相談活動

小学5年生がマムシにかまれて、救急搬送!  清水町

清水町の府営住宅で小学5年生がマムシに咬まれて、入院しました。

近所の方からメールをいただき、すぐに現地を確認しました。

住宅の前の草刈りをした跡地に入って、小さなヘビを捕まえて、虫かごに入れて指をかまれたそうです。

児童は腕が腫れあがり、すぐに救急搬送され、現在富田林病院に入院しています。

Dsc_0372

現場では、放置された石がごろごろし、へびのすみかもあります。

Dsc_0373

この辺りではマムシにかまれた事故はあまりなく、耕作放棄地が増えてマムシが住みつきやすい環境ができたことが原因かもしれません。

Hachuruinado_04

保健所に問い合わせると、自然界のマムシは駆除の対象ではなく、注意して近寄らないことだそうです。

イノシシ、セアカコケグモ、サルなど昔見たこともなかった生き物が、住宅地近くに出没しています。

子供たちには学校からも注意喚起を呼びかけています。

ここは通学路にも近く、「マムシ注意!」の標識設置も教育委員会で検討してもらっています。

三角頭とマムシ模様のヘビにご注意を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「展望ひろば」から展望できません!     寺内町

寺内町の東端には、休憩もできる「展望広場」があります。

石川、二上山、金剛山を一望できるスポットです。

寺内町観光の際、ゆっくり休憩してもらえる場所です。

東側に表示板があり、パノラマ風景の解説があります。

しかし、植込みの植栽が伸びすぎて、実際の景色が見えません。

Mmexport1498205740302

この広場を管理する文化財課に対策をお願いしました。

年に1回は、植栽を剪定しているそうです。

思い切って表示板の高さを上げるのも方策かも。

高台の先端になるので、植込みの下はかなりの高さです。

植込みを低くし過ぎても危険かもしれません。

とりあえずは短くカットしてもらいますが、最善策も検討してもらいます。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わー、電線に木が倒れてる!     千早赤阪村

千早赤阪村の友人宅に行ったとき、ふと空を見上げると、電線に木が倒れこんで引っ掛かっています。

Dsc_0327

千早赤阪村の関口ほずみ議員にお願いして、関西電力に連絡を取りました。

Dsc_0324

Dsc_0325

電柱番号で場所が特定できるので、すぐに関電が現場確認に向かってくれることになりました。

地域を超えての共産党地方議員の連携プレーでした。

さっそくの対応、副議長の関口ほずみさん、ありがとうございました。

関電さん、よろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“暗くて怖いトンネル”が明るくなります  小金台・桜丘町・美山台

甲田西交差点と平成幼稚園前を結ぶ道路のトンネルは、歩行者の方から、

「昼でも暗くて通るのが怖い」

「柱の陰に人が隠れていそうでこわい」

と改善をもとめる相談が寄せられていました。

Dsc_0295

Dsc_0296

道路交通課と何回か交渉をしていましたが、このトンネルの照明がLED化されて明るくなることになりました。

蛍光灯の明かりが暗く、一部の照明器具が壊れていたり、柱の陰に人が隠れていそうなど、防犯上も心配な個所でした。

安全・安心のまちづくりが一歩前進します。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水路の破損部分にゴミが引っかかります  若松町

若松町の住民の方から、水路の相談がありました。

「分岐水路が破損して、ゴミが引っ掛かって流れません」

現地は水路が分岐する場所で、田植えのころには鉄板で堰(せき)を作り、片方ずつに水を提供コントロールしています。

下の部分が欠けたため、ここにゴミが引っ掛かり、雨水があふれたりするきっかけになったりするそうです。

また、雨の後には必ずゴミが引っ掛かり、住民の方が掃除するのに苦労されているそうです。

水路耕地課に連絡をして対策を求めましたが、水路の分岐点を改修するのは、結構デリケートな問題のようでした。

少しの形状の変化で水量が変わったりすると、水田の耕作に微妙に影響するので左右両側の水利組合の同意が必要なことなど、役所も慎重なようです。

結局、現況の形状が変わらないように、水路耕地課で補修してもらいました。

Dsc_0294

矢印の部分を補修してもらって、ここにゴミが引っ掛かることはなくなりました。

市の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「公園に車いすで入れるようにしてほしい」   桜ヶ丘町

「夫が車イス生活になりました」

「家の前の公園に散歩で入りたいのですが、入り口まで坂の勾配がきつくて、ヘルパーさんに押してもらうのが大変です」

「フェンスを一部カットして、車イスでも公園に入れるようにしてほしい」

と桜ヶ丘町の高齢者の方から要望がありました。

Dsc_0208

Dsc_0209

現地を確認するとその方の家からは、公園が目の前なのに入り口は坂を上らないと車イスでは入れません。

健常者はフェンスをまたげば難なく公園に入れますが、これでは障害を持つ方が利用するには困難です。

市の担当課と、町会に相談してみます。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユスリカ(蚊柱)が大発生、何とかしてー!

いろんな相談がありますが、これは難しい。

「ユスリカ(蚊柱)が大発生、何とかしてほしい」

美容室の前、街路樹の歩道、ガレージの前、アパートの入口など、ユスリカ(刺さない蚊のような虫)の大発生で困っているという相談です。

Dsc_0260

Dsc_0262

近くに水路があり、発生源はそこかもしれませんが、水は流れています。

市の衛生課に相談すると、「薬を散布することはできるが、一時的な効果しかありません」との回答です。

保健所の衛生課に相談しても、「泥のようなたまり水が発生源となりますが、風に飛ばされて遠くからも流されてきます」「駆除できる有効な対策はありません」という回答です。

インターネットで調べても、決定打はないようです。

光に誘導されるわけでもなく、でも特定の場所が好きなようで、同じような場所に蚊柱になって、集まってきます。

お店や家の玄関に集まられてはたまりません。

いい知恵があったら、教えてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩道にはみだした看板が危険です     昭和町

道にまで、はみ出した看板で、歩道が狭くなって自転車がすれ違うのにぶつかりそうになって、事故が起きそうになった個所がありました。

Dsc_0020

そこは電柱が立っていて、看板が出ると元の歩道の半分くらいに道幅が狭くなります。

衝突しかけた自転車が、車道側に転倒すれば大事故にもつながりかねません。

でも、直接お店に苦情は言いにくいものです。

そこで岡田に相談がありました。

すぐに現場を確認し、道路管理者である富田林土木事務所の管理グループに連絡しました。

「改善指導します」

との返事で、即刻お店への指導に出動していただきました。

よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「幼稚園のフェンスのすき間が危険では?」

幼稚園にお孫さんをあずけているおばあちゃんから、

「幼稚園のフェンスのすき間が危険では?」

と、相談があり現地を確認しました。

1485148512546_2

確かに、小さい探検好きの子供ならここから「脱走」するかもしれません。

さっそく園長先生に相談すると、改善しますとの回答でした。

すぐに改善されたようで、今日おばあちゃんからお礼のラインがありました。

1485148513270

園長先生、みんなで見に来ていただいた先生方、寒い中ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「市営西山墓地」への道路改修を、要望書提出しました

外環状線から「市営西山墓地」までの道路が、凸凹で傷んでいます。

1481524032819

1481524152207

お墓参りをされる高齢者の方から、

「道路にひび割れができていて、つまづいてこけそうになります」

「危険なので補修してほしいです」

と要望がありました。

1481524079854

地元昭和町の町総代さんとも相談して、道路改修の要望書を市に提出しました。

道路交通課では、アスファルト舗装の打ち直しの検討をしていただくことになりました。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧