« 体育館前の歩道が、段差解消してきれいになりました | トップページ | 体育の日 スポーツ公園でテニス! »

『石上露子と日露戦争』、読みました

先日、『石上露子の人生と時代背景』の本を紹介しました。

梅の里の元教員の方を訪問したときに、石上露子が話題となりました。

すると何と、奥様が露子の小冊子を出版されていました。

B1

日露戦争の時代に、非戦論を展開していたのは『平民新聞』だけ。

その初号からの購読者であった露子。

そして、『明星』に、

「みいくさにこよひ誰が死ぬ さびしみと髪ふく風の行方見まもる」

を発表した。

大逆事件のあと、与謝野晶子は戦争賛美の立場をとってしまいますが、露子は最後までかわりません。

こんな歌人が富田林にいたんです。

この冊子では、日露戦争での戦死者の記録や、市内に残る絵画なども紹介されています。

【「別半商店」にあった日露戦争の絵画】
B2

羽曳野には、古代史や竹之内街道の研究家がたくさんおられます。

それぞれの郷土に、それぞれの郷土史家が輝いています。

|

« 体育館前の歩道が、段差解消してきれいになりました | トップページ | 体育の日 スポーツ公園でテニス! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

梅の里」カテゴリの記事

コメント

奥村和子さんの詩集「めぐりあひてみし源氏物語の女たち」は先日読みましたが、なかなかの研究者だと知りました。石上露子に関しても大変な研究者であることを、これも先日知って驚いています。「石上露子と日露戦争」という詩集があることは知りませんでした。こんな大先生がご近所にいらしゃることもつい先日知りました。先日お会いして先生の講演会が近々あることも知りました。なんだか急にたのしい気分になりました。

投稿: マーガレット・アッチャー | 2012年5月 3日 (木) 21時42分

そちら方面はすごい人がたくさんおられますね。

先日の「つどい」の原発問題で、「人類が放射能から遺伝子をいかに守ってきたか」の話は勉強になりました。

これからもよろしくお願いします。

投稿: 岡田ひでき | 2012年5月 4日 (金) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『石上露子と日露戦争』、読みました:

« 体育館前の歩道が、段差解消してきれいになりました | トップページ | 体育の日 スポーツ公園でテニス! »