« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

富田林市民会館に洋式トイレが増設されました!

富田林市民会館(レインボーホール)の一番大きなホール前の、女子トイレには洋式トイレがありませんでした(多目的の洋式が1箇所のみ)。

大きなイベントの時には女子トイレの前には、洋式トイレを待つ行列ができます。

膝への負担が少なく使いやすい洋式トイレが当たり前となり、和式トイレは敬遠されます。

議会でも、市民会館のトイレの洋式化を求める皆さんの声を紹介し、洋式トイレの増設を求めてきました。

先日、中ホール前の女子トイレ5カ所のうち3つの洋式化工事が完了しました。

Dsc_0738

Dsc_0741

これで女子トイレの長い行列が解消されます。

築41年たつ建物です。

時代に合った、リニュアルで使いやすい公共施設へ改善が必要です。

| | コメント (0)

ケーズデンキ クロスモールの出口が危ない! 西板持町

ユニクロやケーズデンキがあるクロスモールの出口が、「楠風台方面からの車が見えにくく危険です」との相談がありました。

現地を確認すると、道路の南側には市の水道施設のフェンスがあり、出口から出る車からは左側が見にくい状態です。

Dsc_0728

Dsc_0729

また、設置されているカーブミラーも小さく、左側が確認しにくいです。

クロスモール側から出てきた車と、楠風台側から来た車が出合い頭に衝突しそうになることがあるそうです。

出ていく車への注意喚起の看板の設置や、カーブミラーをもっと大きくするなどの安全対策が必要です。

市の道路交通課に相談し、対策を検討してもらうことになりました。

| | コメント (0)

「止まれ」の道路標示が消えて、優先道路がわからない!  楠風台

楠風台の方から、「止まれ」の道路標示が消えて、優先道路がわからない、という道路の要望がありました。

Photo_20210115015501

現場を確認すると、停止線が消え、「止まれ」の文字も消えています。

この交差点は、細い道の方が優先道路になっている不可解な場所です。

おまけに勾配もあり、坂の上から降りてきた車が一旦停止せずに通過したりします。

停止線が消えていることもあり、危険です。

道路交通課に相談し、ラインの引き直しと、出合頭の事故防止の対策を申し入れました。

ここで事故が起これば、道路管理者の責任も問われそうです。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »