« 94才の山本運生さん、全国デビュー! 赤旗日曜版10月3日号 | トップページ | 30才以上の独身集まれ! 「テニスと飲み会」やります »

力作でした。 『石上露子の人生と時代背景』

石上露子を学び語る会のみなさんが執筆された、『石上露子の人生と時代背景』を読みました。

B2

全日本年金者組合のメンバーによる、調査研究の成果が山積みの力作です。

富田林の杉山家に生まれた、歌人石上露子。

B1

与謝野晶子と同じ時代に生きた歌人です。

露子の人生と時代背景が地元の人たちによって、研究されました。

いろんなことが書かれています。

大逆事件の弾圧によって、与謝野鉄幹・晶子は戦争賛美の側に転落してしまいます。

石川啄木はこの事件の真相究明のなかで社会主義への共感をつよめます。

竹久夢二は「平民新聞」にさし絵をかき、露子と交友をもちます。

反戦を貫いた露子は、戦後も日本共産党に杉山邸の一部を提供するなど、その信条はゆるぎませんでした。

そのほか、いろんなエピソードも発掘・紹介され、一気に読んでしまいました。

近く、大阪民主新報社が「石上露子を学び語る会」を取材するそうです。

記事にも期待します。

読んでみたい方は、ご連絡下さい。

贈呈本を少しあずかっています。

|

« 94才の山本運生さん、全国デビュー! 赤旗日曜版10月3日号 | トップページ | 30才以上の独身集まれ! 「テニスと飲み会」やります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力作でした。 『石上露子の人生と時代背景』:

« 94才の山本運生さん、全国デビュー! 赤旗日曜版10月3日号 | トップページ | 30才以上の独身集まれ! 「テニスと飲み会」やります »