« びっくり!中国⑤ 「町がきれい」 | トップページ | 3月21日(月・祝)は“わいわいテニス”です! »

びっくり中国!⑥ 「学校が美しすぎる」

旅行2日目は、上海市の公立学校の校長先生と対談できました。

国際学力テスト(PISA)で、日本などをはるかにぬいて世界最高位にいるのが上海市です。

どんなエリート教育(?)がされているのか、直接聞くことができました。

中国でも、市ごとに多少の取り組みの違いはあるけれども、学級編成や内容は日本とよく似ていました。

週休は2日、授業時間は朝8時15分から午後3時半まで、授業は35分単位です。

学校給食は自校方式ですが自宅に食べに帰ってもいいそうです。

弁当は食中毒事故などの管理ができないため禁止だそうです。

学校の先生は5時を過ぎると家に帰ります。

日本では先生の長時間労働が問題になっていることを伝えると、「理解できない?」とのことです。

「成績順位がはりだされるの」の問いには、そんなことしたら大変なことになりますとのことです。

塾に通う生徒は少ないそうです。

学校の成績だけでなく、人間性を育てることが大事で、課題だと考えているとも。

なんだか、ほとんど日本と同じようです。

でも、はっきり違いがありました。

公立学校がとてもきれいなことです。

10

11

これはお隣、蘇州の公立学校です。

お金持ちの私立学校ではありません。

グラウンドはラバー仕上げで、けがもしにくいそうです。

今の中国の人が、日本の雨漏りする校舎や、汚いトイレを見たらびっくりするかも。

社会として子供を大切にしているようでした。

経済と教育ではどうやら中国のほうがリードしているようです。

びっくり!

|

« びっくり!中国⑤ 「町がきれい」 | トップページ | 3月21日(月・祝)は“わいわいテニス”です! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びっくり中国!⑥ 「学校が美しすぎる」:

« びっくり!中国⑤ 「町がきれい」 | トップページ | 3月21日(月・祝)は“わいわいテニス”です! »