« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

雑木が伸びて歩道の見通しが悪いです!    2中前

富田林第2中学校付近で見通しの悪い交差点があります。

雑木が歩道にまで伸びて向こうが見えず、角を曲がろうとする自転車どうしが衝突しそうになります。

Photo

Photo_2

PTAの方から相談があり、教育総務課に調査してもらうと、水路敷きから伸びた雑木が視界を遮っていることがわかりました。

水路を管理する道路交通課に連絡を取ってもらい、後日伐採してもらえることになりました。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「危険な歩道」、さっそく補修されました!  富美ヶ丘町

富美ヶ丘町で高齢者が段差につまづいて、転倒した危険な歩道が補修されました。

“餃子の王将”からエコールロゼ方面に上る府道の歩道です。

Photo

Photo_2

道路を管理する富田林土木事務所に補修をお願いしましたが、なんと翌日に補修工事がおこなわれました。

迅速な対応、ありがとうございました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者がつまづく危険な歩道  富美ヶ丘町

富美ヶ丘町の“餃子の王将”から西側(ロゼ方面)に上る府道の両側には、車道に沿って自転車も通れる歩道があります。

この歩道は道路開通以来、改修されることなくだいぶ劣化しています。

歩道が一部陥没したり、段差ができています。

Photo

Photo_2

2~3センチの段差ですが、高齢者の方が躓いて転倒する事故がありました。

府道の歩道で、道路管理者は府の土木事務所です。

市の道路交通課を通じて、大阪府に補修を要請しました。

アスファルト舗装が劣化して、石が飛び出したりしているところも多く、高齢者が歩くには危険です。

全面的な改修がそろそろ必要です。

老人会の方たちとも協力して、危険個所の総点検の取り組みができればと思います。

改修については、しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央公民館・図書館の照明と掲示板が補修されます

常盤町にある中央図書館・公民館の正面には、照明灯があります。

Photo

ところがこの照明が不良のため、夕方になっても点灯せず暗いままで、市民の方から、

「暗くなっても公民館・図書館がわかるように、ライトを点灯させてほしい」

と要望がありました。

このことを公民館の館長さんに伝えると、

「照明器具が暗くなったら点灯させる、センサーの不具合でうまく作動していません」

「壊れている掲示板の補修も市に要望しており、来年度予算で補修してもらえることになります」

との回答でした。

Photo_2

正面の掲示板も照明器具が壊れたり、枠が破損しています。

両方が補修されますので、しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“わいわいテニス”は快晴!

きょうの“わいわいテニス”には23人が参加しました。

Photo

千早赤阪村村民コートは快晴。

絶好のテニス日和でした。

高校に入学が決まったテニス部員、エステシャン、中国人のIT社長さん、図書館司書さんたちが初参加してくれました。

北畑コーチの初心者レッスンと経験者のラリーであっという間の3時間でした。

その後は、ウッディハートで10名の独身組の食事会です。

たっぷり交流できた一日でした。

次回は、7月18日(月・祝)の予定です。

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全メニュー制覇してみたい、『青藍』

本会議、常任委員会の議会質問もおわり、やっと一息。

連休の最後は、谷町の中華料理『青藍』で締めくくり。

A6

A5

夜6時ですでに予約で満員。

オードブル、小龍包、貝柱牛肉煮、麻婆豆腐、杏仁豆腐。

どれも上出来でした。

A4

A3

A2

A1

食材が厳選されて、自由自在に調理され、楽しい限りです。

全メニューにチャレンジしてみたいと思わせる、お薦めのお店です。

『青藍』
 大阪市中央区中寺1-2-23
  ℡ 06-6777-5647

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月12・13日(土・日)は、“じないまち雛めぐり”です

明日から2日間、富田林で“じないまち雛めぐり”イベントがおこなわれます。

_0001_2

_0002

富田林駅を南側に下車して、すぐに始まる寺内町。

ここで毎年、旧家の所蔵するおひな様がお披露目されたり、たくさんの出店が開かれます。

お天気もよさそうです。

ぜひお越しください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »