« N議員、監査委員の辞職を表明 | トップページ | 歩道が凸凹で危険 国道170号線大阪大谷大学付近 »

危険な歩道に防犯灯が設置されました 外環大阪大谷大学前

国道170号線(外環状線)は、大阪大谷大学(旧大谷女子大)から錦織公園横までの間の歩道は、防犯灯が無く、夜間は真っ暗になる危険な道です。

人の通らないトンネルもあり、犯罪発生の危険性もある場所でした。

富田林市と大阪府に防犯灯の設置を要望していましたが、日本共産党の堀田文一府会議員の協力もあり、トンネル横に明るい防犯灯がつきました。

B1
B2

暗くなってからも高校生など、かなりの歩道利用者があり心配な箇所でした。

大きな照明(ナトリウム灯)ですので、結構遠くまで照らすことができます。

富田林土木のみなさん、ありがとうございました。

|

« N議員、監査委員の辞職を表明 | トップページ | 歩道が凸凹で危険 国道170号線大阪大谷大学付近 »

イトーピア金剛東」カテゴリの記事

桜ヶ丘町」カテゴリの記事

相談活動」カテゴリの記事

道路や交通、水路の問題」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507683/49747603

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な歩道に防犯灯が設置されました 外環大阪大谷大学前:

« N議員、監査委員の辞職を表明 | トップページ | 歩道が凸凹で危険 国道170号線大阪大谷大学付近 »