« 2中のフェンスの落書きが見苦しいです | トップページ | ブルーマロウとほっこりランチ  ほっとスペース『ここあ』 »

友人が「オレオレ詐欺」で400万円やられました  本当の話!

今日、富田林市役所から各町会に「還付金サギが発生!」の回覧板がまわります。

富田林市で事件が発生したそうです。

私の友人も(夫婦とも教員)400万円の振り込み詐欺の被害にあいました。

あれだけマスコミで報道されていて、おまけに二人とも教員で、判断能力は高い人のはずです。

それが、やられました。typhoon

話を聞いてみると、実によく出来ています。flair

私でも引っかかるかもしれないと思いました。down

「オレオレ詐欺」は進化しています。sign03

事件は母親への電話から始まります。

「弁護士ですが、お宅の息子さんが交通事故を起こされました」

「息子さんにかわります」

泣きじゃくった声で、

「お母さん!事故を起こしてしまった。えらいことした。妊婦さんや。助けて」

話しかけても、泣いています。

そして、弁護士が、

「息子さんの将来のこともありますし、400万円で示談するようにすすめています」

「今日中に振り込めば了承してもらえることになりました」

「直ちに事故処理にあたります」

と振込先とリミットを指定され、電話が切れます。

母は、すぐに父親に連絡をとります。

「それは、振り込み詐欺やろ!」

「本人に電話して事情を確認しなさい」

母は息子の携帯に電話します。

しかし、何度かけても話し中です。

事故の処理などであちこちに電話しているのか?

こんなに話し中が続くことはありません。

よっぽどのことが起きているのかも。

あれは息子の泣き声かも?

いい会社に就職して、順調に頑張っていたのに。

この子の将来はどうなるのか。

急きょ帰宅した父親も、息子に連絡を取ろうとしますが電話がつながりません。

会社には知られず、ことを収められるなら・・・・・。

しかし、サギかもしれない。sweat02

でも、息子には何か重大事が起こっている。sweat01

結局二人は、銀行のATMに行き、

「これがサギなのか確かめられないけど、後悔はしないね」

と言って、二人で400万円の振り込み「確認」キーを押したそうです。

400万円は消えてなくなりました。

その時息子さんはどうしていたのか?

同時刻、携帯電話にワン切りの無言電話が何回もかかってきます。

誰かのいたずらと判断し、仕事の支障になるので電源を切ってしまったそうです。

親からはつながらないはずです。

犯人はなぜか、実家と息子の両方の電話番号を知っていたのです。

親が確認できないように、ワン切り攻勢で通話を妨害します。

そして、この話し中がよけいに不安と信憑性を増幅させます。

母親は、息子の普通の声ならわかるけど、泣きじゃくる声は聞いたことがないし、最後まで判断がつかなかったそうです。

このサギは両方の電話番号を知っていたことで成立する、巧妙な劇場犯罪です。

しかも、この家は400万円なら払えるお金はあります。

息子の会社には問い合わせしたくない。

など、いくつかの条件が重なりました。

100件もかければ、1件はヒットするかもしれません。

自分の知人が、しかも賢い二人が・・・・・。

警察には届けたそうですが、

「絶対に公表しないでください」sad

とお願いしたそうです。

もちろん、犯人は捕まっていません。

ご注意を。

B1_2

|

« 2中のフェンスの落書きが見苦しいです | トップページ | ブルーマロウとほっこりランチ  ほっとスペース『ここあ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らしの便利メモ」カテゴリの記事

相談活動」カテゴリの記事

コメント

ご本人に、確認の電話をする。

おばあちゃんの旧姓を、言ってもらう。
(お母さんの旧姓より、確実)

息子さんや娘さんとは違う名前を「〇〇ちゃんかい」と言い、乗ってきたら詐欺。

小学校の時の担任の先生の名前(フルネーム)を、全員言ってもらう。
など、対処法があります。
 

投稿: | 2013年1月21日 (月) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507683/56555109

この記事へのトラックバック一覧です: 友人が「オレオレ詐欺」で400万円やられました  本当の話!:

« 2中のフェンスの落書きが見苦しいです | トップページ | ブルーマロウとほっこりランチ  ほっとスペース『ここあ』 »