« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

すごい村長さんがいたもんです! 国歌・国旗と原発への見識

長野県中川村の曽我逸郎村長さん。

議会での、国歌・国旗と原発についての答弁が話題になっています。

こんな答弁ができる首長がいるなんて、感服しました!

転載しますので、見てください。

diamonddiamonddiamond

中川村議会6月定例会で、高橋昭夫議員から、「国旗と国歌について村長の認識は」という一般質問を頂いた。
 一問一答方式のため、受け答えはやりとりの流れに応じた“アドリブ”になっていき、正確に再現することは難しいので、頂いた通告と私の答弁原稿を以下に掲載する。

<一般質問通告>
 小・中学校の入学式や、卒業式の席で、村長は(壇上に上る際、降りる際に)国旗に礼をされていないように思います。このことについて村長のお考えをお聞きしたい。

<答弁原稿>
 たいへんありがたい質問を頂戴しました。ご質問の件については、村民の皆さん方の中にも、いろいろ想像して様々に解釈しておられる方がおられるかもしれません。説明するよい機会を与えていただきました。感謝申し上げます。

 私は、日本を誇りにできる国、自慢できる国にしたいと熱望しています。日本人だけではなく、世界中の人々から尊敬され、愛される国になって欲しい。
 それはどのような国かというと、国民を大切にし、日本と外国の自然や文化を大切にし、外国の人々に対しても、貧困や搾取や抑圧や戦争や災害や病気などで苦しまないで済むように、できる限りの努力をする国です。海外の紛争・戦争に関しても、積極的に仲立ちをして、平和の維持・構築のために働く。災害への支援にも取り組む。
 たとえて言えば、日の丸が、赤十字や赤新月とならぶ、赤日輪とでもいうようなイメージになれば、と思います。
 世界中の人々から敬愛され信頼される国となることが、安全保障にも繋がります。

 これは、私一人の個人的見解ではなく、既に55年以上も前から、日本国憲法の前文に明確に謳われています。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 そして、憲法前文は、次のような言葉で締めくくられています。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

 しかし、現状はまったく程遠いと言わざるを得ません。日本国は、名誉にかけて達成すると誓った理想と目的を、本気で目指したことが、一度でもあったのでしょうか。

 東京電力福島第一原発による災害では、国土も、世界に繋がる海も汚染させました。たくさんの子ども達が、かつての基準なら考えられない高汚染地域に放置されています。そしてまた、安全基準も確立しないまま、目先の経済を優先して、大飯原発の再稼動を急いでいます。放射性廃棄物をモンゴルに捨てようとしたり、原発の海外輸出まで模索しています。
 明治になって日本に組み入れられた琉球は、抑止力のためという本土の勝手な理屈で多くの米軍基地を押し付けられ、さらにまた美しい海岸をつぶして新たな米軍基地を造ろうとする動きがあります。イラク戦争に協力し、劣化ウラン弾で子どもたちが苦しめらることにも、日本は加担しました。兵器輸出の緩和さえ模索しています。
 他にも、福祉を削り落として、貧困を自己責任に転嫁するなど、言い出せばきりがありません。ともかく今の日本は、誇りにできる状態から程遠いと言わざるを得ません。

 しかしながら、誇りにできる状態にないから、国旗に一礼をしない、ということではありません。完璧な理想国家(twitterで誤字を指摘頂いた。多謝)はあり得ないでしょう。しかし、理想を目指すことはできる。しかし、そのそぶりさえ日本にはない。それが問題です。
 
 もっと問題なのは、名誉にかけて誓った理想を足蹴にして気にもしない今の日本を、一部の人たちが、褒め称え全面的に肯定させようとしている点です。この人たちは、国旗や国歌に対する一定の態度を声高に要求し、人々をそれに従わせる空気を作り出そうとしています。
 声高に主張され、人々を従わせようとする空気に従うことこそが、日本の国の足を引っ張り、誇れる国から遠ざける元凶だと思います。
 人々を従わせようとする空気に抵抗することによって、日本という国はどうあるべきか、ひとりひとりが考えを表明し、自由に議論しあえる空気が生まれ、それによって日本は良い方向に動き出すことができるようになります。
 人々に同じ空気を強制して現状のままの日本を肯定させようとする風潮に対して、風穴を開け、誰もが考えを自由に表明しあい、あるべき日本、目指すべき日本を皆で模索しあうことによって、誇りにできる日本、世界から敬愛され信頼される日本が築かれる。日本を誇りにできる国、世界から敬愛される国にするために、頭ごなしに押しつけ型にはめようとする風潮があるうちは、国旗への一礼はなるべく控えようと考えております。

<以上、初回答弁の原稿>

<一問一答のやりとりの最後(要旨)>
Q:村長は子供たちが国旗に礼をしないようになる方がいいと考えているのか?
A:教育内容について行政から口を挟むことは控えるべきだと考える。なにをどう教えるかは、教育委員会の管轄である。国旗に対して、どういう態度を取るべき、とか、取るべきでない、とか、これまでも申し上げたことはないし、今後も申し上げるつもりはない。

<新聞記者(信濃毎日新聞、長野日報)との取材でのやりとりの最後(要旨)>
Q:子どもたちには、どうあって欲しいと思っているのか?
A:いろいろな人がいて、いろいろな考え方があるのだな、と感じてもらえれば嬉しい。その上で、自分はどう考えるのか、じっくり検討して欲しい。こういう態度を取らねばならないと、ただひとつの形しか提示しないのは問題。型にはめようとするのはよくない。「まぁ、この場は空気を読んでこう振る舞うのが大人だし…」というような対応を積み重ねた結果、曾て、場の空気に絡め取られ戦争に向けて後戻りできない状況に陥り、後悔したのではなかったか。どういうものであれ、自分の感じ方、思いを気安く表明できる「空気」を創っていくことが大事。それによって、互いに議論が深まり、理想の日本、あるべき日本、目指すべき日本が模索され、その結果が皆に共有されていけば嬉しい。

2012年6月12日 曽我逸郎

【 6月18日加筆 】
 思いがけず大きな反響を呼び、驚いています。今日、朝の時点で、役場アドレスには40通のメールを頂いており、一通を除いて、すべて共感・賛同・応援でした。(一通は、「子ども達がかつてなら考えられない高汚染地域に放置されている」とは事実でない。風評被害や差別偏見を助長するので再考と猛省を…との内容⇒これへの反論は下に記載)
 twitterでもフォロワーが二百数十人急増しました。フォロー即ち賛同ではありませんが、多くのtweetにも、攻撃的なものはこれまで私の見た限りひとつもなく、共感の声ばかりです。
 また、多くの方が軋轢を心配して下さいましたが、それも特にはありません(私が鈍感なだけ?)
 地元紙の報道だけをご覧のおふたりから、私の不在中、役場に批判の電話があったそうです。
 それにしても、これだけ反響があったということは、なにか変だと感じつつ、それを口にしにくいもやもやした雰囲気が日本に漂っているということでしょうか。今後とも、言いたい事を言って、言いたい事を言える「空気」を生み出していきたく、みなさんお互い半歩前へ、頑張りましょう。

 『「子ども達がかつてなら考えられない高汚染地域に放置されている」とは事実でない』への反論
 『図解 原発のウソ』(小出裕章・扶桑社)から引用します。p63

 (放射能管理区域は)子どもを連れ込むなんてことはもてのほか。私の実験着が汚れていれば、管理区域の中で捨ててくる。私の手が汚れていたら、もっと洗って、汚染を落とす。水で洗っても石鹸で洗っても落ちないなら、薬品で、手の皮が少しくらい溶けてもいいから落とさなければ、外に出てはいけない。それが放射能管理区域です。その基準はいくつかというと、1平方メートル当たり4万ベクレルです。この数値を超えて汚染をしているものは、管理区域の外側には持ち出してはいけないというのが、日本の法律なのです。もしこれを厳密に適応するなら、福島県の東半分、宮城県と茨城県の南部と北部、栃木県と群馬県の北部、新潟県の一部、千葉県、埼玉県、東京都の一部を放射線区域の管理区域にしなければいけない……途方もない規模の汚染が生じてしまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東条地区でも土地改良区の農地が崩れる 佐備

先日の大雨の被害は、富田林の各地に広がっています。

東条地区の土地改良事業がおこなわれた農地でも、土砂崩れがおこっています。

B1

ここでも復旧の費用負担が問題になります。

この土手は大阪府の土地改良事業で行われた工事でつくられたものでした。

水路へ流れ込んだ土砂の撤去と水路部分の補修は市が費用負担します。

しかし、土手の部分は個人地になるため個人負担が原則だそうです。

これは住宅の擁壁の考え方と同じです。

水田の場合は、畦(あぜ)までこわれると水が抜けてしまうので、府の災害対策の適用もあるそうです。

水路の保全を優先して、土手に草が貼りつくように市がネットをかける場合もあるようですが、各課の調整が必要です。

小規模災害の場合は個人地の復旧は自己負担となっています。

災害復旧のための資金貸し付けの制度も、災害救助法が発動される場合しか適用されません。

災害被害の救済制度の確立が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの飛び出しで事故のあった三叉路に、カーブミラーが設置されました 本町・常盤町

常盤町のNTT裏の道路に、住民の方からカーブミラーの設置要望がありました。

細い路地から自転車が坂道を飛び出して、連続して車と接触しました。

町会長さんの賛同もいただき、道路交通課に要望書を提出しました。

B7

市の職員がすぐに現地を確認。

先日、新しいカーブミラーが設置されました。

B8

どちらの方向からでもよく見える、2枚のミラーが設置されました。

道路交通課の迅速な対応、ありがとうございました。

寺内町あたりは古い路地が多く、車も狭い道を通り抜けていきます。

危険個所があれば、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨で民家の擁壁が、お隣に崩れ落ちました 桜ヶ丘町

東板持町の大規模な擁壁崩落がテレビで報道されましたが、市内各地で他にも豪雨による被害が出ています。

桜ヶ丘町でも民家の擁壁が、お隣に崩れ落ちる被害がありました。

【桜ヶ丘町の崩落現場】
B1

民地間のやり取りになるということから、市はとりあえず近隣土木業者を紹介し、業者によりがれきの撤去と応急の土留め処理がおこなわれました。

この場所の擁壁は水抜きが機能しておらず、大雨により逃げ場を失った雨水が擁壁を圧迫し、22日の午後1時20分に隣家に崩落しました。

桜ケ丘町では他でも、空き家になっている民家の擁壁が危険だとの住民からの指摘箇所があります。

別の危険個所は、擁壁の下部が破損しているため雨水はそこから流れ出して、今回は難を逃れたようです。

しかし、いずれ軽度の震災でも崩落の心配があります。

現在は個人財産(擁壁など)は、災害の危険個所と思われても予防のための公的な救済制度がありません。

火災保険も家屋や門扉の被害は補償しますが、擁壁は対象となりません。

また、被災した場合は「災害援護資金」の貸付資金の制度があり、最高350万円までの貸付がありますが、今回は「災害救助法」が適用される災害ではないため貸し付けもありません。

違法建築や、不良工事がおこなわれていても、住民には知らされておらず責任はありません。

公的な援助が必要です。

必要性も疑問視されている八ツ場(やんば)ダムが5047億円をかけて、ゼネコンのために工事が再開されることになりました。

これを国民のために使うならば、500万円をかけた危険個所補修が1万件も実施できます。

国や自治体の新しい救済制度の確立が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保母さんたちのお薦めランチその2 『KICHEN おん』

保母さんたちのお薦めランチその2です。

またまた、錦織南にある『KIDHEN おん』のヘルシーランチです。

B1

さて、今週のランチは。

週替りメインは海老マヨねぎ春巻きと豚の紅茶煮。

定番は煮込ハンバーグ。

前菜は生春巻、肉味噌きゅうりボート、切干大根とベーコン、ポテサラカレー風味、山芋明太、コリアン冷奴、茄子とめかぶ、れんこんのきんぴら、セロリとごぼうのスープがついてます。

ヘルシー&ボリュームたっぷり、少しずつたくさんの品を食べられます。

【前菜】

B2

【メインは下の2種から選択です】

B3

B4

これで980円です。

手作りのパンも別売で並べられています。

お昼は女性客でいっぱいでした。

感じのいい親子が、頑張っています。

『KICHEN おん』 富田林市錦織南1丁目13-3
               ℡ 0721-24-0100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランドゴルフで自治会交流会! イトーピア金剛東

今日は朝から、私の住むイトーピア金剛東で自治会主催の『グランドゴルフ交流会』がおこなわれました。golf

第2中学校のグランドを借りて、約20人が参加しました。

最近は『グランドゴルフ』が大流行だそうです。

初体験でしたが、面白かったです。sign01

おまけに、アンダー5のスコアで大満足。sign03

ルールはゴルフとほぼ同じです。

子供も高齢者も一緒に楽しめました。

新品の道具(クラブ・ボール・旗とホール・マーク用コイン・スコアカード)は全部体育館で無料で貸し出しています。flag

ボールは転がすように打ちますが、カチーンといい音がして気持ちいいです。impact

賞品はありませんでしたが、ドリンク飲み放題です。

どんな広場やグラウンドでも、コースは自分たちで設定できます。

梅雨の合間の気持ちのいいお天気で最高でした。sun

日ごろお付き合いの少ないマンション住民同士ですが、たった1日で親しくなれました。

小学生とも一緒のチームになり、1日で上手になっていくのをみて、ちょっと感動。

自治会役員のみなさん、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な三叉路にカーブミラーが設置されました 若松町

新堂小学校の南側にミニ開発の住宅ができています。

ここから小学校前の通りに出る三叉路は、右側から来る車が見えにくく事故が心配されていました。

B1

住民の皆さんからカーブミラー設置の要望があり、町会長さんの同意をいただき市の道路交通課にお願いをしていました。

先日、電柱に大きなカーブミラーが設置されました。

B3

このミラーで見えなかった右側先の交差点まで見えるようになり、安心して通れるようになりました。

道路交通課の皆さんの迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林市内に大雨被害 東板持で擁壁が崩れる

昨夜からの大雨で富田林市内各地に大きな被害がでました。

大雨洪水警報が発令され、市内に開設された4カ所の避難所(彼方保育園・初芝富田林高校・第3中学校・富田林支援学校)に、27世帯59人のかたが避難されました。

市役所では災害警戒本部がおかれて「A号配備体制」がひかれました。

100人を超える市職員が避難所の設営など徹夜の警戒にあたりました。

小規模ながけ崩れが各所で発生し、横山・青山台地区に避難勧告が、東板持地区に避難指示が発令されました。

22日午前1時17分に東板持で、民家の擁壁が崩落し、道路をふさぎました。

B5

幸いけが人はありませんでした。

現場では現在通行のためのがれきの撤去がおこなわれています。

新たな崩落を防ぐ、応急処置の準備がすすんでいます。

富田林市内の全域では、山間部などで小規模のがけ崩れ、土砂による道路の寸断などがありました。

天候は回復しましたが、引き続きご注意ください。

職員のみなさん、ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回大阪マラソン抽選、「ハズレ」でした

去年6月からジョギングをはじめて、1年になります。run

11月には富田林市民マラソン(10km)に出場。

今年はフルマラソンデビューめざして、第2回大阪マラソンを申し込みました。

昨日、「ハズレ」の通知がメールでありました。sad

一気にテンション下がる。down

残念半分、ほっとした半分。

ぎっくり腰対策で始めたランニングですが、いまではすっかりはまってます。

忙しくなると10日ぐらい空いてしまいますが、走るときは10km位のランです。

1年たって体は、ランニング体質に変わってきました。fuji

【走り始めてよかったこと!】

1、ぎっくり腰がなくなった

   年3回くらい突然見舞われていたぎっくり腰。忙しくて20日位走らないと何やら腰に不吉な予感がしてきます。そして、また走りだし絶好調へと戻します。shine

2、体重が変わらずベルトの穴が一つ減りました

   お腹がへっこんだ分、筋肉にまわったはずです。

3、健康診断が楽しみ!

   ガンマなんとか、高脂血症、尿酸値など4つくらいの再検査指示が出ていたのに全部なくなりました。どこまで健康になっていくのかこわい。

4、右目の視力が回復sign01

   これは、ランニングと関係ないかもしれないのですが、スポーツトレーナーについて体の左右のバランスを矯正していたら、悪かった右目の視力が回復し左右の視力が同じになりました。嘘みたいな話ですが健康診断の結果です。

他にもいいこといっぱいですが、走る時間の確保が問題です。

フルマラソンめざして、エントリー先をさがそっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月議会で日本共産党の代表質問をしました

6月19日、私は6月議会で日本共産党の代表質問をおこないました。

全文を掲載しましたので項目をクリックしてみてください。

1、利用者の多い市民プールの復活を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=206&old=0

2、市民の命を守る体制の確立を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=207&old=0

3、中学校給食費を就学援助の対象に
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=208&old=0

4、金剛団地で世代間交流のまちづくりを
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=208&old=0

5、消火栓や防火水槽の充実をもとめて
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=210&old=0

6、通学路の安全対策の強化を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=211&old=0

録画映像も富田林のウェブサイトから見ることができます。

アップされるまで時間がかかりますが、掲載され次第このページにアップします。

【6月議会での岡田英樹の代表質問録画】

※ 後日ここにアップします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林の市民プールが廃止になるの?

3月の市議会に「市営プール廃止条例」が出され、賛成多数で可決されてしまいました(日本共産党と無所属2名が反対)。

今日の6月議会で、私は市営プールの復活をもとめて日本共産党の代表質問をおこないました。

台風4号の大接近にもかかわらず、傍聴席は満員で、市民のみなさんの怒りや関心の高さをひしひし感じました。poutannoy

【廃止される川西プール】
B1

富田林市営プール廃止の理由は、「プール施設の老朽化で水質基準が確保できず、改修に多大な費用がかかる」というものです。

そして、代替えの経過措置として市内の4つの学校プールを8月6日から18日まで開放するとしています。

そのために改修や警備員の費用2272万円の補正予算が組まれました。

昨年3つの市民プールの補修工事に1245万円使ったところです。

富田林の市民プールは、他市にプールがなかったころに昭和41年に喜志プールが建設されたのをはじめに4か所にプールがつくられ、「子育てするなら富田林で」といわれる、充実した子育て施策の一つでした。shine

利用者も多く、昨年は喜志プールで3494人、大伴で2941人、川西で8388人、金剛で4684人、合計19,507人に利用されました。

それが突然の「廃止」です。sign02

代替えとしてプール開放される学校は、喜志小学校、寺池台小学校、第2中学校、第3中学校の4か所です。

幼児用プールはもちろんありません。down

小中学生以外はプールで泳げません。down

脱衣場にカギもありません。down

開放期間も短く、学校への負担も心配です。sweat02

プールが老朽化すれば、修理をすればいいのです。

いきなり全部廃止とは、言語道断です。

この選択で富田林市は、近隣市の中でただ一つ「市民プールのない市」に転落です。

市民プールが果たしてきた、子育て支援の役割は大きなものです。

若い子育て世代が富田林から流出しており、子供の出生数が10年間で1315人から826人に減少しています。

誰でも利用できる市民プールの復活に向けて、市民の皆さんと力を合わせて全力で頑張ります。scissors

市民団体の間では、市民プールの復活をもとめる署名も準備されています。

暑い夏になりそうですが、住みよい富田林つくりのためひと汗かきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急通報装置の設置が間に合わず・・・・・

若松町でひとり暮らしの高齢者の方が亡くなられました。

喘息の持病があって、ときどき発作がおこる方でした。

夜中に発作が起こって、翌日友人に発見されました。

緊急通報装置の設置を希望されていて、高齢介護課に申請書を提出していたところでした。

B4

この通報装置は緊急ボタンを押すだけで、センターから応答があり、救急や消防に連絡を取ってもらえます。

以前はNTT回線しか利用できませんでしたが、今は他社の回線も使えます。

本体ともう一つペンダント型がセットになっていますので、枕元にも置いておけます。

枕元のボタン一つ押してもらえれば、助かったかもしれません。

65歳以上のひとり暮らしの方には市が無料で設置します。

お気軽に相談してください。

窓口は市役所の高齢介護課です。

0721-25-1000(内線174)高齢介護課まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅前の路地裏ランチスポット お台所カフェ 『すばこ』  河内長野

河内長野駅近くにある、お台所カフェ『すばこ』。

古い民家を改築して登場したお店です。

B1

細い通りに何気なくあるお店です。

中に入ると、小さな庭も見えてほっとします。

B2

ランチは、「ごはんプレート」が900円。
B4

「ミートスパゲティ」が850円です。
B3

ドリンクとデザートがそれぞれ200円です。
B5

2階席もありますがランチ時は、おばさんたちや若いカップルで満員です。

なんだか中途半端だった河内長野駅前ですが、このスタイルは歓迎です。

2台分だけ駐車スペースがあります。

お台所カフェ『すばこ』  http://www.cafe-subaco.com/

     河内長野市長野町4-18 ℡0721-21-4032

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インターネットで真夜中の送金

昨夜は、ネットバンキングを使って真夜中に振込を1件。night

弔電も1件依頼。paper

昼間の窓口でしかできなかったことが夜でも可能になっています。

人を介さずに、現金が動くし弔意も運ばれます。

便利!flair

ブログとフェイスブックとツイッターを使うようになりましたが、こちらからの発信ができて、いろんな人の考えも無限に見ることができます。

インターネット社会は、人の生活も変えていきます。

使いこなせるようには努力も必要。

昨日は回転すしで、隣のおばさんがすし皿のふたの取り方がわからなくて大変。sweat01

タッチパネルの注文もわからない。

お手伝いをしながらお友達に。

デジタル社会で人が分断されているようでも、つながりもできます。

上手に使って、現代を生きていきましょう。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水路に蚊が大発生!  寿町

寿町の住人の方から、

「水路に水草や苔がはえて、蚊が大発生して困ります」

と、相談がありました。

B4

近所にはデイサービスの施設もあり、窓も開けられないそうです。

裏の水路をみると、水の流れも悪く虫が飛びまわっています。

B3

さっそく水路耕地課に相談し、管轄の水利組合に連絡をとってもらい、水路の清掃をお願いしました。

すぐに水路の泥上げと草刈りがおこなわれ、蚊の発生がましになりました。

B6

水路耕地課、水利組合の迅速な対応ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生活保護を受給せずに親子が自殺」 藤沢台

6月1日に、富田林藤沢台で親子が自殺したことが報道されました。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120601-960889.html

報道では、73歳の母親と43歳の息子が所持金も底をついて、電気も止められていました。

訪問した市職員の通報で警察がカギを開けたが、二人はすでに亡くなっていたということです。

私はこの件で各担当課に聞き取りをしていますが、新聞報道以外のことは個人情報としてお伝えできませんので、ご了承を。

近年、高齢者やひとり暮らしの方の「孤立死」が増えています。

自殺もその延長上のことです。

行政でどこまで防ぐことができ、どこまで援助できるのか、その体制の確立が必要です。

今回のことでは私は2つのことが問題だと思います。

ひとつは、人が亡くなる危険性がある最後の信号は、ガス・電気の停止です。

公共料金の滞納は、忘れていたときを除いて生活困窮から来ています。

しかし、2か月以上の滞納が放置されると事業者は供給を停止します。

ライフラインが止まると人は生きてはいけません。

市と事業者は停止情報を共有できていません。

「個人情報保護」を理由に、事業者が停止情報の提供を拒否しています。

もうひとつは、市役所の中でも各課の情報が共有されていないことです。

市税、保育料、水道料金、保育料などの滞納は、各課が掌握していますが、料金請求はしますがケースとして連携して対策をとる仕組みが確立していません。

最大の信号は、ガス・電気の停止です。

市は水道の停止は6カ月くらいまで待ち、最後まで対策をとるようにしています。

厚生労働省からは、『生活に困窮された方の把握のための関係部局・機関等との連絡・連携体制の強化の徹底について』という通達が出されています。

市と事業者の情報の連携と、市役所の内部での滞納情報などの共有でかなりの危険ケースを救える可能性があります。

困っていても、生活保護の手立ても知らない場合もあります。

行政の側から働きかけられる体制の確立が課題だと考えます。

この問題は、私の6月議会の代表質問でも取り上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

急な坂道(生活道路)に手すりをつけてほしい 桜ヶ丘町

桜ケ丘は急な上り坂の多いところです。

この箇所は私道ですが、隣接住民の方の要望書が出され手すりの設置を市に要望されていました。

B3

来年度の予算要望が道路交通課からあげていただきます。

設置実現までしばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本共産党大伴後援会が楽しい総会を開きました

日本共産党大伴後援会は、10日(日)に、楠町集会所で総会を開き57名が参加しました。

「島のブルース」の舞踊でオープニング。

B1

後援会の活動報告と新役員の紹介があり、ためきみひと暮らし生活相談室長と岡田ひでき市会議員が国政と富田林市政の報告をおこないました。

B2

B3

手づくりの食事が用意されてテーブルに分かれて歓談しました。

第2部は楽しい出し物です。河内屋雷蔵さんの落語、大道芸の南京玉すだれ、日本舞踊や二人羽織などで、あっという間の3時間が過ぎました。

B4

総会の後、生活相談が2件あり岡田議員が対応しました。

現在楠町では、2軒に1軒が後援会員です。後援会ニュースも113号まで発行しています。

衆議院選挙勝利に向け、この総会で楽しく意思統一をかためあいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

限定20食の優れものランチ! 『フリースタイル』 錦織

富田林にもいいお店ができ始めました。

昨日保母さん達に、

「ランチがおいしいよ」

と紹介してもらったお店、創作料理『フリースタイル』。

B1_2

店の表はなんだかごちゃごちゃしています。

中に入ると、ちょっとこじゃれていて一安心。

お目当ての“1日限定20食”のランチを注文しました。

オードブル風のプレートとメインのディッシュを1品選んで1050円です。

【1品目のプレート】
B2

10品ありましたが、みんな合格!

【2品目に妻が選択した豆乳のカルボナーラ】B3

【私の選択、スジ肉カレー】
B4

ライスは赤い色した古代米です。

追加メニューのスィーツセット、イチゴのジェラートです。B5

この1000円ランチはお値打ちでした。

何よりうれしいのは、富田林にこんなお店ができたこと。

歩いて通る人もない難しい場所です。

若いスタッフの対応も良く、応援したくなりました。

夜のメニューも楽しみですが、Barとして営業するみたいです。

保母さんたち、いいお店情報ありがとうございました。

また行ってみよっと!

創作料理『フリースタイル』

富田林市錦織南1-13-3 ℡0721-23-7772

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市営西山墓地の照明が復旧しました 新堂

6月議会の質問準備で少しの間、ブログが中断しましたが代表質問が完成しました。

ブログ再開です。shine

先日、市営西山墓地の照明が2基切れていて早朝のお参りの時、暗いとの指摘を受けました。

B1

環境衛生課に連絡するとすぐに現地確認されて、照明灯が復旧しました。

迅速な対応、ありがとうございました。

だんだん暑くなってきました。

近畿も梅雨入りです。rain

田んぼには水がひかれ、田植えの準備が始まりました。

みなさんも、体調などこわさないように気をつけてください。sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巡礼池のフェンスにツタが絡まって、道路の見通しが悪いです 桜ヶ丘町

桜ヶ丘町の“巡礼池”には、子どもが入ったり物が捨てられないように高いフェンスが設置されています。

このフェンスにツタが伸びて見通しが悪くなり、出会いがしらの事故が心配だとの声をききました。

B7

また、池の土手からのびた草や樹木が民家に迫っています。

B1

水路耕地課にお願いして、管轄する水利組合に連絡を取ってもらいました。

水利組合の方で、草刈りなどやっていただけることになりました。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サッカー禁止なら看板で教えてあげて」 錦ヶ丘府営住宅

錦ヶ丘府営住宅の広場のことで、メールをいただきました。

「この前府営の錦ヶ丘で男の子達がサッカーをしていたら、住人の方が『ここでサッカーするな!向こう行け』と怒鳴ってました。
そんなルールがあるなんて知らなくて子供もいきなり怒鳴れてショックを受けていました。
大きい広場とかでボール遊び出来ない所は看板とか出来ないんでしょうか?」

現地を見てみると、3棟と4棟の間に広場があります。

120603_190602

子どもたちが遊べる公園のような場所ですが、位置づけは「避難場所」ということです。

看板が2か所に設置されていますが、いたずらで1枚は字が消えています。

もう1枚には、

120603_190601

こんな内容が書かれています。

町会長さんにお話を聞きますと、この場所で遊んでいた子供のボールが住人の顔面を直撃して負傷され、病院で手当てをうける事故があったそうです。

町会役員の話し合いで、この場所での野球やサッカーを禁止にされたそうです。

メールの件をお伝えすると、

「遊び場のない子供たちにはかわいそうですが、この場所での野球やサッカーは危険です」

「今、看板の新設を申請していますが、サッカーも明記して設置数も増やしてもらいます」

とのことでした。

子どもが遊べる公園は、ほとんどが球技禁止となっています。

ファミコンや学習塾も子供の自由な時間を奪っていきます。

思いっきり体を動かして暴れさせてやりたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »