« 能勢の名品、銘酒『秋鹿』と『でっち羊羹』  | トップページ | 元禄8年創業のお蕎麦屋さん 『ちく満(ちくま)』 »

年金額が変わってないのに、介護保険料が3550円から11740円に!

65歳の方から電話が入りました。

「介護保険料が2月に3550円だったのに今月11740円になりました」

「何で?」

「年金の金額は変わってないのに・・・」

介護保険料が3倍になったという質問です。

この方は他市から転入してきた、今年1月に65歳になられた方です。

高齢介護課に問い合わせると、

「他市からの転入で収入の確定ができなかったため、2月は第2段階の仮算定をして介護保険料の請求をしていた」

「1月に65歳になられて年金額が確定して、第6段階の収入と判定し、差額を3月に納付書請求しました」

とのことです。

収入が第6段階の方は介護保険料は年間61190円、月5099円、2か月に1回の年金支給時に10198円が年金から天引きされることになります。

ご本人は自分の介護保険料が3550円から11740円の3倍になったのかとビックリされたのです。

役所から送った文章には、

「3月分の介護保険料につきまして、前住所への所得紹介の結果、保険料段階が変更になりましたので、変更後の納付書を送付いたします」

としか説明がありません。

これでは、「3倍になった?」根拠がわかりません。

まして相手は高齢者です。

高齢者でも理解できるような文面にしてもらうよう、要望しておきました。

「3倍なったんと違います。損はしてないよ。」に、

「なんとなく解りました」

とのことでした。

わかりにくいことがあれば、皆さんも気軽に質問してください。

|

« 能勢の名品、銘酒『秋鹿』と『でっち羊羹』  | トップページ | 元禄8年創業のお蕎麦屋さん 『ちく満(ちくま)』 »

質問に答える」カテゴリの記事

何だ!この数字」カテゴリの記事

富田林市全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金額が変わってないのに、介護保険料が3550円から11740円に!:

« 能勢の名品、銘酒『秋鹿』と『でっち羊羹』  | トップページ | 元禄8年創業のお蕎麦屋さん 『ちく満(ちくま)』 »