« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

どなたか、本棚を引き取ってください!

先日訪問したお宅で、「使わなくなった本棚を引き取ってほしい」と相談がありました。

場所は富田林市の寿町です。

Photo_2

きれいで上等の本棚です。

高さ1920、奥行き400、幅1200の大きさです。

岩波の「日本歴史」などの本も一緒に処分したいそうです。

引き取りに来れて、本も処分してくれる方、よろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2中横の危険な雑木が撤去されました    新家

新家交差点から第2中学へ曲がる交差点の雑木が伸びて、見通しが悪くて自転車同士が衝突しそうになる危険な個所があります。

Photo_2

地域の住民の方から、「危ないので雑木を切ってほしい」と要望がありました。

中学校の敷地のようなので、教育委員会に相談しました。

調査してもらった結果、水路敷きにあり市の管理地に生えているものと分かりました。

教育委員会の指示で、市のほうで雑木を切ってもらいました。

Photo

すっかり見通しがよくなりました!

市の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック企業に法規制を! 長時間労働規制法案を4野党で共同提出

先日ブラック企業を告発する相談がありました。

弁護士事務所を紹介し、未払い賃金の請求や行政処分などについて弁護士の見解を聞いてみることをすすめました。

安倍内閣が提出している労働時間の規制を撤廃する「残業代ゼロ」法案では、労使協定を結べば青天井に労働時間が延長できます。

これに対案として、4野党が共同して労働基準法改正案(長時間労働規制法案)が提出されました。

なんと、相談のあった翌日に法案が提出されました。

日本共産党も参議院に、ブラック企業規制法案を提出していましたが、4野党の共同提出で規制法が出せるようになった野党共闘の前進に、選挙での国民の期待を感じます。

相談者の願いにこたえるためにも、選挙で安倍内閣に厳しい審判を下さねばと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄板のふたが重くて、水路の掃除ができません」   北大伴町

北大伴町の住民の方から、水路の相談がありました。

大伴保育園前の横を通る水路には、道路部分には鉄板のふたがかけられています。

Photo

この下にはパイプで水路の支線管がありますが、よくゴミが詰まって流れなくなります。

Photo_2

頑丈な鉄のふたを開けて、月に何回か町内で掃除をされています。

しかし高齢者ばかりの町会で、鉄板を持ち上げてくれていた男性がアルツハイマー症を患ってしまい、ふたを開けられなくなりました。

何とか軽いふたにしてもらえないか、という相談です。

水路耕地課に現地確認をお願いしましたが、軽いものでは自動車の重みに耐えられないそうで、なかなか難しそうです。

地域の高齢化で、いろんな問題が起こります。

これから、対策の検討です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本に派遣された富田林消防署の救急隊は現地で活動中です

4月16日(土)に熊本県に向けて出発した富田林消防署の救急隊3名は、大阪府大隊に合流しました。

翌17日の早朝4時に宿営地(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)菊池市総合体育館に到着しました。

大阪府大隊は、阿蘇村の野外劇場アスペクタを拠点として活動を開始しています。

富田林の救急隊は富田林の救急車を持ち込んで、病院や医療施設間の患者搬送を行っているそうです。

フル稼働の先発隊に次いで、交代要員の救急隊員は、19日(火)に3名出発するそうです。

ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林消防本部の救急隊が、熊本地震の九州へ出発しました

本日、熊本地震の救援の為、富田林市消防本部から救急隊が出発しました。

救急消防救助隊大阪府大隊が結成され、その一隊として富田林消防本部救急隊3名が九州に向け出動しました。

今朝10時に富田林を出発した救急隊は、12時に山陽道淡河サービスエリアで大阪府隊に合流し、大阪府大隊の1隊として現地に向け出発しました。

東日本大震災の際にも、大槌町での救援の活躍が報道された富田林隊の皆さん、ご苦労様です。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本の地震、余震が続いています

熊本の大地震、余震が続いておさまりません。

熊本に転勤していた友人にフェイスブックで連絡を取ると、4月から東京に転勤になって無事だったそうです。

テレビではずっと被害の状態や救出活動が報道されています。

我が家の避難グッズを、あらためて点検しました。

Photo_3

Photo_2

いろんな防災グッズがセットされているものですが、手動の充電器がありました。

ラジオとライトと携帯電話の充電ができます。

停電になった際にも、これは使えそうです。

九州の地震、心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本料理店でゆったり、カレーランチ  『大乃や』

きのうは夜桜の通り抜け、今日は会議で二日続いての天満橋。

お昼のランチは日本料理店でカレーライス。

谷町のオフィス街の喧騒をぬけて、一本通りを入ると老舗の日本料理店があります。

Oonoya

昭和までは高級旅館だった『大乃や』さん。

夜は1万円からのお料理となりますが、お昼のランチはなんと1200円から。

料理屋さんのカレーライスは、盛り付けも美味しさも満点です。

Photo

玄関から案内され、日本庭園を見ながらゆったりと食事を楽しめます。

あわただしい日々の中で、ほっとできる空間です。

お薦めのお店です。

『大乃や』
大阪市中央区島町1-3-5
      ℡ 06-6942-3745

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「建売住宅を買ったけど、水路の音がやかましくて寝られません」 山中田町

「建売住宅を買ったけど、水路の音がやかましくて寝られません」

と、相談がありました。

Photo

このあたりは元は水田で前面の道路の下を水路が横断しています。

この箇所で水路が一段下がり、落差により落下する水が大きな音を立てています。

更地の時点で建売住宅を契約し、完成した住宅に入ってみると水路の音がやかましくて眠れないとのことです。

音を測定してみると、水路近くで65デシベル、室内で55デシベルあります。

かなりの騒音レベルです。

買主は、「表から土地を見たときはこんなに大きな音だとは気付かなかった。重要事項説明でも騒音のことは聞いていない」とのことです。

この程度の音が説明義務違反に問えるかは、むつかしいところです。

業者はわかっていたはず。

せめて慎重に現場の確認をするか、建築の専門家に土地選びの時点で相談していたらと悔やまれます。

今後は市と水利組合に対して、水路の騒音緩和の為、コンクリートのふたの設置と水の落差対策の両面で改善の方法を相談してみます。

不動産は一生で一番の買い物です。

ぜひ信頼できる専門家にアドバイスをもらってください。

心配なことがあれば気軽に岡田まで相談してください。

『欠陥住宅の見分け方』『住宅用地の選び方』『悪徳業者の見分け方』は、建築士や弁護士グループで講演させていただいてきた、私の得意分野です。

お忘れなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっと危ない、グレーチィングのすき間!   南大伴

駅頭の戦争法反対署名で知り合った若い人から、ラインをもらいました。

「南大伴の歩道横のグレーチィングにすき間があって、危ないところがあります」

と写真と地図付きで連絡をもらいました。

Photo

Photo_2

現地を確認すると、人の足ならはまってしまうほどのすき間が開いています。

田植えの時期に水路の流れを変えるための堰(せき)の個所でもありません。

ここは府道ですので道路管理者は府の土木事務所です。

市の道路交通課を通じて、大阪府に改善を要請しました。

連絡ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“G線上のアリア”とお花見

昨日からお花見出席が始まりました。

市会議員になってめっぽう増えたのが、年末の忘年会と春のお花見です。

昨日は狭山池、今日は石川で2か所に出席しました。

Photo

Photo_2

毎日お天気勝負です。

昨日は岸和田のむくの木ホールで、チェンバロとヴァイオリンの演奏会にも。

Photo_3

あわただしい毎日の中、久々の“G線上のアリア”。

至福のひと時でした。

見事に音響設計されたホールでした。

『むくの木ホール』
http://mukunoki-hall.com/
岸和田市阿間河滝町1643
 ℡ 072-493-6929

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“中学生・高校生の無料塾”やってます

退職した先生たちが、“中学生・高校生の無料塾”をやってます。

Photo_7

参加費は無料で、勉強のやり方や、わからないところなどいろんなことを、じっくり教えてもらえます。

お気軽に申し込んでください。

<連絡先>
 日本共産党河南地区委員会  072-952-5222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »