駅の問題

川西駅前の歩道拡幅工事が始まりました

川西駅東側交差点付近の、歩道拡幅工事が始まりました。

Photo

従来の歩道は1mの幅もなく、雨の日などは傘をさした歩行者同士がすれ違うこともできませんでした。

居酒屋彦べえ前あたりは特に狭く、住民の皆さんから改善の要望がありました。

大阪府の土木事務所に何度か交渉して、歩道の拡幅を要請していました。

駅前交差点の改良工事で、車道だけではなく歩道の拡幅を要望して、それが実現しました。

これで雨の日も安全に利用してもらえます。

土木事務所の皆さん、ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪民主新報に、「富田林西口駅の無人化問題」が取り上げられました

今週の大阪民主新報に、「富田林西口駅の無人化問題」が取り上げられました。

_0001

富田林西口駅は2年前から、夕方5時から翌朝の7時半まで駅員さんのいない無人駅になってしまいました。

夜、ホームから線路に転落して動けなくなった人が、駅員さんがいないためレールの上から携帯電話で家族に連絡して、救急車で運ばれて助かったという事故もありました。

近鉄電車は経営難を理由に駅員を減らすといっていますが、あべのハルカスに投入する資金のほんの一部を回すだけで、解消できる問題です。

乗客の命と利益のどちらを優先するのか、国の規制も含めて問われるところです。

2月18日には近鉄電車の本社との交渉を行います。

国会議員団にも対策を求めているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近鉄「富田林駅」と南海「金剛駅」間を直通バスが走ってます!

近鉄「富田林駅」と南海「金剛駅」を結ぶ直通バスが実験運行を始めました。sign03

Photo

市民のみなさんから、多かった要望、

「金剛駅と富田林駅の直行バスがほしい」

ついに運行実験開始です。

9月1日から11月30日までの間、近鉄バスと南海バスの協力での社会実験運行です。

直通で18分、運賃は290円です。

まだ知らない人も多いようです。

ぜひ、ご利用ください。

市はこの運行実績を分析して、今後の交通政策・直通バスのあり方を検討します。

ご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林西口駅の無人化の再検討を  近鉄電車との交渉

3月29日に近鉄阿倍野橋駅で、日本共産党河南地区の議員団と近鉄電車鉄道事業本部との交渉をおこないました。

富田林からは、富田林西口駅の無人化中止と喜志7号踏切の拡幅などについて要望しました。

Photo

富田林西口駅は、「日勤体制」にするとして2月21日から朝7時半から夕方5時までしか駅員さんがいません。

駅を利用する乗客の方からは、

「駅の安全や治安が心配」typhoon

という声が寄せられていました。

交渉では近鉄側からは、

「経営上の問題で人員削減は避けられない」

との回答で、安全対策は後退せざるを得ないということでした。down

利用者からは、

「近鉄は日本一のあべのハルカスビルを建てるのに、住民の命は後回しなの」pout

と批判の声が上がっています。

Photo_2

夕方間違って切符を買ってしまって、駅員さんがいないので電車の車掌さんに切符の返金を求めると、

「電車内では切符の返金はできません」

と言われ、阿倍野橋駅では、

「手数料がいります」と言われ、

翌日窓口に持っていこうとすると、

「乗車券は当日限り有効」

と書かれていて、

「あきらめました」

という声も聞きました。weep

喜志7号踏切(ジョーシン電機の東詰め)の拡幅では、

「市からの協議要請があれば応じます」

「先に道路の整備を市の方でやってください」

という回答でした。

市にもこの交渉結果を伝え、

「市の道路整備の計画案をもって、近鉄と話し合いをもちます」

との回答をもらいました。

これからも、近鉄電車と市民の安全や利便性の向上のために皆さんの声を届けていきます。

要望は、岡田ひできまでおよせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林駅南広場が、まもなく完成します

富田林市の玄関口、富田林駅南側ロータリー。

約10年をかけて整備を進めていた、駅南広場の工事が3月末で完了します。

Photo

周辺の歩道も段差がなくなります。

Photo_2

4月1日(月)午後2時から、富田林駅南広場完成記念式典がおこなわれます。

B1

現在、駅のロータリーには一般車は進入できませんが、完成後は送迎のための進入はできるようになります。

竣工まであとわずかです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

市道若松11号線(ジョーシン電機~旧国道170号)が危険!

3月8日(金)午前中に、3月議会で代表質問をします。

そこで取り上げるのが、市道若松11号線の問題です。

外環状線の若松町西交差点(ジョーシン電機の角)から東へ、旧国道170号まで(奥山診療所前)までの道です。

B1

B2

ここは、朝夕の通勤時には大変車が込み合います。rvcarcardashrvcardashcar

両側に水路がありますが、歩道がありません。

車の出入りが多い店舗が多く、歩行者が車と接触したり、子どもが水路に転落したりする事故が起こります。impact

B3

踏切(喜志7号踏切)も幅が4.5mしかなく、歩行者は車が混み合うときはなかなか渡ることができません。sweat01

B4

そして、旧国道170号に合流する交差点は、信号機がなく踏切側から国道に出ようとする車、逆方向の車、直進しようとする車がラッシュ時にここで交錯します。

死亡事故も起こり、ガソリンスタンドで営業があった頃には、

「ここは毎月のように事故が起こる『魔の交差点』や」

「何とかしてください」

という声が上がっていました。

地元の町会からは、この場所への信号機の設置や、水路の暗渠化などの要望が出されています。

市長の施政方針では、「安心して移動できるまちづくり」がだされています。

私はこの若松11号線の整備を代表質問で取り上げます。

3月8日(金)の午前中くらいに質問する予定です。

ぜひ、議会傍聴に来てください。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えーっ、富田林西口駅に駅員さんがいない!

2月21日から近鉄電車の「富田林西口駅」に駅員さんがいなくなります。down

Photo

【駅員さんがいる時間帯】

平日は朝7時半から夕方6時まで

日祝は朝9時から夕方6時まで

近鉄電車は1日あたり乗降客3000人以下の駅の無人化をすすめるとして、すでに「汐ノ宮駅」は完全に終日無人化されています。

【近鉄長野線乗降客数】
B1
近鉄電車に問い合わせると、「西口駅」の半分しか乗降客がない「川西駅」は無人化しないそうです。

高架になっている駅で管理がしにくいのだそうです。

「西口駅」が無人の時間帯は、富田林駅からモニターで監視し、対応するそうです。eye

これって、いいのかな?

万が一のときに対応が遅れると、大事故が起きるのが鉄道です。

そして、「西口駅」は市役所・警察・消防・郵便局・府民センターなど市や府の公共機関の最寄り駅です。postofficeschoolbuilding

富高や河南高の生徒たちも利用しています。pen

利用者にとって、無人化で考えられるいいことは何もありません。

近鉄は人も置かずに、命をあずかって、お金をもうけるの?

それは、アカンで。sign01

3月29日には、近鉄電車と日本共産党との要望懇談があります。

この件は地元町会からも反対の声が上がっています。

取り上げてきますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「富田林駅前がきれいになってるけど子どもの送迎で停車できるの?」

富田林駅南側の整備が進んでいます。

市民の方から、

「富田林駅前がきれいになってるけど子どもの送迎で停車できるの?」

と質問がありました。

富田林駅南整備課に聞いてみました。

「金剛駅前ほどの広さがないので駐車はできませんが、一般車の進入路が2車線分ありますので、普通車が送迎で停車することは十分できます」

とのことでした。

B1_3

※クリックすると拡大できます。

障害者用の停車スペースもあります。wheelchair

今年4月1日には、一般車もこの南側ロータリーを通行できる予定です。

時間をとって駐車する場合は、道路の南側のカナヤさんの有料駐車場を利用してください。

ミスタードーナツか本屋さんかパチンコの利用で無料券がもらえます。

だんだんきれいになる、我が富田林。shine

協力していただいた地権者のみなさん、担当課のみなさん、ありがとうございました。

寺内町の発展も、これから楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/24(土)「ええもん・ええトコ再発見ツアー」 富田林駅南地区商店街

11月24日(土)に、富田林駅南地区まちづくり協議会のにぎわい部会主催で、「ええもん・ええトコ再発見ツアー」が取り組まれます。

B1B2_2

↑(クリックすると拡大表示になります)

駅前の意欲的な商店が、“心と体に優しいライフスタイル体験ツアー”と“レトロな商店街で伝統と遊び体験ツアー”を企画しています。

ぜひご参加ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近鉄富田林駅と南海金剛駅間の直通バスが運行開始  社会実験

10月1日から12月31日まで、近鉄富田林駅と南海金剛駅間に直通バスが運行されます。

B1

(表をクリックすると拡大表示になります)
B2

市民の方からの要望もおおく、日本共産党の議員団も何回か議会質問で東西間のバス路線の設置を要望してきました。

そして近鉄バスと南海バスの協力をえて、ついにかねてからの懸案だった東西交通のバス路線の社会実験が開始されました。

3ヶ月限定の試験運行ですが、この結果を参考に今後のバス路線のあり方が再検討されます。

今まではレインボーバスでは、市内の公共施設を巡回するため、富田林駅から金剛連絡所までしか路線がなく、時間も32分くらいかかっていました。

今回の直通バスでは両駅間が、料金290円で約20分で到着します。

通勤時間帯の運行がないので、問題も残したままですがみなさんのご意見をお聞かせください。

【富田林駅の乗り場】 ※1番乗り場です
B1_2

【金剛駅の乗り場】 ※3番乗り場です
B2_2

富田林の交通網の充実が、一歩前進しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧