通しをよくするには、鋭角に合流する箇所を広くし、双方が目視で確認しやすくするか、両側をみられるカーブミラーの設置などが必要です。

昨日、安全対策と道路の改良を市に要請しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川河川敷公園のトイレが汚いです 西板持町

川西大橋を東に渡った、河川敷グランド付近にあるトイレを何とかしてほしいという要望がありました。

B2

B3

ドアの鍵がこわれて中から施錠ができません。

便器が壊れています。

河川敷に設置されている仮設タイプのトイレなので、管理が行き届かないのでしょう。

少年野球の子どもたちや指導者の方たちがおもに使用されているようです。

市が快適な設備にし、トイレの清掃は少年野球の関係者に協力してもらい、安心安全なトイレにできないか、市に相談してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「川西大橋」が3月3日から4車線開通! 国道309号線

国道309号線が石川にかかる、「石川大橋」が来月3月3日(木)に4車線化の工事が完了し、供用開始となります。

B2

川西大橋から、板持南交差点までの間が全線4車線となります。

この区間は、昔の里道が横断しており、工事用のフェンスなどで見通しが悪く、死亡事故が多発する区間でした。

また、休日やお不動さんの日などは、この工事区間でよく交通渋滞がおこっていました。

快適な4車線道路として利用できるようになりますが、長い直線道路となります。

スピードに気をつけて、安全運転をsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狭い踏切、おばあちゃんが怖くて渡れません

旧170号線から外環状線にぬける間に、踏切が何箇所かあります。

ジョーシンから奥山診療所までの間にある踏切は、 幅が4mしかありません。

B1_2

踏切の手前では幅が7mありますが、線路側の踏切は急に狭くなり、車が交互に通過すると歩行者が通れるスペースがなくなります。

午後5時から6時がこの踏切の交通量はピークに達します。

この頃には車が通り続け、お年寄りなどがここを渡ろうとすれば車が途切れるのを待つしかありません。

補助車を押しながら、ずーっと待ち続ける高齢者がおられます。

歩行者の安全通行のためにも、この踏切の拡幅が必要だと考えられます。

次回の近鉄電車との交渉で、この問題を提起します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「川西大橋」が来年2月に、4車線開通します

309号線が石川にかかる、「川西大橋」。

早期完成を要望していましたが、来年2月に「板持南」交差点まで4車線が、ついに全面開通(供用開始)します。

B1

今月中に川西大橋は中央の2車線を残して、両端2車線通行となります。

次に、橋から東側板持南交差点までの区間が4車線工事開始となります。

4ヶ月後には全線が片側2車線ずつ、4車線道路として全面開通する予定です。

行楽日やお不動さんの日には、車の渋滞で大変でしたが改善されると思います。

コーナン前の「川西南」交差点も道路拡幅工事がすすみ、道路区域変更が完了し、来年度中に信号移設・舗装・ライン引きなどし、来年3月に供用開始の予定となりました。

富田林の幹線道路の整備もすすみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水路の陥没、すぐ補修できました

西板持町で水路が突然陥没しました。

住民の方から連絡があり、すぐ現地を確認しました。

B1_2

急きょ、砕石を入れて穴をふさがれたようですが、深い陥没です。

B2_2

水路耕地課に連絡を取り、すぐに部分補修してもらいました。
B3_2

以前、陥没した道路にバイクがはまり、ケガをされたことがありますが、危険な箇所を発見されたら、すぐに連絡してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府営住宅に入居したけれど・・・

若松町の雇用促進住宅が老朽化のため取り壊しされます。

西板持町の府営柏木住宅に転居された方からの相談がありました。

① 「玄関ドアのすきまから、冷たい風が入ってくる」

② 「トイレのタンクの接続パイプから水漏れがしているのでは」

③ 「畳がすれて音がする、床下に問題があるのでは」

という内容でした。

府の住宅管理センターが住宅の営繕の担当ですが、とりあえず現地の確認に行きました。

①は、府営住宅の場合、分譲マンションなどと違い、パッキンの付いてない鉄扉なので確かにすきま風が入り込みます。

しかし、これで通気もできていますので結露などは少しましになります。気になるようなら市販のドア用パッキンで対策を。

②は、かすかにパイプに水がたれているようでした。

わずかなので結露によるものか、接続部からの水漏れか判定が付きません。

少し暖かくなっても水滴が付くようでしたら、水漏れと判断できます。

しばらく様子をみてもらいます。

③は、畳の縁ではなく、イグサ部分が接触する音でした。

床に問題はありませんでした。少し畳が古くなってなじんでくれば音は止まります。

そんな内容でした。

住宅の設計と建築が仕事だった私にとっては、大好きな相談です。

住宅と不動産の相談では、欠陥住宅関西ネットという弁護士と建築士の会の講師もさせてもらいました。

建築と経営では、岡田はすごいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)