日記・コラム・つぶやき

今日は地元小学校の卒業式

今日は、中学校に続いて、地元川西小学校の卒業式でした。

来賓での出席でしたが、子供たちにつられてもらい泣き。

先生、子どもたちの緊張がピリピリと、こちらにも伝わってきます。

最後の合唱で、それぞれの思い出や気持ちがこみ上げるのでしょう。

先生も子どもたちも、涙を流していました。

また、大事に育てた保護者の皆さんの思いは、いかばかりか。

教師をしていた妻の苦労話も思いおこし、卒業式は私にとって特別の式典です。

市会議員になって12年ですが、富田林の子どもの数(出生数)はほぼ半減しました。

市民の年収は約88万円の減収です。

結婚することも、子どもをつくることもためらう、若い世代にとって、低賃金・非正規・長時間労働など過酷な環境です。

政治の責任は重大です。

この子どもたちの未来の為にも、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は法律相談が3件ありました

今日は法律相談が3件ありました。

息子さん宛に、弁護士事務所から28万円の債権請求が送られてきました。

債権の内容の提示もなく、息子さんは20年以上前に住民票も移動しています。

心配したお母さんからの相談です。

「委任通知」を出した弁護士にすぐに連絡を取りました。

債権請求の送付はただちに停止されました。

債権回収業者(暴力団や弁護士事務所)などから、違法ギリギリの請求行為がおこなわれる場合あります。

身内への請求でも、決して肩代わりの支払いはしてはいけません。

まずはご相談ください。

ほかにも相続の相談がありましたが、こちらは司法書士事務所を紹介しました。

もう1件は、学童保育を民間委託している他市で、児童が大けがをしたのに救急車を呼んでもらえず、手当てが遅れ後遺症が残ったという深刻な問題です。

こちらは、弁護士や該当市の議員に出動してもらうことになります。

個人からの相談は、詳しい内容が紹介できませんが、どんなことでも安心してご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国からユネスコ無形文化遺産の楽団がやってくる!  3月2日すばるホール

今週、3月2日(土)に中国から、ユネスコ人類無形文化遺産に登録された“西安鼓楽団”がやってきます。

Photo_3

富田林すばるホールにて、17:30開場、18:00開演です。

入場無料です。

ぜひ、お越しください。

日本の雅楽の源流はここにあるそうです。

日本の和太鼓グループ“心鼓(ここ)”も出演します。

国内で初めてとなる、富田林での西安鼓楽コンサートです。

お楽しみください!

【すばるホールの地図】

Image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹木医に桜の老木の診断をしてもらいました  桜ヶ丘町

昨年の台風で桜ヶ丘町の桜が倒れました。

残る桜も老木で、樹齢は80年を超えているようです。

「家に倒れてきそうで心配」「危険なので切ってほしい」など伐採を求める声と、保存を求める声が町会の方に寄せられていました。

先日、樹木医に町内の11本の桜の木を診断してもらいました。

Dsc_0720

Dsc_0722

町会管理の桜は、道路横の狭いスペースや急こう配の法面など、悪条件の場所に立っています。

すべて老木で、それぞれが根や幹が腐っていたり、電線にかかっていたり、クビアカツヤカミキリにやられていました。

きれいな桜を咲かせてはくれますが、寿命を迎えているようです。

樹木医さんが、1本1本について、ていねいに診断し、説明をしてくれました。

その後の町会の役員会では、防災の為に伐採を決めたそうです。

今後の植樹などは伐採後に検討するそうです。

町会役員の皆さん、ご苦労様でした。

防災のための伐採費用への公的補助制度の創設なども必要です。

3月議会でも提案する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜の木が倒れてこないか心配です」   桜ヶ丘町

「桜の木が倒れてこないか心配です」と相談がありました。

去年の台風で桜ヶ丘町の桜の木が数本倒れました。

そして残った老木も、電線を押し上げたり、下の住宅に倒れるのではと心配の声が上がりました。

Dsc_0692

調べてみると、3本ともカミキリムシの被害にあっていました。

Dsc_0694

おがくず状の盛り上がりをのけると、中から3センチくらいの幼虫が出てきます。

町会では一部に残してほしいという声もあります。

処分費は1本数十万円かかるそうです。

現在、市からの補助制度はありません。

さらに強い台風が来た時には倒壊の危険性もあります。

町会の役員会では処分について議論が続いています。

防災のために、ブロック塀の撤去や擁壁の修復への補助制度ができましたが、樹木の伐採への補助はありません。

倒壊による建物への被害が発生すれば、補償の責任はどうなるのかなど、今後問題も起こりそうです。

町会管理の樹木の扱いについて、市の補助制度も必要にかもしれません。

防災対策として検討すべき課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳末警戒の夜警に出ました   イトーピア金剛東

年末最後のマンションの夜警に出ました。

Dsc_0611

イトーピア金剛東のマンションでは、198世帯のうちから15軒が参加して、夜回りをしました。

以前は「拍子木がやかましい」と苦情が出て、一時期音を出さずに回ったことがありましたが、今は夜回りの時間を8時に早めて、拍子木の音を出しています。

夜8時にしたことにより、女性の参加が増え、音の苦情もありません。

近隣の町会からも「火の用心」の声が聞こえてきます。

寒い中、皆さんご苦労様でした。

我が家も大掃除が終わり、テーブルには桃花塾のチューリップを飾って、お正月の準備も万端ととのいました。

1546183034801_3

みなさん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺まがいの、大阪維新の「身を切る改革」

富田林の9月市議会で維新の会の議員が突然、議員報酬の引き下げと議員定数の削減を持ち出しました。

その理由が、「身を切る改革」です。

ちょっと待った!

大阪府の松井知事が、「身を切る改革」と言って、全国で初めて知事の退職金をゼロにしました。

ところが同時に、毎月の知事給料を大幅に引き上げ、トータルで年額報酬を87万円も増やしたのです。

「身を切る改革」は自分の報酬を増やすことだったのです。

あきれてものが言えません。

自分の党首に先に「身を切れ」と言ってください、維新さん。

以下、反対討論を載せておきましたので、参考にしてください。

▽ ▽ ▽

「身を切る改革」として提出されている議員報酬の削減提案ですが、提案者自身が襟を正すべきだと、はじめに申し上げます。

大阪維新の会代表の松井一郎氏は、大阪府知事として多額の報酬を受け取っています。そして、松井氏は「身を切る改革」と称して知事の退職金をゼロにしました。ところが、実際には、同時に自らの給料を大幅に引き上げ、年額の報酬を87万円も増やしてしまいました。こんな詐欺まがいの暴挙に言及もせず、「身を切る改革」を唱えるなど、提案者の見識を疑います。

維新の会松井知事は、自らの給料とボーナスの合計が1524540円と退職金の年額相当分1572000円であわせて報酬総額16812540円だったのを、退職金をゼロにしたはずなのに、それを大幅に上回る給料の増額をおこない、報酬を年額17683680円に引き上げ、身を切ったはずなのに、実際には871140円も知事の報酬を増やしているのです。

大阪府民を愚弄するにもほどがあります。

おまけに、先の決算審議でも明らかなように、維新府政になってから大阪府は富田林市への補助金を30事業で11116万円の削減・廃止をかさねてきました。その内容は小児救急医療事業や二次救急医療補助事業、地域生活支援事業、商業活性化支援事業、学童クラブ事業など、市民生活にかかわるあらゆる分野に及んでいます。府の補助金がカットされた不足分は、富田林市が新たに負担することになり、市の財政を圧迫する大きな要因となっています。

また、松井知事はカジノの導入に躍起となっていますが、カジノ解禁推進法案の提出者である衆院議員がアメリカのカジノ業者から多額の献金やパーティー券購入など資金提供されていたことがあきらなになり、日本維新の会議員がパチンコチェーンから100万円分をこえるパーティー券購入で資金提供されていることも明らかになりました。

以上のように、「身を切る改革」と言いながら自らの報酬をふやす維新の会の大阪府知事、富田林の財政を圧迫する維新府政の補助金カット、ギャンブル業者からの資金提供などにものも言わないまま、本市の議員報酬に言及すること自体、提案者の見識を疑います。

よって、本議案に反対とし、日本共産党議員団の討論を終わります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風21号、通過中!

台風21号が通過中です。

猛烈な風です。

マンションの12階からは、大阪湾上空を通過している台風の目が見えます。

Dsc_0393

瓦やベランダが吹き飛ばされていきます。

マンション駐輪場の屋根も壊れました。

Dsc_0394_2

この風の中、屋根に上っている人がいます。

トタンが舞って、突風が吹いているのに何を考えているんだか。

神戸方面に上陸したそうですが、まだ強風はやみません。

皆さんも、気を付けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林警察、大失態!

凶悪犯が警察から逃亡中!

犯人が富田林警察署から逃げ出し、2時間近くも気づかず、市民へ知らせたのが翌日。

もし、市民が被害にあったらどうするのか。

警察の対応に市民から苦情が殺到しています。

市役所の駐車場には、テレビ局の大型中継車がずらりと並び、警察署の前はカメラを構えた報道陣であふれかえっています。

Dsc_0363_2

Dsc_0368

犯人が脚立をかけて逃げた塀は鑑識が現場検証をしています。

それをマスコミのカメラが撮影しています。

テレビドラマみたいです。

Dsc_0365

コンビニの駐車場は、マスコミが調達した黒いタクシーで満杯です。

犯人は市役所の駐車場を抜け、盗んだ自転車で小学校前、共産党の事務所前を走り去ったようです。

事務所にも、警察の聞き込みがありました。

犯人は羽曳野で、自転車を乗り捨てたそうです。

一刻も早い逮捕を願います。

しかし、市民に知らせるのが遅すぎます。

地域の自治会長さんからも、電話をもらいましたが、「もっと早く連絡があれば、自主防災や町会も警戒したのに」と怒っておられます。

市民の方からも、「スマホでないので、連絡もなかった」と、情報提供の在り方にも抗議されています。

これ以上被害が拡大しないよう、全力の捜査をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母が永眠しました

母が永眠しました。

98歳の大往生です。

お世話になっていた施設での「看取り」でした。

“遺言“が残してあり、葬儀や納骨について、母の遺志どおりに見送ることができました。

衣装や遺影など用意されていました。

戸籍謄本は死亡届けや互助会の解約にすぐに使えました。

家族に何の負担もなく、いい思い出だけを残して旅立ちました。

もう一つは、ケアハウスのスタッフの皆さんへの感謝です。

家族同様に面倒を見ていただいて、訪問看護師、担当医、ヘルパーさん、職員のみなさん全員に最後まで、母を大事にしていただきました。

昔、自宅で最後を迎えたように、施設で皆さんに見送っていただくことができました。

本当にありがとうございました。

感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧