暮らしの便利メモ

石川河川敷公園の駐車場が一部開放されます

新型コロナ対策の緊急事態宣言が解除され、6月1日から市の施設の使用が元通りに戻ります。

石川河川敷公園の駐車場も閉鎖がとかれます。

Dsc_0255

しかし、昭和橋と金剛大橋の間にある駐車場が閉じられ、一般利用者が入れなくなるとのことで、苦情がありました。

Dsc_0249

この駐車場は、野球グランドやゲートボール場の予約利用者以外にも、ランニングやサイクリング、楽器の演奏などでたくさんの市民が利用していました。

この駐車場が使えなくなると、家族で石川や遊歩道に遊びに来ていた市民の方が車を止められなくなります。

市のスポーツ振興課と協議して、元通り駐車場を開放してもらえることになりました。

整備されたサイクルロードは車止めのポールが建てられており、ランニングやサイクリングを安心して楽しめます。

Dsc_0256

トイレも各所に設置されていて、市民に喜んでもらえる河川敷公園です。

コロナで家にこもっていたみなさん、まだ春は続いています。

ステイホームからアウトドアへ!

 

| | コメント (0)

滝畑ダムランニング

季節は春、しかし緊急事態宣言の日曜日は、図書館も映画館もテニスコートもみんなしまってます。

そこでお気に入りの、滝畑ダムの周回コースのランニングに行ってきました。

車の駐車場はほほ満員ですが、無料です。

1周ちょうど5キロのお手軽コースです。

ダムの東側は車やバイクを通行止めにしてある、緑いっぱいの林間コース、西側は見晴らしのいい歩道コースとなります。

春は桜、秋は紅葉の自然満喫コースで、トイレやベンチも整備されています。

Dsc_0169

Dsc_0170

Dsc_0171

Dsc_0173

Dsc_0177

近所のサイクルスポーツセンターも滝畑キャンプ場も、お気に入りのうどん屋さんもコロナ休業でした。

ここは、ウォーキングや撮影ハイキングにも、最適です。

免疫力アップのコロナ対策にお薦めのコースです。

| | コメント (0)

富田林市の新型コロナ対策 最新情報

富田林市の新型コロナの最新情報をお伝えします。

《今朝の駅頭宣伝から》

  • 4月8日に新型コロナ感染症の緊急事態宣言が出されました。不要不急の外出は控えようとのことですが、市の対応も含めて皆さんにお知らせするため、この場から訴えをさせていただきます。
  • 富田林市ではまだ新型コロナ感染者が出ていないことになっています。しかし、感染を調べるPCR検査は、医師が必要と判断しても受けることができず、一日一万件の検査しか全国でできていません。発熱などの自覚症状があっても希望者が検査を受けることができません。実際にはどれほどの感染が広がっているのか、実態すら把握できていないのが現状です。しかし、感染者は急速に増加しています。十分な注意をお願いします。

富田林市では、5月15日までの公式イベントはすべて中止・延期となりました。

学校と幼稚園は5月の連休がおわる5月6日まで休校です。

市の公共施設は、図書館・公民館・体育館・福祉会館などすべて5月15日まで休館となっています。

市役所、保健所、富田林病院は通常通り業務を行っています。ただし、新型コロナウイルス感染症を疑うような場合は、保健所の相談センターに連絡してから指示を受けてください。

また市では緊急用のマスクの在庫が不足しています。中国から6000枚送ってもらったマスクがありますが、高齢者の福祉施設などに配布し、今後は妊婦さんに10枚ずつお配りする予定です。非常時に備えて連携協力している業者に発注をかけていますが、必要な在庫が確保できません。マスクは町の薬局でもなかなか手に入りませんが、ハンカチマスクというミシンもいらない簡単な方法があります。つくりかたは、私のブログでも紹介していますので参考にしてください。

  • 政府は緊急事態宣言を発令し、外出の自粛、イベントの中止、閉店などの要請を行いましたが、それを補償する措置が取られていません。

「緊急経済対策」として、収入が減った世帯に30万円の現金給付をおこなうとしていますが、住民税非課税水準以下に減るか、収入が半分以下に減って非課税水準の2倍を下回る場合のみが対象です。一律の現金給付ではなく、基準もわかりにくく、しかも支給を受けられる人は、実際にはごく一部でしかありません。

また個人事業者に対しても、どれだけ営業所得が減ればいくら支給されるのか、基準も示されていません。市役所には昨日50件ほどの問い合わせがありましたが、国の方針が具体化されないため、市では何もできません。今後、問い合わせや申請の手続きで市民が窓口に殺到すれば、市役所でコロナの感染が広がるかもしれません。ドイツでは申請をすれば2日後に60万円が口座に振り込まれています。自粛要請には緊急の補償が必要です。

  • 感染防止体制を強化すべき時に、厚労省は公的病院の再編統合をすすめるとして富田林病院の廃止をすすめようとしています。私たちは富田林病院の存続を求めて署名を集め、府議会に請願を提出しましたが、自民・公明と維新の反対で不採択となりました。今後拡大する可能性がある新型コロナへの対応を進め、PCR検査と病床確保のためにも、富田林病院の存続充実を求めていきます。

| | コメント (0)

コロナ禍、富田林発のデマも飛びかいます

今日、新型インフルエンザ特措法に基づく「緊急事態宣言」が発令されます。

まことしやかなデマも飛びかっています。

一昨日は、町会長さんから「富田林市の〇〇台から、第1号の感染者が出たらしいが本当ですか」と、電話が入りました。

新型コロナの感染者が出ると、大阪府の保健所から直ちに市長に連絡が入ることになっています。

確認すると、デマだとわかりました。

「関西初の感染者のバス運転手が、市内の○○病院を受診したと消防署員が言ってたらしい」

「市役所の職員に毎朝マスクが支給されている」

全国区版では、先週早々に「首相が緊急事態宣言を発令すると、記者からの情報が入ったので食料を買いに行くように」などというのもありました。

こんな情報が発達していても、間違った情報もそれにのって広がります。

正確な情報を確認してください!

新型コロナ対策について、市の「緊急・防災情報」は、市のホームページで毎日発信しています。

https://www.city.tondabayashi.lg.jp

| | コメント (0)

中学生・高校生のための「無料塾」があります

中学生・高校生のための「無料塾」があります。

退職された学校の先生や、大学生たちがボランティアで勉強を教えてくれます。

学校に行けてない人でも大歓迎だそうです。

Photo_20200402110301

| | コメント (0)

ハンカチマスクがすごい!

高齢者の方から「マスクが無くなりそうだけど売り切れで、足が悪いので朝から行列できません」と、相談がありました。

市の方では、緊急用のマスクは持っていますが、一般の市民に配布するストックは持っていません。

また、緊急時の連携協定を結んでいる企業にもマスクの発注をかけていますが、全く供給がない状態です。

まさに大災害状態です。

公助の限界です。

そこでマスクの救世主が、『ハンカチマスク』です。

役所の健康推進部長に教えてもらったマスクが、超優れもの!

ミシン不要、簡単、毎日洗える、つけ心地満点です。

さっそく、相談のあった高齢者の皆さんに集まってもらって作ってみました。

(少人数で、換気に気を付けながら)

出来上がりは、

Dsc_0141

みんなでわいわい、

Dsc_0140

準備はハンカチとゴム(パンツのゴムが最適、髪を束ねるゴムでも)

Dsc_0148

4つに折って、ゴムをかける

Dsc_0149

両側を折り込めば、出来上がり!

Dsc_0141

いろんなマスクができます。

黒いハンカチは若者向け、青いのはお医者さんみたい、花柄はかわいいです。

みんなでワイワイやると楽しいです。

ぜひお試しあれ。

共産党の事務所のお隣のスナックにコロナの影響を聞いてみると、「さっぱりワヤよ。融資を受けたら返さなアカンし。たくさんお店がつぶれると思うよ」

「あんまり暇やから、お店でマスクを縫っておじいちゃん、おばあちゃんたちにプレゼントしてるの」

と、一枚いただきました。

Dsc_0000_burst20200401155759240_20200401165301

これもぴったりフィットの優れものでした。

新型コロナめ、消えてなくなれ!

※ ゴムひもが売り切れているそうです。

そんな場合は、パンストを輪切りにしてくるくる丸めて輪っかを作れば、よく伸びる耳にもやわらかいひもができると情報をいただきました!

| | コメント (0)

中国からユネスコ無形文化遺産の楽団がやってくる!  3月2日すばるホール

今週、3月2日(土)に中国から、ユネスコ人類無形文化遺産に登録された“西安鼓楽団”がやってきます。

Photo_3

富田林すばるホールにて、17:30開場、18:00開演です。

入場無料です。

ぜひ、お越しください。

日本の雅楽の源流はここにあるそうです。

日本の和太鼓グループ“心鼓(ここ)”も出演します。

国内で初めてとなる、富田林での西安鼓楽コンサートです。

お楽しみください!

【すばるホールの地図】

Image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザが広がっています 富田林の学級閉鎖情報

インフルエンザが広がっています。

富田林の学級閉鎖情報です(1月28日現在)。

今年は1月16日から、久野喜台小学校・寺池台小学校で学級閉鎖が始まりました。

大伴小学校・富田林小学校・喜志小学校にひろがりました。

1月28日現在では、藤沢台小学校・高辺台小・富田林小で1クラス、喜志西小・彼方小で1学年が学級閉鎖中です。

中学校では学級閉鎖はありません。

年によって、金剛団地方面からひろがったり、山手からひろがったりいろいろですが、今年はまんべんなく発生しているそうです。

今日は雷強風注意報が出ています。

雨にぬれても、乾燥が続いても、寒波が来ても、風邪ひきには要注意です。

気を付けましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西駅にエレベーターが設置されます!

近鉄川西駅にエレベーターが設置されることになりました。

Dsc_0041

日本共産党の議員団は毎年近鉄電車と、駅の安全性や利便性をもとめて利用者の皆さんの声を届け、改善に向けて交渉を行っています。

Photo

3月議会の来年度予算審議で、2年後の川西駅エレベーター設置に向けて設計費の計上が可決されました。

国と近鉄と富田林市が3分の1ずつ資金を出し合ってこの事業をすすめます。

来年度に設計、再来年に施工が完了する予定です。

駅のバリアフリー化のために、多機能トイレの設置や視覚障碍者のためのホームの内側線なども同時に整備されます。

私が市会議員になってから10年、毎年交渉を続けてきました。

そこで実現できたものはたくさんあります。

○喜志駅のエレベーター設置

○駅のトイレにトイレットペーパーの常備(南海電車より先につきました)

○富田林駅のきたないトイレの改修

○踏切の拡幅と平面化

○富田林駅東側の整備

ホームの転落防止策の設置や、富田林西口駅の無人化を元に戻すことなどは今後も要請を続けていきます。

国の対策が必要な事業でもありますが、声を上げ続けて、国会とも連携すれば必ず改善はできます。

駅や電車への要望がありましたら、お聞かせください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「家族の介護で紙おむつが大量にでます。ゴミシールが足りません。」

お父さんが介護が必要となり、お世話をしている息子さんから相談がありました。

「介護で紙おむつが大量に出ますが、市役所のゴミシールでは足りません。何とかなりませんか?」

という相談です。

市役所で年間支給される無料ゴミシールは、なくなると有料で購入しなければなりません。

でも、この場合は心配いりません。

市役所の衛生課では、「紙おむつ用シール申請書」で証明書をつけて申請すると、無料シールが発行してもらえます。

【申請書見本】
Img
証明書印をもらうのは、医師・民生委員・町総代・ヘルパーさんのうちいづれかです。

ヘルパーさんだけでもOKですので、遠慮なく申請してください。

一般の燃えるごみと同じシールですので、出し方も普通のゴミと同じです。

申請書の受付は市役所1階の衛生課窓口です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧