グルメスポット

「にこにこ市場」の巨大イチゴが甘ーい!

イチゴのシーズン真っ盛り!

サバーファーム(富田林農業公園)にある「にこにこ市場」では、取れたてのイチゴが並んでいます。

7センチくらいの巨大イチゴを買いました。

これがまた、甘ーい!

Dsc_0023

野菜も暖冬のおかげか、やすくて種類も豊富です。

Dsc_0028

富田林産の野菜もたくさんあります。

Dsc_0027_20200124221401

子供の頃食べたキュウリは頭の方が苦かったけど、今は癖がありません。

ホウレンソウの根元の赤いところが好きだったけど、今は全部緑色。

イチゴは酸っぱいのも多かったけど、今は巨大イチゴまでとっても甘い。

珍しい野菜や果物が市場に並ぶようになりました。

水ナスが富田林でもとれるようになりました。

鍋用の美味しそうな野菜がいっぱい並んでいます。

にこにこ市場のイチゴが今、お気に入りです。

| | コメント (0)

世界に知られてしまった、中央市場のお寿司  『ゑんどう』

今日は土曜日で、久々の休日です。

朝からテレビで旅の番組を見ていると、お寿司の紹介の場面がありました。

急に、おいしいお寿司をつまみたくなり、

「いっちょう行くか!」

と、出発したのは、福島の中央市場にある「ゑんどう寿司」。

ここは朝の6時からやってて、お昼の2時に閉店です。

Dsc_0778

10時に到着しましたが、すでに店内は満員です。

外で順番を待ちましたが、すぐに10人くらいの行列です。

最近は、外国の旅行者にもネットで紹介されているようで、来店者の半数が海外の方です。

お店のおばちゃんスタッフも、簡単な英語で対応されていてビックリ。

私たちの注文は「おまかせ」(一皿5種が順に出てきます)と赤出汁。

Dsc_0779_20191214122401

Dsc_0782

Dsc_0780_20191214122401

Dsc_0781_20191214122401

ここのネタは、こぶ締めされてるわけでもないのにコクがあります。

多分、それぞれの魚独自の熟成時間や温度などを熟練の技で、仕上げているんでしょうか。

とにかく、旨いんです。

朝一番のお寿司。

お薦めです。

 

『市場寿司 ゑんどう』
http://www.endo-sushi.com/

 

 

 

| | コメント (0)

日韓友好は鶴橋のアワビ料理で  『あわび村』

韓国の「反日」を報道すれば、マスコミの視聴率が上がるそうです。

連日報道されている反日プラカード写真の文字は、「反日」じゃなくて、「反安倍」だそうです。

こんな時こその我が家の日韓友好は、韓国料理です。

久々の鶴橋は、若者たちでいっぱいです。

焼肉店、韓国料理店に加えて、Kポップ・韓流スターのグッズ店が租界道路周辺にいっぱいできて、若い女の子だらけです。

新今宮には、中国居酒屋街ができて、若者でにぎわっているし、街は国際化しています。

本日の日韓友好は、韓国料理の『あわび村』。

Dsc_0586

Dsc_0588

Dsc_0589

Dsc_0590

Dsc_0593

韓国に行かなくても、ここでアワビ料理のコースが堪能できます。

お刺身、踊り焼き、メウンタン、アワビ鍋、アワビ粥。

帰りは、商店街で白菜とキュウリのキムチを買いました。

とっても「韓国」な日でした。

 

『あわび村 鶴橋店』
東成区東小橋3丁目5-1
℡ 06-6974-5900

| | コメント (0)

久々の北新地で、妻同伴 串カツ『新八景』

久々の北新地。

妻同伴で串カツの『新八景』へ。

S_00e9_20190805013601

新世界の串カツとはちょっと違います。

おしゃれな店内。

こりに凝った食材。

ひと串一串がとっても小さい。

女性でも一口でおさまります。

巨大なアスパラや、どて焼きが出てきて、口の周りが油まみれになったりしません。

稚アユや玉ねぎまで極小です。

Dsc_0509

Dsc_0511

イタリアンな食材も。

Dsc_0518

極めつけは、目の前でスライスしてくれる、トリュフてんこ盛りの卵かけごはん。

Dsc_0521

お料理は一品ずつ、ゆっくり個室に運んでくれます。

わいわい言いながら、目の前で上げてもらう串カツとは対極の世界です。

上品な時間を味わってきました。

大満足でしたが、お味も値段も「北新地」でした。

『新八景』
大阪市北区堂島1丁目2−31 小川第2ビル
  TEL 06-6342-9494

| | コメント (0)

連休最後は、『西尾』と『お亀の湯』

10連休も今日でおしまい。

昨日は『西尾』で食事、今日は『お亀の湯』で湯ったり。

選挙の疲れもとれ、おいしい食事と温泉で充電完了です。

「富田林で、お薦めのお店は?」

お医者さん、福祉施設などの情報提供もよくたずねられます。

食事では、『西尾』に行ってみてください。

とにかく、繊細なお料理です。

「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、まさに世界に誇れる日本の料理。

富田林にもこんなお店があってよかったです。

『西尾』
 富田林市川面町2-3-12
   ℡ 0721-23-3357

Dsc_0238

Dsc_0241_1

Dsc_0242

Dsc_0243

Dsc_0244

『お亀の湯』は曽爾高原にある、関西温泉ランキング最高位を占める人気のスポットです。

ぬるぬるの炭酸水素塩温泉で、お肌ツルツルになります。

『お亀の湯』
 奈良県宇陀郡曽爾村大字太良路830番地
   ℡ 0745-98-2615

| | コメント (0)

大晦日は「KiChen&Market」で打ち上げ   ルクア大阪

お正月の買い出しと最後の飲み会で、梅田ルクアの『KiChen&Market』にお出かけ。

Dsc_0621

世界のお酒がそろっていて、ステーキ、お寿司、パスタ、スイーツまでよりどりで出来立てをイートインで食べられます。

Dsc_0614

チェーン店ではない、イケてるお店がいっぱいです。Dsc_0618

ビールは7種類も飲み比べできました。

買ったワインをそのまま飲み干してるカップルもいました。

Dsc_0617_2

お寿司のブースでは、マグロの解体販売もやってました。

伊勢丹は撤退しましたが、阪急オアシスが仕掛けた、大阪らしい「おしゃれ・安い・美味しい・わくわく」な空間演出です。

お腹いっぱいになりましたが、小龍包のお店にも寄ってしまいました。

おすすめのスポットです。

『キッチン&マーケット』ルクア大阪
http://www.hankyu-oasis.com/kitchenmarket/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばるホールにイタリアンカフェ! 『CIELO』

富田林のすばるホール1階にイタリアンカフェがオープンしました。

Dsc_0519

お昼のパスタランチは、スープとドリンクバイキングがついて1000円です。

Dsc_0514

パスタはボリュームがあって、おなか一杯になります。

Dsc_0516

いろんな飲み物が飲み放題です。

コーヒーは一杯ずつ丁寧に入れてくれます。

Dsc_0517

2時間は駐車無料です。

フロアーは広く、ゆっくりできます。

夜は営業してないようです。

別嬪のウエイトレスさんがいますよ。(ご近所のママさんですが)

『CIELO(シエロ)』 月曜日が定休日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極のバウムクーヘン 『es koyama』

究極のバウムクーヘン発見!

と言っても、私にとってですが。

三田市の名店、『es koyama』の作品です。

Img_20181004_225813

本のような箱に入ってます。

Img_20181004_225550

味と食感は写真ではお伝えできませんが・・・。

我が家は、結構なバームクーヘン好きです。

近江八幡市まで、焼き立てを食べに行ったり、デパートで買ったりします。

しかーし!

エスコヤマが優勝です。

良質のバターの香りといい、グラス(糖衣)の食感といい、最高域です。

あくまで私見ですが。

あまりに美味しかったので、ご紹介しました。

お取り寄せもできます。

【エスコヤマのバウムクーヘン】
http://es-koyama.com/eskoyama/chefs_specialite/004_sp.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列の餃子屋さん! 『札幌や』

行列してきました。

弁天町、ギョーザの『札幌や』。

Dsc_0439

何が美味しいって。

ギョーザです。

Dsc_0442

姿・形は王将にそっくり。

でも、行列ができる味です。

唯一無二なのが、「焼き豚メンマのネギ乗せ」です。

Dsc_0441

山盛りのねぎの下に、自家製メンマと焼き豚が隠れています。

行列の後に、これと餃子と生ビールで、至福の時がやってくるのです。

手前のカウンターではラーメン、奥のテーブル席はギョーザ目当てのお客さんで満員です。

お持ち帰りもできるので、2列の行列です。

メニューはシンプル、財布にも安心です。

Dsc_0440

注文を取るのは中国人みたいな青年です。

いい感じのお店です。

行列の価値ありです。

『札幌や』
大阪市港区市岡1-4-23
 ℡ 06-6571-2866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人に教えられた新世界の鮨の名店  『すし寛』

「鮨の美味しい店がアルヨ!」と、外国人の友人にさそわれて、新世界へ。

ジャンジャン横丁よりもっとディープなスポット、「飛田本通り商店街」にある、「すし寛」。

満員。

Dsc_0313

ネタケースには、ノドグロをはじめ高級魚がずらり。

おすすめメニューには値段が書かれていません。

にぎり、焼き蛤、卵焼き、水ナスなど序盤の注文が運ばれ、ペロリ。

これは旨い!

あわてて、写メ撮り。

Dsc_0316

脂ののった焼きノドグロ。

Dsc_0314

焼きしいたけとトロ鉄火。

Dsc_0315

タイラギのお造り。

Dsc_0317

新鮮毛ガニは身をほぐして出てきます。

メニューは豊富で、ネタは厳選されて、値段は西成価格でした。

いつ行っても満員で、予約していた方がよさそうです。

Dsc_0318

桂ざこばさんが贈った暖簾がかかっていました。

創業60年だそうで、おすすめのお店です。

場所柄、男子会にむいてます。

『すし寛』
大阪市西成区太子1丁目15-2
     ℡ 06-6641-6654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧