« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

「家族の介護で紙おむつが大量にでます。ゴミシールが足りません。」

お父さんが介護が必要となり、お世話をしている息子さんから相談がありました。

「介護で紙おむつが大量に出ますが、市役所のゴミシールでは足りません。何とかなりませんか?」

という相談です。

市役所で年間支給される無料ゴミシールは、なくなると有料で購入しなければなりません。

でも、この場合は心配いりません。

市役所の衛生課では、「紙おむつ用シール申請書」で証明書をつけて申請すると、無料シールが発行してもらえます。

【申請書見本】
Img
証明書印をもらうのは、医師・民生委員・町総代・ヘルパーさんのうちいづれかです。

ヘルパーさんだけでもOKですので、遠慮なく申請してください。

一般の燃えるごみと同じシールですので、出し方も普通のゴミと同じです。

申請書の受付は市役所1階の衛生課窓口です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西グランドゴルフ場の草刈りが完了しました

川西大橋の河川敷に専用のグランドゴルフ場ができました。

暑い夏でも高齢者の愛好家たちが元気にプレーしています。

公式戦も行われる立派なグランドです。

Dsc_0613

錦織の高橋でも、多目的広場でグランドゴルフができます。

川西グランドは土の質が違うのかよく草が伸びて、この季節にはボールが転がりにくくなります。

利用者の方から、「草を刈ってプレーしやすくしてほしい」と要望がありました。

スポーツ振興課に連絡すると、シルバー人材センターに依頼して、お盆の最中にグランドの草刈りがおこなわれました。

Dsc_0612

周辺のラフまできれいにカットしていただきました。

ただ今、ベストコンディションです。

グランドゴルフは、固い土でも草の上でもできるスポーツですがここでは草で日差しの照り返しが緩むのか、夏でもたくさんの方が利用しています。

除草剤は河川への影響が出るし、手入れしなければ草は伸び放題だし、グランドのメンテナンスも大変です。

一部に芝生の箇所がありますが、そこには雑草は生えにくいようです。

Dsc_0614

でも、多くの市民の皆さんに気軽に利用してもらうためにも、あまりコストはかけられません。

当面は適度な草刈りでのメンテナンスで、プレーを応援してもらいます。

担当課の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜ヶ丘公園に車イスで入れるようになりました

桜ヶ丘町の住人の方から、

「夫が介護が必要になって車イス生活になりました。家の前に公園がありますが、散歩に行きたいのですが、道路の傾斜がきつくて入り口までヘルパーさんに押してもらうのが大変です。家の前から公園に入れるようにしてほしいのですが。」

と相談がありました。

Dsc_0209

市のみどり環境課に相談すると、町会要望があれば、この箇所のパイプフェンスを開けることは可能だと回答をもらいました。

桜ヶ丘町と、隣接する小金台の町会長さんにも相談すると快諾してもらい、役員会にもはかっていただきました。

子どもの飛び出しが心配との声もありました。

市の方で、「子ども飛び出し注意」の看板も用意してもらい、グレーティングのふたも設置していただいて、車イスで平坦な個所から入って散歩ができるようになりました。

Dsc_0598

町会役員のみなさん、担当課の職員のみいなさん、迅速な対応ありがとうございました。

また一つ、市民にやさしい街づくりができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民プールに外から見えないシートが設置されました

まだまだ暑い日が続きます。

川西の市民プールは親子連れの市民でいっぱいです。

Dsc_0606

ここは国道170号沿いにあるため、道路からプールが丸見えです。

中学生やお母さんたちから、「外から見えないようにしてほしい」と要望がありました。

新婦人の皆さんからも市に要請をしていただき、目隠しシートが設置されました。

Dsc_0605

まったくの遮蔽ではなく、風も通る光も通す優れもののシートです。

市の対応、ありがとうございました。

安心してプールを楽しんでください。

そうそう。羽曳野市では来年から市民プールを廃止するとのことです。

富田林でも日本共産党以外の賛成で市民プールが廃止されました。

しかし、1万3千筆の署名を集めて新しいプールを復活させることができました。

羽曳野の共産党議員団、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »