« いよいよ総選挙です! | トップページ | 大阪府との府営住宅交渉の報告会をやりました  楠町 »

危険な水路にコンクリートのふたができました    若松町

若松町の新堂小学校の正門前には水路に鉄板が敷かれています。

Photo

この上を車が通るとガッシャーンと大きな音がして、近所の住民が困っていました。

そして右端は鉄板が短くて、車が時々脱輪してしまいます。

住民の方と一緒に道路交通課に対策をお願いしていましたが、水利組合との協議もうまくいき、コンクリートで丈夫なふたが設置されました。

Photo_2

鉄板の音もなくなり、車の脱輪もなくなりました。

市の迅速な対応、ありがとうございました!

|

« いよいよ総選挙です! | トップページ | 大阪府との府営住宅交渉の報告会をやりました  楠町 »

相談活動」カテゴリの記事

若松町」カテゴリの記事

道路や交通、水路の問題」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。 エマですが。今回の選挙の件で。
母は93歳になり、足が不自由ですが障害者ではありません。
私と同居で施設にも入っていませんが、投票に行くのが困難なので市の選挙管理委員会に連絡し、郵便投票ができないものかと尋ねたところできない、との回答。
お年寄りで足の不自由な方は多いはずだと思います。 そう言う方たちで付添いがない場合はと票に行けなくなる。 これは問題かと思うおですが、いかがでしょうか?

投稿: エマ | 2014年12月 1日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507683/60729213

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な水路にコンクリートのふたができました    若松町:

« いよいよ総選挙です! | トップページ | 大阪府との府営住宅交渉の報告会をやりました  楠町 »