« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

「消費税10%は社会保障のため」 国民だまし、その1 

民主党の菅さんが、「社会保障の財源が10兆円足りないから、消費税を5%ひきあげて10%にする」と言います。

自民党も「消費税10%はうちの党が先だ」と言います。

国民の苦しみをよそに、何言ってるんだろうか、この党は。

この値上げで、平均的4人家族で年34万円の負担増となります。

社会保障が必要な層から、もっとも重い負担で徴収するのが「消費税」です。

21年前に消費税が導入されて、国民が支払った総額は224兆円です。

同時に導入された、大企業の法人税減税は208兆円です。

福祉になんか使われていなかったのです。

全部、大企業の減税の穴埋めに使われたのです。

消費税ができてから、良くなった社会保障は何もありません。

それどころか、自民・公明によって、毎年2200億円ずつ社会保障費は削られました。

そして、今回また民主党が、あらたに消費税の値上げと大企業の法人税減税をセットで提案しています。

今回の大企業減税の財源には9兆円必要です。

それを庶民からまきあげる、10%消費税の値上げ11兆円分でまかなおうというのです。

前の政権は「福祉のために」と、今回の民主党は「社会保障のために」と、同じ手口で国民をだましにかかっています。

減税される大企業から、政治献金もらってる政党は、あきれるくらい同じことをします。

2度も、だまされないように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野良ネコよけに、貝殻が効果あり!

「庭に猫が歩き回ってフンをする」「猫が家の中に入って来て困る」などは、建築後の住宅の相談では難問でした。

薬剤は使いたくないし、ネットは無粋だし、煙草の灰などはいやな臭いがするし、なかなか決定的な解決策が見つかりませんでした。

ありました!

あけっぱなしの旧家の床下に、こんなものが。

B1

これはアワビの貝殻だそうです。

カラの内側は真珠のように、きれいに光ります。

猫はこの光り方が嫌いなようです。

この家は、玄関の上がり框(かまち)と裏庭に、アワビの貝殻を置くようになってから、ノラ猫が来なくなったそうです。

お困りの方は、一度試してみてください。

「アワビの貝殻」が問題ですが、すし屋か魚屋さんでもらってください。

気の弱い人は、高くつくかも・・・。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛り上がった、住民交流会 イトーピア金剛東

昨日、自治会主催でマンションの住民交流会がおこなわれました。

自治会・管理組合・修繕委員会・自主防災会のメンバーなど、イトーピア金剛東の住民38名が参加しました。

マンションの集会所で、軽い飲食とテーブルに分かれての交流です。

予定の時間が来ても終わりません。

1時間延長しての、おひらきでした。

大規模改修工事は東側の養生シートも取れて、そろそろ終盤です。

大規模修繕のため、積立金を増額したり、難しい住民合意ものりこえてきました。

アドプトロードの取り組みで、近隣の清掃も自主的に行えるようになりました。

自主防災会が結成されて、出初式に参加したり、要援護者対策も検討しています。

だんだん良くなる、我がマンションです。

交流会のテーブルでもお話は盛り上がり、私と保育園も小学校も同じ人がいたり、教育実習に行った高校の人がいたり、高校の野球部の先輩と一緒にボーイスカウトをやっている人がいたり、新たな発見満載でした。

自治会役員の皆さん、ご苦労様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエー横の、歩道の穴が補修されました

ダイエーと富田林駅を結ぶ歩道がずいぶん痛んでいます。

買い物される方から「穴が開いていて危ない」と連絡をいただきました。

B2_2

さっそく、市の道路交通課に連絡を取って現地を確認してもらいました。

応急処置はすぐに完了しました。

B1

しかし、この箇所は道路が斜めになっており、勾配の下がすぐ踏切です。

危険な場所でもあります。

今年度のうちに、踏み切り前全体の道路補修を検討してもらうことにしました。

「安心、安全の町」に、一歩前進です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福祉会館の危険なポール、補修できました

宮甲田町にある福祉会館の入口の街路灯のポールが腐食していました。

B3

倒壊の危険性もあり、補修を要請しました。

早速、補強工事が行われました。

B4

利用者の方からいただいた通報でしたが、市の迅速な対応ありがとうございました。

B5

高齢者の利用の多い福祉会館です。

これで安心。

お気づきのことがありましたら、岡田まで連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林駅とダイエーの間の歩道に穴があいてます

買い物でダイエーを利用される方からの連絡がありました。

富田林駅とダイエーをつなぐ、踏切前の道路に穴が開いています。

B1_2

B2_2

穴だけでなく、舗装全体ももだいぶ痛んでいます。

この道路は近鉄の所有で、管理が富田林市という変則的な道路です。

自転車や車いすの方も通る場所です。

踏切も近くにあり、危険な個所です。

早速、道路交通課に補修を要請しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な側溝、何とかして 宮甲田町

ウィングヒルズマンションの南側の宮甲田町との境に急な上り坂があります。

ここは道路が細いですが、片側を車やバイクが通ります。

B1_3

しかし、夜は暗くて見えにくい側溝に車がはまったり、バイクが突っ込んだりします。

B2_3

反対側にも側溝がありますので、近所の方は「この溝はないほうがいい」と考えています。

道路交通課と対策を検討します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨が降ると歩道が水浸しです 

きのうで文教厚生常任委員会の質問が終わりました。

議会開催中は質問の準備で、ブログの更新の時間がとりにくくなります。

やっと一段落しましたので、ブログ再開です。

松原市の方から、「309号線が近鉄電車を高架でまたぐ箇所で、雨が降ると歩道が水浸しになる」との相談がありました。

松原の森田夏江市会議員と現地を確認しました。

B2

B1

道路側に雨水のための会所があるのですが、水勾配の不足のようで、うまく排水できてないようです。

この付近は他にも、道路側の排水が悪く、歩行者に車が通ると水がはね上げられるような箇所があります。

府の土木事務所に、適切な排水がとれるように要請します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうから6月議会の代表質問が始まりました

6月議会が7日から始まり、きのうと今日は本会議の代表質問・個人質問でした。

日本共産党の代表質問は奥田良久議員です。

質問内容は、「小規模修繕契約希望者登録制度」「電子入札制度」について
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=111&old=0
● 農業の発展のために市の支援を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=110&old=0

● 図書館の充実を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=109&old=0
● 保育所の増設による待機児童の解消を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=108&old=0
● 子育て世帯への支援の充実を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=107&old=0

● 「集中改革プラン」の弊害を見直し、再検討を
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=106&old=0

です。

全文掲載です。

読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻想的でした 「東條ホタルの夕べ」

昨日、農業公園サバーファーム近くでおこなわれた『東條ホタルの夕べ』に行ってきました。http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/60th/event06.html

9時までの企画です。

夜の会議が終わって、サバーファームまで車でぶっちぎり。

表はすでに閉門。

出口から入れてもらいました。

真っ暗な中、ろうそくの光で道が案内されています。

小さな川が流れるところまで行くと、ホタルが飛んでいます。

乱舞とまではいきませんが、数百のホタルが木にとまったり、優雅に空を舞ったりしています。

羽の音も全くありません。

無音の世界に、光が糸を引くように流れていきます。

癒されます。

子どもたちも大喜びです。

東条地域の全域浄化槽設置事業が完了して、川の水がきれいになり、ホタルが戻ってきました。

「東條ホタルを守る会」が結成され、ホタルを育て、この企画の実行にあたっておられます。

地域の方たちも出て、道案内や説明をされたりしています。

参加費無料でした。

ぜひ、地元のホタルに対面してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急通報システム利用に限界あり 高齢介護課の回答

昨日、相談があった「緊急通報システム」の件ですが、高齢介護課に問い合わせました。

まず、このサービスを受けることのできる対象者は、①おおむね65歳以上のひとり暮らしの人、②1・2級の重度身体障害者でひとり暮らしの人です。

このシステムは、緊急時にボタンを押すだけで、受信センターに緊急信号が発信され、救急活動や消防署への出動要請を、声で知らせることができるものです。

B1

「NTT回線の家だけしか設置できない」のでは、という質問の件ですが、このシステムはNTTの一般(アナログ)回線を使用するそうです。

パソコンとの併用接続や、ひかり回線の場合は、利用できないそうです。

これは、NTTと結託しているからではなく、現在の通信技術の限界から起こっている問題だそうです。

設置申請の際に、あなたの契約回線が利用できるかどうか窓口で確認してください。

設置業者が現場確認してからでないと、可能かどうか分からない場合もあるそうです。

【問い合わせ】
市役所高齢介護課高齢者支援係 0721-25-1000 内線196 まで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緊急通報電話は、NTT回線でしか使えないの?

一人暮らしの高齢者のために、『緊急連絡電話』があります。

緊急通報システム電話は、ごく簡単な操作により緊急事態を自動的に受信センターや近所の人、消防署等に通報することが可能な機器です。

B4

昨日、この電話をつけてもらおうと市に申し込みの相談をした方が、「NTT回線でなければ設置できない」といわれたそうです。

使用する回線によって、市のサービスに差が出るのでは困りますよね。

調べてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネパール人がつくるインドカレー 「マドゥーカ」藤井寺

タンドールチキンやナンを窯で焼いて、出してくれるお店が藤井寺にある『マドゥーカ』。
http://r.tabelog.com/osaka/A2708/A270801/27015270/

B1

パキスタン人のスタッフがつくる、インド家庭料理のお店です。

お昼のランチもお手頃です。

【 980円のBランチ 】
B2

ランチはこれにラッシーなどのドリンクがつきます。

インドとパキスタンの料理がいただけます。

ここのナンはおいしいよ!

おすすめのお店です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘビや蚊の出る遊歩道、何とかして! 若松町

若松町と富田林町の境目に水路があります。

この水路の一部に沿って、20メートルくらいの「遊歩道」のようなものがあります。

B1

しかし、ここは人が通ることがなく、草が生え放題でヘビや蚊のすみかとなってしまっています。

近所のおばあちゃんが草引きなどをして手入れをしてくれていましたが、病気をしてからは手に負えなくなりました。

B2

「何とかしてほしい」との相談がありましたので、公園を管理するみどり環境課と、歩道を管理する道路交通課とに現地確認をしてもらうことにしました。

金曜日で役所の時間切れとなりましたが、道路交通課の方で現場確認と市の庁内での対策の調整をしてもらうことになりました。

結論は後日報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府営住宅の部屋移動は可、団地移動は不可です

先日、楠風台の府営住宅にお住まいの方から「足が弱くなって段差のある階段が上れない。段差のない他の府営住宅にかわりたい。」との相談がありました。

住宅管理センターによると「同一住宅団地内では、事情によっての住戸移動は可能です。しかし、別の府営住宅団地への移動はできません」ということでした。

すでに府営住宅に居住しているということで、他の府営住宅への入居を優遇したりすることはできないそうです。

楠風台には2つの棟にエレベーターが設置されましたが、5段の段差が各階にあります。

段差のない府営住宅に入るには、新たに申し込むしかありません。

この6月募集の分は明日8日締め切りです。市役所、府民センターに申込書がありますので各自申し込んで下さい。

1回で当選する人もいます。

申し込み回数が増えると、当選率が上がるようになっていますので、希望者は何回もチャレンジして下さい。

手続きがわからない方や、取りに行くのが困難な方は、岡田ひできまで連絡を下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

喜志西小学校のスダレ、きれいになりました 梅の里

先日、「喜志西小学校のスダレが見苦しい」という苦情がありました。

教育総務課の対応で、すぐに対処されました。

【 きれいに降ろされたスダレ 】
B1_2

これから夏に向けてはこの状態で、冬にはきれいに巻き上げるそうです。

個人の住居では、「他人の家のことはほっといて」といわれそうなことですが、きれいな街並みの保全には、学校施設も協力してくれます。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護サービスのための駐車場がない 清水町府営住宅

昨日、訪問介護事業をされている方からメールをいただきました。

「はじめまして。訪問介護事業所をしているものです。清水町住宅の利用者さんが当事業所を利用して下さっていますが、住宅内には駐車スペースもなく、サービス提供中も路上駐車をせざるをえない状況になっています。」

との相談です。

B2

高齢者の方がたくさん住んでいる府営住宅がこれでは困ります。

さっそく、大阪府の住宅管理センターに連絡を取り、対処をもとめました。
「大阪府からの指示で、府営住宅には来客用の駐車場もつくってはいけないことになっています。町会や自治会の独自の判断で介護事業者や、来客への駐車をできるようにされているところもあるようです。」との回答でした。
 
まず、住宅の自治会の方との連絡を取ってもらい、介護サービスについては柔軟に対応し、安心して駐車できるように調整することを要請しました。
自治会の方からも「対応をとれる」との回答をいただきました。
しかし、これだけでは地元の裁量にたよることになり、介護サービスの方の駐車を管理者の大阪府が保証することになりません。
日本共産党の大阪府会議員団にも連絡して、府議会で府営住宅の介護サービスの駐車場確保について、議会質問でとりあげてもらうよう要請しました。
清水町の自治会の協力で、介護サービスの駐車がなんとか可能になりそうです。
制度の改善も含めて、なんでも相談して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「足が弱くなって、階段が上れない」  楠風台府営住宅

楠風台の府営住宅にお住まいの高齢者の方からの相談がありました。

B2

「入院している妻がまもなく帰宅します。私も足が弱ってきて団地の階段が上りにくくなってきました。何とかならないでしょうか?」という相談です。

B3

1階の方でも、この5段の階段を上らなくてはなりません。

楠風台の団地内では2棟だけエレベーターが後付で設置されました。

でも、5段は上らなくてはなりません。

新しい清水町や錦ヶ丘町の府営住宅は段差がありません。

高齢化がすすむ府営住宅。

引っ越しの優遇も含めて対策が必要です。

府の住宅管理センターと相談してみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

出ました!「村長カレー」

参議院議員候補の清水ただしさん。

ラジオ大阪の「ラジオ派遣村」で大活躍です。

そして出たのが、この「村長カレー」。

B1

レトルトカレーで、280円です。

私の手作りサラダとラッシーを添えてできあがり。

B2

どうです、いけそうでしょう。

お味の方は食べてのお楽しみ。

『ラジオ派遣村』http://hakenmura.tv/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き肉食べたら、横に日野皓正(ひのてるまさ)がいた!

久々に、岩室の韓国料理『マダン』で夕食。

なにやら、お店が騒がしい。

2つ先のテーブルにいるのは、なんと日野皓正ではないか!

お肉食べてる!

ベースの西山満さん、ピアノの藤井貞康さんなど日本ジャズプレーヤーの最高峰が勢揃い。

今夜、このお店でライブがあったそうです。

西山さんや藤井さんは、以前私が、いずみ市民生協のロッジデール倶楽部のコンサルをしていたときに、何度か出演していただいたことがあります。

このお店でのライブとはビックリです。

オーナーと日野さんがお知り合いだそうです。

どさくさの中で、日野さんと一緒に乾杯して、写真も撮らせてもらいましたが、了解など取っていませんので、残念ながら写真のアップはできません。

すごく得した、よい日でした。

韓国料理『マダン』 http://hwasang.jp/

追伸、ここの焼き肉は、特Aクラスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水路のフタ、交換してもらいました 若松町

若松町で道路の補修工事にともなう、水路整備がおこなわれました。

B1

しかし、水路から水をとる際、グレーチィングのフタが重くて持ち上がりません。

半分の大きさに加工して、取水しやすくしてもらいました。

B1

道路交通課のみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »