« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

滝谷不動で、戦争法反対署名の訴え

毎月28日は「お不動さん」の日です。

今日は、ぽかぽか陽気で絶好の宣伝日和です。

戦争法反対の2000万人署名の訴えをしました。

Imag2922

参拝の人たちに署名をお願いしましたが、いろんな人に声をかけられます。

高校の同級生、町総代さん、同じマンションの住人さんなども参拝ついでに署名してくれて、なんとなく和気あいあいの雰囲気です。

向こうから駆け寄ってきて署名してくれる人もいます。

午後からは地域をまわって、後援会員訪問をしました。

老人会の会長さんからは、道路補修の要望も聞きました。

お天気も良かったし、気持ちいい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月21日(月・祝)は“わいわいテニス”です!

3月21日(月・祝)は“わいわいテニス”の日です!

_ol

月曜日が祝日の日に、千早赤阪村の村民テニスコートを貸し切って、わいわいテニスをやってます。

どなたでも参加できますので、腕に覚えのある方、はじめてチャレンジする方、みーんなまとめて大歓迎です。

初心者は元プロテニスコーチがレッスンしてくれます。

経験者はバンバン打ち合えます。

独身者の方は、後で合コンありです。

希望者は、岡田まで連絡ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり中国!⑥ 「学校が美しすぎる」

旅行2日目は、上海市の公立学校の校長先生と対談できました。

国際学力テスト(PISA)で、日本などをはるかにぬいて世界最高位にいるのが上海市です。

どんなエリート教育(?)がされているのか、直接聞くことができました。

中国でも、市ごとに多少の取り組みの違いはあるけれども、学級編成や内容は日本とよく似ていました。

週休は2日、授業時間は朝8時15分から午後3時半まで、授業は35分単位です。

学校給食は自校方式ですが自宅に食べに帰ってもいいそうです。

弁当は食中毒事故などの管理ができないため禁止だそうです。

学校の先生は5時を過ぎると家に帰ります。

日本では先生の長時間労働が問題になっていることを伝えると、「理解できない?」とのことです。

「成績順位がはりだされるの」の問いには、そんなことしたら大変なことになりますとのことです。

塾に通う生徒は少ないそうです。

学校の成績だけでなく、人間性を育てることが大事で、課題だと考えているとも。

なんだか、ほとんど日本と同じようです。

でも、はっきり違いがありました。

公立学校がとてもきれいなことです。

10

11

これはお隣、蘇州の公立学校です。

お金持ちの私立学校ではありません。

グラウンドはラバー仕上げで、けがもしにくいそうです。

今の中国の人が、日本の雨漏りする校舎や、汚いトイレを見たらびっくりするかも。

社会として子供を大切にしているようでした。

経済と教育ではどうやら中国のほうがリードしているようです。

びっくり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり!中国⑤ 「町がきれい」

上海で驚いたことは、町がきれいなこと。

表通りなどは特にきれいで、ゴミひとつ落ちていません。

5

早朝には清掃の人が区画ごとにくりだして掃除をしています。

6

そして、花などもたくさん植えられています。

7

たくさんの人が働いていました。

雇用もいっぱい、という感じです。

8

ホームレスのような人も一人見かけました。

9

雇用も失業も共存しているようです。

美しすぎるこのあたりでしたが、早朝不思議な光景も見ました。

通勤を急いでいるようなOLがバナナを食べながら歩いていました。

すると、食べ終わったバナナの皮を、このピカピカの歩道にポイと投げ捨てるのです。

えー!

ここに捨てるか!

町とモラルのアンバランスです。

ところが、5分ほど散歩してここを通ると、あのバナナの皮がもうありません。

さっきの清掃員さんがきれいにしたそうです。

多すぎるかの雇用が、悪いマナーをカバーしていたのです。

不思議の中国でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり中国!④ 「バイクはみんな電動!」

上海の空はやっぱりPM2.5。

4

昔の高度成長期の日本のような「スモッグ」状態の空です。

マスクをするほどではありませんが、気にはなります。

車やたくさんのバイクが走っていますが、何と、ほとんどのバイクが電気で走っています!

何にも音がしません。

20台に1台くらいが、排気音がするバイクです。

大型バスにも電動車がありました。

日本では見たことがない光景です。

自宅で充電するそうです。

また、音もなく走ってくるので、また歩行者のギリギリをすり抜けてくるので危ないです。

車もバイクも人間も、とにかく入り乱れて行き交うので、道路の横断も命がけです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり中国③ 「ベンツがいっぱい!」

中国で驚くのはベンツが多いこと。

私たちを案内してくれた、ミスター朱さんもベンツ。

36歳です。

中国では30代から40代が最も稼いでいる世代だそうです。

中国の高度成長をつくりだした世代です。

タクシーはフォルクスワーゲン社製が多く、レクサスやあらゆる高級車が普通に走っていました。

しかも、日本のような軽自動車はありません。

小さい車が走ってないんです。

3

ミスター朱のベンツは暗くなるとドアを開けると、足元がベンツのマークで照らされます。

ドアの下にこんな照明が仕込まれています。

こんなん、見たことない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり中国!② 「高速道路は片側4車線で無料」

中国で驚くのは交通事情。

上海市内の高速道路はすべて無料です。

しかも、片側4車線で広々してます。

2

上海市を出て、都市間を結ぶ高速道路は有料です。

阪神高速が無料で、名神が有料という感じです。

しかもトラックは別の道路を走るため、1台も出会いません。

電車には乗りませんでしたが、車の為の道路はすごく整備されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり中国!①  「建築ラッシュ」

4日間だけ、中国に行ってきました。

上海と蘇州です。

企業家の友人と中国人の友人と3人、現地では中国人の親戚に案内してもらいました。

驚きの連続です。

日本のマスコミの報道に「まんまとだまされてた」という感じです。

テレビと現実は大きく違ってました。

できるだけリアルに、びっくりしたそのままを報告します。

視察ではなく、プライベートの旅行です。

現地の校長先生との対談と、見たいところだけ、食べたいところだけの超特急旅行でした。

都市部の一部を見ただけですので、全体はわかりませんのであしからず。

驚き①【中国は建築ラッシュ!】

1

あらゆる所に建築中のビルやマンション群が林立しています。

「中国のバブルははじけそう」って、誰が言ったの?

中心部でもあらゆる所で建築工事がすすんでいて、PM2.5なのか、土埃なのか、黄砂なのかわかりません。

人口の増加を都会が呑み込んでいく様相です。

東京や大阪をはるかに超える近代ビル群が林立していました。

経済の急速な発展には圧倒されます。

一番の驚きでした。

次回から続いて、シリーズでお伝えします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後援会の「早春のつどい」に170人が参加

富田林市民会館で、日本共産党富田林後援会主催の『早春のつどい』がありました。

170人の参加で会場は満員御礼。

たつみコータロー参議院議員の講演、フルート・寸劇・ダンスなど、軽食付きで楽しませてもらいました。

Photo

Photo_2

いよいよ7月が参議院選挙です。

戦争法廃止の署名と、わたなべ結さん必勝のお願いをさせていただきました。

それにしても、田平議員出演の戦争法の寸劇は上出来でした。

出演者の皆さん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知人の自民党元第一公設秘書が不審死しました

自民党やまだ賢司代議士の第一公設秘書をしていた野田哲範さんが、不審死しました。

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201602/0008799258.shtml

彼とは昔、不動産の仕事で知り合いました。

危ない橋をわたり、政治が好きな人物でした。

裏の世界にどっぷりつかっていきました。

長い間付き合いはありませんでしたが、国会議員の秘書となり活躍していたようです。

しかし、昨年からこの議員の告発をはじめ、買収・収支報告書不実記載・政党支部から1000万円の献金還流、秘書給与不正など次々と、ブログで暴露をしました。

http://ameblo.jp/fp-noda/entry-12125715963.html

これは彼自身も危なくなるような内容でした。

★★★以下彼のブログより

不正はよくない。

だから自分が罪に問われても不正は正すために検察に行こうと思うが、何故この事をブログにアップしたかと言うと私には時間がない。

検察に任せてる時間がないのだ。

そんなアクドイ人間が国会議員でいいのだろうか?

ただそれだけだ。

世間がそれでもいいんだ!と言うならそれでいいのだろう。

ここでは書けないが、この人物相当なもんだぜ。

とにかく、私には自分に残された時間が余りにも短すぎて結末を見届ける事はできないと思う。

だから正義感をもった世論にこのこと事は託くそうと思う。

☆☆☆

どう考えても自殺とは思えない不審死です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西駅前の歩道拡幅工事が始まりました

川西駅東側交差点付近の、歩道拡幅工事が始まりました。

Photo

従来の歩道は1mの幅もなく、雨の日などは傘をさした歩行者同士がすれ違うこともできませんでした。

居酒屋彦べえ前あたりは特に狭く、住民の皆さんから改善の要望がありました。

大阪府の土木事務所に何度か交渉して、歩道の拡幅を要請していました。

駅前交差点の改良工事で、車道だけではなく歩道の拡幅を要望して、それが実現しました。

これで雨の日も安全に利用してもらえます。

土木事務所の皆さん、ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第59回南大阪駅伝を走ってきました

今日は南大阪駅伝がおこなわれました。

私は、富田林の市議会議員チームのアンカーで出場しました。

Imag2764

左から、川谷・山本・尾崎・岡田・辰巳・南斎議員です。

PLの構内を周回するコースでした。

9時からの開会式は雪が降ってきましたが、第1走者が走るころにはお天気も回復しました。

最速の尾崎議員が第一走者でキロ4分台の快走を見せましたが、それでも全体の後ろのほうでした。

レベル高ーい!

ひょっとしたら、最下位になるかもと心配しましたが、私がタスキをもらった時にはまだ後ろに何チームか残っていました。

何とか3人を抜いてゴールできました。

1454848888907

無事、全員で完走できてよかったです。

レース後のご苦労さん会では、みんな大満足で、来年の市民マラソンや大阪マラソンに全員出場しそうな勢いでした。

大会関係者の皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活と健康を守る会のバスツアー  『八風の湯』

生活と健康を守る会のバスツアーで和歌山の『かつらぎ温泉・八風の湯』に行ってきました。

送迎バスがかつらぎ町の温泉から無料でやってきます。

温泉は源泉かけ流しで、施設は古い酒蔵を改築したとかでいい感じです。

ゆっくり温泉に入って、食事とカラオケ、帰りはやっちょん広場でお買い物でした。

カラオケでは河内音頭の本物の歌い手さんの会員さんが歌ってくれました。

点数は何と、992点(1000点満点)です!!

すごいもの見ました・・・。

さすが。

八風の湯の売店におかれている商品は、ここでしか手に入らないものなど、なかなか楽しい品ぞろえでした。

Photo

「完熟トマトサイダー」「幻の芋サイダー」「紀州モモ酒」「ヒマラヤ岩塩」を買ってしまいました。

Photo_2

ピンクのトマトサイダー、おいしかったです!

いい温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300グラムのステーキランチが1200円!  『いきなりステーキ』

300グラムのステーキランチが1200円。

男の立ち食いステーキです。

Photo

最近あちこちにでき始めたお店、『いきなりステーキ』。

分厚いお肉にかぶりつきたいとき、ここはお手頃です。

女性にはちょっと無理かも。

立って食べます。

ボリュームたっぷり。

服に、においが付きます。

でも、お得感は満点です。

Photo_2

天王寺をお昼に通過するときは立ち寄ってしまいます。

以前は新世界のホルモンうどんにはまっていましたが、おひとりランチのお気に入りが増えました。

お昼には行列ができていました。

Photo_3

ガッツリいきたい人は、行ってみてください。

アポロビルの隣にありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪民主新報に、「富田林西口駅の無人化問題」が取り上げられました

今週の大阪民主新報に、「富田林西口駅の無人化問題」が取り上げられました。

_0001

富田林西口駅は2年前から、夕方5時から翌朝の7時半まで駅員さんのいない無人駅になってしまいました。

夜、ホームから線路に転落して動けなくなった人が、駅員さんがいないためレールの上から携帯電話で家族に連絡して、救急車で運ばれて助かったという事故もありました。

近鉄電車は経営難を理由に駅員を減らすといっていますが、あべのハルカスに投入する資金のほんの一部を回すだけで、解消できる問題です。

乗客の命と利益のどちらを優先するのか、国の規制も含めて問われるところです。

2月18日には近鉄電車の本社との交渉を行います。

国会議員団にも対策を求めているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »