« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

「農業祭」に行ってきました

“富田林農業祭”に行ってきました。

11月23日(祝)の朝から石川の河川敷でおこなわれた農業祭は、今年一番の寒さでした。

市内の農家から提供される野菜は新鮮で格安です。

白菜、キャベツなどは市販の半額程度で長蛇の列です。

今年は長雨が続き、白菜などは3分の1しか育たず、野菜が高騰しているなか、みなさん大喜びでした。

トッピーとみなみちゃん、富田林市とJA大阪南のキャラクターも会場を盛り上げています。

1479903755495

寒かったので、おでんやうどんの出店も大繁盛です。

1479903657900

地元のみかんと香住港から直送のハタハタを買って帰りました。

美味しかったです。

JAはじめ関係者の皆さん、寒風の中お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の富士山を見ながら、河口湖ランニング

山梨県の河口湖は紅葉の真っ只中です。

富士山を見ながら湖畔1周のランニングに行ってきました。

Photo

お宿は注目の、『星のや富士』。

グランピングしながら、樹海の乗馬トレッキングも楽しんできました。

毎年夏に出かけた海外旅行が唯一の家族サービスでしたが、議員になってからは全くいけなくなってしまいました。

土日を挟んで3日間、やっと電撃休暇を取りました。

富士山を見ながら、好きなこと三昧。

Photo_2

命の洗濯できました。

河口湖は1周ちょうど15キロです。

平坦で、富士山の見える絶景は、最高のランニングコースでした。

気持ちよかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「溝のグレーチィングのボルトが硬くて、掃除ができません」  寿町

寿町で後援会の方から要望がありました。

道路を横断する水路にかけられているグレーチングのボルトが硬くて、溝そうじができなくて困っている、ということです。

1478057679141

1478057715086

町会ではこのボルトを外すための、T型レンチを用意されていますが、錆びついたりして硬くて、回すこともできません。

ゴミがつまったり、草が伸びてきたりすると隙間からとるのが大変です。

道路交通課に連絡すると、新しいタイプのボルトがあるそうで、交換してくれるそうです。

こんな小さなことですが、対応はできるものです。

困ったことは、何でも声をかけてください。

一緒に対策を考えます。

住みやすい地域づくりは、みなさんの声で始まります。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狭山池がイルミネーションできれいです!

狭山池にきれいなイルミネーションが設置されていました。

1478009899535

1478009844354

久々の夜のランニングで狭山池を10キロ走ってきました。

最近は朝に走ることが多くなりました。

理由その1、夜に晩酌ができる。

その2、やっぱり朝は気持ちがいい。

その3、だんだん早く目が覚めるようになってきた。

来年2月の河内長野シティマラソンで20キロのハーフにエントリーしました。

12月18日の富田林市民マラソンも参加予定です。

河内長野のコースは山の中を滝畑ダムまで駆け上るハードなコースです。

完走に向け、走りこみ中です。

今夜は手袋がほしいくらいの寒さでした。

でも、ランニングの気持ちよさは最高です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「河南高校前の一方通行を車が逆走して危険です」  寿町・錦ケ丘町

河南高校の正門前の道路は、東行きの一方通行です。

しかし、北側から来た車が右折して逆走することがあり、危険です。

近隣の方から、何とかしてほしいと相談がありました。

1475654749412

道幅も広い道路ですが、外環状線への抜け道となり通学路としても危険なため、以前に一方通行道路となりました。

しかし、小さな一方通行標識があるだけで、見落としたドライバーが右折し逆走してしまいます。

市の道路交通課・富田林警察に、信号機の横に大きな標識を追加するか、道路標示でわかるようにするか、逆走しないような対策をとるよう申し入れていました。

先日、一方通行の標識の下に、車両進入禁止の標識が追加設置されました。

1477534355586

また、市の道路交通課と富田林土木事務所の協議で、道路にも右折禁止がわかる標示を引いてもらえることになりました。

他の場所の道路の線引きと一緒に後日施工されます。

しばらくお待ちください。

道路交通課と富田林警察の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »