« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

日本に危機管理学部があるのは、日大と加計学園だけ!

連日報道されている「日大アメフト問題」。

「危機管理学部があるのに、危機管理ができていない」

「森友・加計問題が日大アメフト問題で隠されそう」

など、いろんな意見を聞きます。

そして、いろんな進展が明らかになります。

また、驚きの真相が。

日本に危機管理学部があるのは、日大と加計学園だけ!

日大、千葉科学大学、倉敷芸術大学です。

日大以外は加計学園の経営大学です。

月刊誌「FACTA」によると、「危機管理学部は、警察庁、法務省、防衛省、国土交通省のサポートを受けることで、文系初の危機管理学部の体制を整えることに成功したもので、その本質は国家権力に恩をうる『天下り学部』だ」と指摘しています。

専任教員には、各県の県警察本部長、内閣情報調査室内閣参事官、元内閣官房、公安調査庁など警察エリートがずらりと並んでいます。

10人の教授のうち6人が官僚OBです。

危機管理学部から、日大アメフト問題に一言のコメントも出ないはずです。

おまけに、日本安全保障危機管理学会(JSSC)の名誉会長は安倍総理だそうです。

どこまでも、安倍シンゾーさんは登場します。

退場の日まで、追及はとまりませんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ