« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

年金削減に、もの申す! 4月から5千円以上の減

年金の支給が5月から0.4%削減されました。

すべての公的年金(国民・厚生・共済・障害・遺族)が対象です。

理由は「物価が下がったから」。

前年比で消費者物価指数が0.4%下がっています。

もともと年金額は、物価が上がっても目減りしないようにする「物価スライド制」をとっていました。

しかし、小泉内閣時代に2004年度に年金制度が改悪され、支給額は物価があがっても据え置き、物価が下がれば減額することになりました。

当時民主党は野党のときには、「国民の不安を増幅するようなことをしてはいけない」と反対していました。

いまでは菅内閣は年金減額を強硬。

その上年金額そのものを抑える「マクロ経済スライド」の適用拡大で、さらなる減額を検討しています。

これ以上、高齢者を苦しめないで!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

指定管理者制度の導入と国保賦課限度額の引き上げに反対 文教厚生常任委員会で

6月議会の常任委員会が始まりました。

きのうは私の所属する、文教厚生常任委員会です。

条例改正で、青少年スポーツホール、総合体育館、テニスコート、青少年教育キャンプ場に指定管理者制度を導入するというは提案です。

「民間活力の導入」の名のもとに、市民サービスの低下や官製ワーキングプアの拡大につながるもので、この条例改正には反対しました。

富田林国民健康保険条例の改正では、賦課限度額の総額4万円の引き上げが提案されました。

国保財政悪化の最大の原因は、国庫負担が1984年に45%から38.5%に減らされたことにあります。

市は一般会計から9億円以上も国保会計に繰り入れしています。

200万円の所得で4人世帯の国保料は年間43万3870円で、府下で6番目に高い保険料となっています。

議会も3月に、国に対して国庫負担の増額をもとめる意見書を採択しました。

最近では、寝屋川市・堺市などでは保険料が引き下げられ、箕面市では民生常任委員会で国保料値上げの補正予算が全会一致で否決されました。

東京の立川市では国保運営協議会が、国保料値上げを見送ると答申を出しています。

公的健康保険制度に入れない人のためにつくられた国保制度が、救済ではなく高すぎる保険料で家計を圧迫しています。

国の責任を追及しながら、医療費支出をおさえる市民の健康増進や、収入を増やす地域振興策など総合的な対策が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はまってます、スタミナホルモン焼きうどん  『ブー太郎』向陽台

向陽台にある、お好み焼き「ブー太郎」。

最近の新メニュー、「スタミナホルモン焼きうどん」に、はまってます。

さて、今日は狭山池のジョギングコースを1周してきました。

当然夜は、生ビールといつもの、

「鳥軟骨のしょう油焼き」
B1

「スタミナホルモンうどん」sign01
B2

牛の油かすとシマチョウが入っています。

このお店でしか食べられない、メニューです。

最後がぶた玉で仕上げ。

鳥軟骨とホルモン焼きうどんは、私のスタミナメニューです。

お好み焼き『ブー太郎』 富田林病院の向かい側
http://r.tabelog.com/osaka/A2708/A270802/27033375/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遮光カーテンでシックハウス 目が痛い!

妻が「目が痛い!」と目薬を買ってきた。bearing

「どうしたんだろう?」

と思っていたら、今度は私の方が眼球に違和感を感じ、瞼(まぶた)が腫れぼったい。

変なものを食べたのか・・・・・・・・。down

思い当ったのが、3日前に部屋にかけた、UVカットの遮光カーテン。flair

カーテンには防炎剤、難燃剤など化学薬品の加工が施されています。

化学物質の測定はできないが、目の痛みの正体がほぼ判明!

新しいカーテンをすぐに外して、パソコン部屋に広げてガス抜き開始。

この部屋に入ると、すぐに目が痛くなります。

カーテンを移動したおかげで、二人とも目の痛みは治まりました。shine

ツンとするにおいもしないのに、強い症状がでるのです。

シックハウス症候群は、新築の家の建材やカーテンなどの化学物質で起こるアレルギー症状です。

気づかないで、頭痛や体調不良を起こしている人も多いはず。

意外な敵がひそんでいます。

カーテンにもご注意をsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議場に同級生が3人も 6月議会から

富田林市の6月議会から、新しく日谷子育て福祉部長が執行部席にすわりました。

花岡生涯学習部長は、富田林高校の野球部の仲間。

二人とも高校時代の同級生です。

議場では議員の私を含め、3人の同級生が同席しています。

二人の部長は高校の時から、まじめで誠実なタイプ。

前の席に座るべくして座る人かも。

そのほかにも、教育長も富高の先輩。

市長公室長付部長は後輩です。

7月には関大校友会の総会があります。

ここにも沖議員や市の職員さんが出席します。

市役所の中には、「学閥?」はありません。

でも、高校や大学の同窓生というだけで、なんとなく親しみを感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、6月議会の代表質問 上原さち子議員

今日から富田林市議会、6月議会の代表質問が始まりました。

日本共産党の代表質問は、上原さち子議員がおこないました。

質問の内容の概要です。

1.防災の街づくりについて
(1)富田林病院を災害時に公的機関として役割を果たせるように市が責任を持つこと
(2)高齢者・障害者施設とスタッフの確保に思いきった対策をとること
(3)けあぱるを、災害時の高齢者の介護拠点施設として位置づけること
(4)非正規職員が約4割も占める本市で「危機管理体制」が機能するのか
(5)自治会や町会、消防団や自主防災組織など地域の団体と、行政との役割分担を明確に、関係者に周知する取り組みを
(6)地域に応じた防災対策を充実させるために、市のイニシアチブで危険箇所を住民とともに点検し、「地域の防災マップ」をつくるとともに避難訓練などの実施を支援すること
(7)「避難勧告等の判断・伝達マニュアル」について、内容、現状と今後の取り組み
(8)防災用品を避難所となる施設、公共施設や協力していただける団体施設に備蓄するなどして分散備蓄を。現在の防災備品の備蓄状況
(9)大阪府に、南河内地域の拠点となるような防災用品の備蓄センターを本市に設置することを求めること
(10)防災の専門職員を配置して体制の強化を
(11)災害時要援護者支援プランの具体的な実施について、「要援護者」として「登録」された人数、「地域支援班」の組織づくりなど、これまでの進捗状況とともに、いつまでに確立するのか
(12)木造住宅密集地での防災・耐震対策の強化をもとめて
①寺内町の伝統的建造物の耐震工事費補助金増額とともに、防火帯や防災・避難広場の設置を
②寺内町以外でも「伝統的民家」の指定制度と、耐震工事への補助金制度の創設を
③木造住宅の密集地に対して、寺内町なみに、消火栓や防火水槽の設置、小型消防放水車の配備、防災空間の確保、地域防災訓練の実施、家屋の耐震・耐火構造の促進を
(13)住宅用火災警報器の設置について、住民負担の軽減策を

2.中学校給食費を就学援助の対象に

3.障害児学童保育を近隣自治体との共同で実施を

4.子育て支援の充実を求めて
(1)富田林病院の産科再開について
(2)子どもの医療費助成制度を中学校卒業まで助成した場合の予算

5.生活つなぎ資金の貸付限度枠を30万円まで拡大することと、せめて10万円までの貸付は無保証人に

6.消防の「広域化」問題について、検討の「中止」を

以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼに、ドジョウと鴨がやってきた!

夕方、駐車場に車を止めようとすると、ペアの鴨が道路を横切って田んぼに入って行きました。

いそいでカメラをカバンから出して、シャッターを押したらこんな写真です。

B1

よく見るとゴイサギみたいな大きな鳥もsign01

きのう田植えの人と話していたら、

「ドジョウが田んぼに帰ってきた」

「久しぶりに見たな~」

と、驚いておられました。

私たちの子どもの頃は、ドジョウやタニシはありふれたものでした。

今ではドジョウは、お百姓さんも驚く存在。

低農薬化農法がすすんで、田んぼにもたくさんの生き物が返ってきたようです。

そして、鳥たちも。

放射能や農薬汚染の心配のない農業。

後継者が安心して従事できる農業。

一歩ずつ前へすすめましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『独身集まれ!テニスと交流コンパ』やります 7月18日(月・祝)

来月7月18日(月・祝)に、『独身集まれ!テニスと交流コンパ』やります。

私が議員になる前から、よく、

「うちの娘をお願いします」wobbly

「うちの社員がまだ独身で」sweat01

などの相談があり、あずかった釣書が山盛りになっていました。loveletter

1対1が大変になり、4対4の合コンになり、その後ごっそりのテニスやバーベキューやマス釣り大会などに進化しました。

今回は千早赤阪村での企画です。shine

以下、案内ビラより、抜粋です。

日時:7月18日(月・祝)

10時~1時 テニスのレッスンとゲーム

1時半~3時半 交流コンパ

場所:テニスは「千早赤阪村村民テニスコート

千早赤阪村東坂255番地の1

   交流コンパは「ウッディハート」で

          千早赤阪村大字千早71        0721-74-0911

 お待たせしました。今年は千早赤阪村でテニス交流です。

 毎年4回くらいある月曜日の祝日に開催予定です。毎回テニス初心者が半数以上ですが、独身テニスコーチが丁寧にレッスンしてくれますのでご安心を。

午後からは、金剛山のふもとにあるレストランの野外デッキを貸し切っての交流会です。

 お気軽に参加して下さい。交流コンパだけの参加もOKです。

 食事代、コート代・賞品代込みで2500円の予定です。

<申し込み先>

 岡田英樹  okada-nets@nifty.com

 ●氏名・年令・居住市・携帯番号・お仕事・テニス歴・ラケット有無などお知らせください

※ 7月2日(土)夜6時から、富田林郵便局となりの居酒屋「りえきち」の2階で準備会をやります。

●雨天の場合でも、交流コンパは決行です。
●18日に電車で来られる方は、朝9時半に富田林駅北側ロータリー集合出発です。

こんな企画です。

周りに、気になる独身がおられたらお誘いください。sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「公園の草刈り、お手伝いします!」 若松町

市営若松住宅に、管理がされていないミニ公園がありました。

草が生え放題になり、ヘビや蚊のすみかになっていました。

B2

住宅整備課で草刈りがされ、フェンスもついてきれいになりました。

B1_2

付近の方から、

「きれいにしてもらって、ありがとうございました」

「また草が伸びてきましたが、草刈りをさせてもらいます」

と、申し出がありました。

担当課から連絡し、協力をお願いすることになりました。

市民の皆さんからの、こんな協力は大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックが横転、分離帯に激突! 309号線

朝、マンションから駐車場に向かう途中、「ガッシャーン!」の大音響。

トラックが横転して、中央分離帯の上で裏返っています。

B1

携帯電話で110番しながら駆けつけると、3台が接触する事故で2人が倒れています。

トラックからは運転者は脱出していましたが、助手席の方がお腹などを打撲。

対向車線を走行していた車にもぶつかり、助手席の女性が動きません。

はじめにトラックと接触したと思われる軽自動車の女性ドライバーは、車から出てきません。

いったいどうやってこんな事故が起こったのやら?

消防車が1番、救急車が2番に到着。

パトカーの到着を待ってその場を離れました。

以前もこの先で、対向車線を飛び越えてきた車に正面衝突されて、幼稚園の先生が亡くなられた事故がありました。

皆さんも車の運転には気をつけてください。

でも、対向車線から車が飛び込んできたら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ、スイスで原発の全廃を決定!

ドイツ、スイス政府が次々原子力発電所の廃止を決定しました。

日本の福島第1原発の事故は、日本では対策が遅れていますが、外国での反応は迅速です。

ドイツ政府は、6月6日に原子力法改正案を閣議決定し、2022年までに原発が全廃されることになりました。

また、原発の代替えとして風力発電などを促進する再生可能エネルギー法案、エネルギー効率のよい送電網を整備する、送電網法案なども閣議決定されました。

スイスでは6月8日に、国内の原発を2034年までに順次廃止する法案を下院で可決、16日には上院で可決される予定です。

日本では国内の電力供給の3割が原子力発電にたよっています。

使用済み核燃料の処理方法がないまま、100万キロワットの原子力発電所からは毎日、広島型原爆の3発分の死の灰が生産されています。

再処理をしても、プルトニウムという長崎型原爆の原料ができて放射能が半減するのに、何万年もかかるそうです。

いま、アメリカと日本の政府がモンゴル政府と交渉し、地下数百メートルの穴を掘って、核廃棄物の処分場をつくる計画を立てていることが発覚しました。

自分の国で始末できないからといって、こんなものを外国の地下に埋め込んで、何万年も先まで責任を放棄するつもりです。

モンゴルの後世の人たちが気付いて、日本にこの物質を送り返してきたらどうなるのでしょうか?

日本共産党は、政府が原発の全廃の日程を決め、電力の供給を自然エネルギー中心に転換することをもとめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PLの塔が半分なくなった!

私の住むマンションからは、PLの塔がよく見えます。

夏の花火の時は特等席です。

朝、ビックリ!

上半分がなくなっています。

B1

よく見ると、雲がかかっているのです。

初めての景色です。

今は梅雨のど真ん中。

付近の田んぼにも水が引かれ、カエルの大合唱が聞こえます。

B2

沖縄ではもう梅雨明け。

みなさん、体調こわさないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ローソンに行きたいけど、車イスでは無理です」 梅の里ホーム

きょう、梅の里ホームとつじやま作業所の見学に行きました。

私のマンションからもパートできている方がいたり、高校の後輩がスタッフにいたりでビックリ。

道路の要望がありました。

この施設から、車イスで外出したいのに道路が悪くて障害者の方では、通れない個所があります。

B2

アミューズのパチンコ屋さんから外環状線に抜ける細い道です。

B1

途中までがアスファルト舗装で、真ん中部分が舗装のない、でこぼこ道です。

この道路の所有者から調べてみます。

個人の所有地だと難しいかもしれません。

農道や里道かもしれません。

調べてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校の給食施設で被災者に食事を提供 福島県相馬市

東日本大震災による津波で大きな被害を受けた、福島県相馬市では避難所となった学校の給食調理施設を使って、被災者に温かい食事を提供しています。

相馬市では、小中学校の学校給食は自校調理方式を実現していました。

富田林市は前年度に全中学校で自校方式で、学校給食を実施。

小学校は、センター方式です。

日本共産党共産党富田林市会議員団は、市長に「避難所施設となる学校に給食の調理場所を確保し、小学校の給食を自校方式に」をもとめる要望書を提出しました。

実際に相馬市では、学校の調理施設はお昼は学校給食に、朝と夜は被災者のための食事を提供しています。

地元業者や被災者の仕事づくりにも貢献し、各校の調理補助員として被災者32人を臨時採用しています。

温かい栄養のバランスのとれた食事を提供し、食費は1人当たり1日約900円。

災害救助法の食費1日1010円でまかなえています。

震災対策としても、学校給食の自校方式は大きな役割を果たしています。

引き続き、小学校の自校方式を市にもとめていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『語り継ぐ戦争の記録』(富田林版)が、ウェブサイトで見られます

『語り継ぐ戦争の記録』(富田林版)冊子がつくられました。B1

先日このブログで紹介しました。

他市の方から冊子の内容について、問い合わせをいただきました。

人権政策課に、「市のウェブサイトで見られるようにしてほしい」とお願いしたところ、さっそく実現しました。

PDFなので、ちょっと動作が重いですが、開いてみてください。

『戦後65年 語り継ぐ戦争の記録』http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/section/humanrights/taikennki65.html

人権政策課の早速の対応、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

要望したカーブミラーが設置されました! 桜ヶ丘町

桜ヶ丘町15番に新しいミニ開発の住宅地ができました。

急なのぼり坂の合流点にカーブミラーが設置されました。

B1

町会から要望書を出して、1週間もしないうちの設置です。

早いsign01

B2

コンクリート養生のため、カラーコーンが置かれています。

これで安心して車が通行できます。

道路交通課の迅速な対応、ありがとうございました。goodshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »