« 「通天閣、ちっちゃ!」  ハルカス展望台 | トップページ | 台風18号無事通過 災害対策本部解散しました »

「高校3年生の子供に、進学のための奨学金を借りたいのですが?」

「高校3年生の子どもが進学するのに奨学金を借りたいのですが?」

と母子家庭のお母さんから、問い合わせがありました。

奨学金の貸し付けは主に3つの制度があります。

1、日本学生支援機構奨学金(高校進学なら育英会奨学金)

2、富田林市生活福祉資金貸付制度(教育支援費)

3、母子福祉資金貸付制度(修学資金)

それぞれに貸付資格条件や貸付額、利子や保証人の条件などが異なります。

所得が高すぎても、返済能力が低すぎても借りれない場合があります。

審査を通れば、最高で入学金50万円、月額貸与で6万円以上借りることができます。

しかし、必ず返済しなければならないので、社会人になって総額400万円を超える借金をいきなり背負うことになります。

先進国では、学費は無料か給付型(返済しなくてもいい)の奨学金制度が充実していますが日本は遅れています。

親の口座に入金されていた奨学金を親が使い込んでしまったとか、奨学金の返済のために夜のアルバイトで若い女性が働いていたりします。

私たちは国に、給付型の奨学金制度の創設を求めていますが、自公政権の答えは「NO」です。

まずは無利子で借りれる貸付制度から検討してください。

奨学金制度はなかなか複雑ですので、まずは市役所の「教育指導室」(市役所の3階)で相談してください。

どの制度を使ったらいいのか、親切に相談にのってもらえます。

★富田林市役所教育指導室 0721-25-1000(内線363)

|

« 「通天閣、ちっちゃ!」  ハルカス展望台 | トップページ | 台風18号無事通過 災害対策本部解散しました »

質問に答える」カテゴリの記事

学校や教育の問題」カテゴリの記事

生活相談から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「高校3年生の子供に、進学のための奨学金を借りたいのですが?」:

« 「通天閣、ちっちゃ!」  ハルカス展望台 | トップページ | 台風18号無事通過 災害対策本部解散しました »