« 関大校友会富田林支部の総会がありました | トップページ | 新堂小学校前の交通標識が破損しています 若松町四丁目 »

分かれた夫の借金の、返済請求がきた!

先日の生活相談から。

「数年前に離婚した夫が、借りた事業資金を返済できないで、私に返済請求がきたが、支払う義務があるのでしょうか?」。

「私が払えなければ、私の親や兄弟にまで取り立てがいくのでしょうか?」。

という相談がありました。

妻が連帯保証人になっていなければ、夫の借金を支払う責任はありません。

しかし、連帯保証人になっている場合は、離婚したとしても連帯保証人としての責任が残るので、別れた夫が支払不能ということになれば、妻はその支払義務があります。

この方は、借り入れの際の連帯保証人になっていました。

元夫が自己破産などした場合は、連帯保証人の妻が支払わなくてはなりません。

借金の残債は数百万円にもおよび、母子家庭のこの方には返済能力はありません。

この場合は、妻の「自己破産」で返済義務が消滅します。

自己破産とは、「借金額が大きくなって返済の見込みがなくなった時に、裁判所にその旨を申立て、借金を免除してもらう」ことをいいます。

この方の場合は、自己破産によって、失われるものはありません。

そして、連帯保証していない、妻の親や兄弟に請求がいくことはありません。

夫の返済不能が確定しても、心配はありません。

自己破産によって、借金の支払い義務は終わります。

そのときには、弁護士を紹介しますので、ご安心を。

|

« 関大校友会富田林支部の総会がありました | トップページ | 新堂小学校前の交通標識が破損しています 若松町四丁目 »

生活相談から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分かれた夫の借金の、返済請求がきた!:

« 関大校友会富田林支部の総会がありました | トップページ | 新堂小学校前の交通標識が破損しています 若松町四丁目 »