« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

たった1ヶ月でふっくら!

生活相談に来られる方は、相当せっぱ詰まった状況になってやってこられます。

商売がうまくいかなくなり、奥さんにも逃げられ、多重債務におちいり、サラ金から矢の催促、明日の米もなくなって、先月相談に来られたAさん。

弁護士にも入ってもらい、来月中にけりがつくことになりやれやれ。

夫との離婚の相談でお母さんとこられたBさん。

弁護士事務所も紹介し、めどがつきました。

AさんもBさんも、たった1ヶ月の間にふっくらして、表情も明るく健康そうになっていました。

自分の仕事が、人のお役にたてたことを、こんなことで実感できたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喜志西小学校の壁面のスダレ、みっともないです」 梅の里

梅の里の方とお話ししているときに、「ちょっと気になるんですが」と景観の話題が出ました。

喜志西小学校の校舎の壁面に、長年ほったらかしになっているスダレがかかっています。

B5

近所の方の住宅は、花を植えられたりきれいに手入れされています。

しかし、住宅の方に向いた校舎が汚いのです。

ぼろぼろになったスダレが放置され、見苦しいのが気になる、とのことです。

使っていない教室なのかもしれませんが、ご近所の景観からすれば、確かにここだけちょっと変です。

教育委員会に声をかけてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー被害の相談

ストーカー被害の相談がありました。

内容は紹介できませんので、結論だけ。

1,市役所の無料法律相談で、この件が法的に処罰の対象となるか確認すること

2,警察に届け出て、相手方に対し警告してもらうこと

3,娘さんにも被害が拡大する可能性もあるので、学校にも報告・相談すること

です。

引っ越しなど考えておられましたが、また被害が続くことも考えられます。

まずは、直接対応せず、関係機関の助けも借り、毅然と対処する方向をすすめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「イラッシャマセ!」 中国人がつくる中華バイキング880円

空堀商店街近くにある中国料理の店「興隆園」。

B1

お店にはいると、「イラッシャマセ!」のごあいさつ。

そう、スタッフはすべて本物の中国人です。

お昼のバイキング食べ放題で、なんと880円。

B2

夜の料理と同じものが出てきます。

店主は大阪華僑協会のドンです。

料理は日本人向けに調理してあるそうです。

バイキングは二階です。

バイキングはお昼しかやってません。

お店ではスタッフの中国語が飛び交っています。

しかし、BGMは日本の歌謡曲です。

世界に進出した華僑たちは、それぞれの国にすぐなじむそうです。

流れる裕次郎や石川さゆりはこのポリシィの延長か。

カウンターには「人民日報」がおいてありました。

いかにも「中国」です。

バイキングの最後の頃、店主自ら残り物で昼食をとります。

恐るべし、華僑魂。

『興隆園』
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270204/27008092/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイホームの夢、無惨!  建築業者選びの失敗

夢のマイホームが業者選定の失敗で、無惨に崩れ去った事例を2件紹介します。

最近の事例です。

① 【 6000万円を支払ったら業者が倒産 】
B1

設計事務所に設計を依頼し、入札により最安値をつけた建築業者が建築工事を請け負いました。

しかし、基礎工事を完了した次点で、総工事費用全額を建築業者から請求され、残金6000万円を施主が支払ったとたんに、その業者が倒産しました。

工事はストップし、むき出しの鉄筋は錆びたままです。

② 【 工事が完了したのに業者が倒産し、入居できない 】
B2

建築工事が完了し、建築費用を支払ったら元請け業者が倒産。

下請け業者に元請け業者が工事代金を支払わずに逃げてしまったため、施主は鍵の引き渡しを受けられず、入居できません。

①は、設計事務所の責任も問われますが、やってもしない工事の代金を支払ってはいけません。

②は、今後引き渡しをめぐって施主が「善意の第三者」と認められるか、裁判で争われます。

両者とも安い見積もりに目がくらんで、不良業者を選定してしまった失敗です。

「失敗しない業者選び」の最大のポイントは、実際に施主が住んでいる建築住宅をすべて見せてくれるかどうかです。

住んでいる方の声がもっとも正確な評価となります。

価格やパンフレットだけでは、会社の実態はわかりません。

ご注意を。

業者が倒産した後では、打つ手が有りません。

裁判で勝っても、支払う金がなければ、裁判費用を無駄にするだけとなります。

業者選びは慎重に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大銀行の法人税、1兆円をこえる利益が出ていても10年間法人税はゼロ!

2010年の3月期決算で、大手銀行6グループはそろって黒字です。

合計で1.1兆円をこえる利益を上げていますが、法人税の納税はゼロという異常事態です。

3大メガバンク(巨大銀行)グループ傘下の6銀行は、10年以上法人税を支払っていません。

財界・大企業の要請を受けて過去の損失を繰り越して黒字と相殺できる期間を、5年から7年に延長する優遇税制が導入されたからです。

民主党政権も、「財源がない」などといいながら消費税の値上げを掲げていますが、大企業の優遇減税を元に戻すどころか、新たな減税の導入まで考えています。

大企業からの政治献金を受け取る党には、もう政治はまかせられません。

政治献金・政党助成金を一歳受け取らず、大企業にものがいえる日本共産党をよろしく!

【 三メガバンクグループの6銀行 】
みずほ銀行、みずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三井住友銀行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生活つなぎ資金」が借りられました 『岡田ひでき通信』をみて

母子2人暮らしの方からの相談です。

お母さんはある会社のパート労働者。息子さんは、会社を起業しています。

お母さんが体をこわして、2ヶ月入院しました。

毎月家にお金を入れていた息子さんの事業がうまくいかず、住宅ローンの支払いもきびしい状態となりました。

明日の食事代のメドもつかず途方に暮れていたところ、友人が『岡田ひでき通信』のビラを見せてくれたそうです。

そこには、いろんな相談を解決したことが紹介されていて、「生活つなぎ資金」の制度のことが載っていました。

ビラに載っていた、メールアドレスにメールを送っていただき、昨日お会いすることができました。

早速、地域福祉課の職員の方に面接をしていただき、15万円の借り入れが可能となりました。

食料は大阪府の社会貢献事業を適用してもらい、確保できることになりました。

とりあえず急場はしのげそうですが、今後の生活設計はもっと検討する必要があります。

「共産党ってこわいところかと思っていました」

「人生相談もやってくれるんですね」

「いろんなことを勉強していきたいです」

2時間の相談で、一気に展望が開けたようです。

4月号の『岡田ひでき通信』は、結構反応がありました。

お困りのことがありましたら、お気軽に相談して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食材が選べる本格中華 「明宝飯店」 川西駅

入り口を入るといきなり「今日の食材」が並んでいます。

B6

そして、「本日のおすすめ料理」のメニューがわたされます。

定番メニューもGOODですが、ぜひ「おすすめ」メニューを。

食材の魚とこだわり野菜がすばらしい。

シェフの手にかかるとこんな風に。

B1_2

B2

B3

B4

そして、最後に鳴門金時のポテトをいただきました。

B5

料理はちょっと薄味です。

そして、食材自身のうまみが、あふれてきます。

「本日のおすすめ」を連発すると、結構な支払いになるかも。

近くに、こんな店があってよかったです。

【 明宝飯店 】http://r.tabelog.com/osaka/A2708/A270802/27027534/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「普天間基地は、いりません」     宣伝に大反響 喜志駅

18日(火)夕方、喜志駅で「富田林9条を守る会」の宣伝に参加しました。

B1

1時間の宣伝予定でしたが、250枚用意したビラが30分あまりであっという間になくなってしまいました。

「普天間基地は、いりません」というビラをまいて、「憲法9条をまもろう」という署名を集めました。

45名の方が署名してくれました。

そのうち、自分から来てくれた人が3人です。

また、「私は沖縄出身です」「黙っていられなくて」と署名してくれたひともいました。

沖縄の基地問題、市民の関心の高さを感じました。

「憲法9条は必要」「日本にある米軍基地は、いらない」という声が多数派になってきました。

米軍基地こそが日本の平和を脅かしています。

海兵隊ではなく、平和憲法が戦争への「抑止力」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な交差点、何とかして 清水町

金剛大橋西詰めから石川沿いに企業団地に向かう新しい道路が拡幅されて便利になりました。

しかし、清水町の府営住宅の奥からこの道路に出る三叉路がちょっと危険です。

B2

石川沿いにゆるやかにカーブしているため、この道に出ようとすると右から来る猛スピードの車が見えにくいのです。

B1

信号機を設置してほしいとの要望がありましたが、警察によると「すぐ東側の企業団地入口に信号があり距離が近すぎる」という理由で設置できないそうです。

また、横断歩道の設置では歩行者が危険で、近くの信号を渡ってほしいとのことでした。

実際に事故にあわれた方からの要望でしたので、再度、市の道路交通課からも、信号機の設置を要請してもらうことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「こごせ福祉まつり」(拓作業所)にいってきました

連休に続いて今日もいいお天気。

北大伴町にある拓共同作業所で「こごせ福祉まつり」がひらかれました。

『こごせ』とは、金剛山のこと。

金剛山は昔、「こんごうせん」と呼ばれ、地元では「こごせ」の愛称があるそうです。

去年はあいにくの雨でしたが、暑いくらいのいい天気でした。
B1

民主党政権は障害者自立支援法を2013年8月までに廃止する予定です。

政府は障がい者制度改革推進会議をつくり、総合的福祉法の制定をめざして議論を進めています。

障害が重いほど本人負担も重くなる応益負担を導入した障害者自立支援法を違憲として裁判をたたかう訴訟団と新政権が基本合意を結んだことで、同法は廃止されることに。

しかし、非課税世帯の福祉サービスなどは無料となるものの、医療費負担は存続し、課税収入のある家庭の障害児・者はまだ応益負担のままです。

B2

支援学校を卒業しても、受け入れの作業所定員が追いつきません。

子どもたちの働く権利、自立の環境作りのために国と行政の支援が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の米軍基地は、国際法違反

沖縄の普天間基地のある場所は、もともと民家や役所、郵便局、墓地、サトウキビ畑のあった場所だそうです。

第二次世界大戦後、沖縄を占領した米軍は、銃剣とブルドーザーで抵抗する住民を強制的に排除し、民家と農地を押しつぶして基地を拡張しました。

ハーグ陸戦法規(国際法)は、占領下における略奪や私有財産の没収を禁止しています。

戦後65年間の沖縄の苦しみは、アメリカによる国際法違反から始まったのです。

その後、米軍による被害が続きます。

1955年には、6才の少女が強姦され、殺され、海岸に捨てられます。

1959年には、小学校に米軍のジェット機が墜落。児童11人を含む17人が亡くなりました。

1995年にも小学校6年生の少女への暴行事件、2004年には沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落しました。

民主党の公約違反の普天間基地の存続にたいし、この長年の悲劇への怒りが、、4月25日の9万人の県民大会となったのです。

鳩山さん、だれのために政治をするのか?

国民の側に立たないのであれば、参議院選挙までにも退場をもとめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列の四川中華、「AJITO」

天満橋方面へ出かけたときの、昼食はいつもここです。

ランチ激戦区の、谷町4丁目界隈。

行列の中華料理、「中華居酒屋AJITO」。http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27013781/

B1

料理は本格四川料理。

夏は汗を吹き出しながら、冬はほかほかになっていただく四川料理。

B2

お昼は定食で行列ができます。

どの定食もおいしそう。

私は、麻婆豆腐定食にはまってます。

他の定食も食べたいのですが、たまにしか行かないので、やっぱり「麻婆豆腐」をたのんでしまいます。

夜のコースもいけます。

ここは、お奨め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山首相の大ウソ、「海兵隊=抑止力」

総選挙での民主党鳩山首相の公約、「普天間基地を県外・国外移設」は、県内新基地建設と徳之島への移転の押しつけで、裏切られようとしています。

そして、首相はなんと、「海兵隊は抑止力」などと言い始めています。

そもそも、海兵隊は海外への侵略戦争の際の上陸殴り込み部隊で、防衛部隊ではありません。(イラク・アフガニスタンなどへの出撃は沖縄から出撃)

1982年4月、当時のワインバーガー米国防長官は「沖縄の海兵隊は日本の防衛(任務)にはあてられていない」と明言しています。(米議会への書面での証言)

実際は、米軍基地があることにより、他国からのテロや戦争に巻き込まれる危険に、日本がさらされているのです。

世界はこの危険な米軍基地を撤去・縮小する方向で動いています。

フィリピンやベネズエラの米軍基地はすでに撤去され、北朝鮮のお隣の韓国でも駐留米軍は10年間ですでに3分の2を削減しました。

戦争に明け暮れて、貧困のどん底にあったスイスが、永世中立の決断を下し、他国からの侵略の心配がなくなり、その後いかなる軍事同盟や戦争にも荷担せず、その後素晴らしい経済発展をとげ、世界平和の拠点となったのは歴史の教訓です。

日本は資産評価で4兆円の、在日米軍基地を提供しています。

米軍への「思いやり予算」はドイツの112倍の32億ドルです。

日本と世界の平和、日本の経済再生のためにも、米軍基地はただちに撤去すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツツジ満開の「法雲寺」

堺市美原区にある法雲寺のツツジが満開でした。

【 法雲寺 】 http://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=139

B3

B4

B5

建物が普通のお寺と少し違います。

この門を見てください。
B1_2

よく見ると、シャチホコがなんと「ワニ」です。
B2

満開のツツジに囲まれて、何だか異国にいるような、不思議なひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ派遣村」秘話

今日、天王寺東映ホテルで「市田忠義・清水ただし合同事務所びらき」がありました。

B1

ちょっと、露出が足らない写真ですいません。

清水さんへの推薦のお話をされた、番組の企画会社社長兼・アシスタントアナウンサーの方の話が面白かった。

あの、「ラジオ派遣村」の番組は共産党から持ち込んだのではなく、企画会社・広告代理店から清水さんに持ち込まれたという話です。

そして、この番組は異例のヒット番組になっているそうです。

投稿も多く、インターネットでも見ることができ、年越し派遣村の湯浅誠さんとの対談は2万アクセスもあったそうです。

「この話は外に出さないで」の連発で、どこまで紹介していいのか訳がわかりませんが、マスコミ関係の人の話は、実に人をひきつけます。

放送作家の方の話も面白かったし、人を楽しませることを業とするプロの話はさすがでした。

『清水ただしのラジオ派遣村』http://hakenmura.tv/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救急車で運ばれたが、治療費が払えない!

先日、富美ヶ丘町でひらいた小集会の参加者の方から相談がありました。

和泉市に住む妹の家に、昔の職場の同僚が転がり込んできて、肝炎で容態が悪く、救急車で病院に搬送しました。

しかし、身寄りも所持金もなく、応急処置をしただけで入院できませんでした。

役所に保護を相談しましたが、うまく説明できず、どうしていいか困っているとのことでした。

すぐに和泉市の日本共産党の岡博子市会議員に連絡を取りました。

妹さんの家に行ってもらいましたが、腹水がたまり動くこともできません。

すぐに救急車で市民病院に搬送、入院。

生活保護課とも連絡を取り、生活保護の手続きが開始され、安心して治療を受けられることになりました。

一人の命が救われました。

全国どこにでも日本共産党の議員がいます。

頼りになります。

今日、松原市の方から、大雨による道路冠水の相談がありました。

すぐに松原市の森田夏江市会議員に連絡を取り、現地を確認しました。

国道309号線の側道の水はけの問題です。

他の件と含めて、府の土木事務所との交渉にあたってくれることになりました。

やっぱり頼りになります。

日本共産党の議員のみなさんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんなところに、カレーの専門店? 『ブーメラン カレー』

今まで何百回も前を通ったのに気づかなかった、カレーの店。

B3

309号線、船渡交差点(堺市美原区役所)の南500mくらいの沿道にこんな店があります。

店の名前は「ブーメラン」。http://r.tabelog.com/osaka/A2705/A270501/27019566/

妻の友人がここのカレーがお気に入りだそうで、行ってきました。

トラックの運ちゃんが立ち寄る喫茶店風ですが、店の中は感じいいです。

こんなカレーでした。

A2

キャベツのピクルスとサラダがついてます。

「辛め」と「普通」がありますが、普通でもけっこう辛いです。

ラッシー(ヨーグルトのジュース)もあります。

女性だけでも入れそうなお店でした。

A3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天空の花畑 「あわじ花さじき」

兵庫県淡路市にある、「県立あわじ花さじき」。
http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/

連休ど真ん中、行ってきました。

交通渋滞もさほどではなく、淡路島の北部、野島断層の近くにある「花さじき」でリフレッシュ。

とにかく、花だらけ。

B2

B1

今は、ポピーが満開です。

山の斜面も通路も花でいっぱい。

B3

B4

この施設、入場料は無料、駐車場もタダです。

淡路島全体に観光スポットをちりばめ、この集客が地域経済の活性化を呼びそうです。

兵庫県もがんばってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資産家が相続税対策で財産を失う

財産を持つ人が亡くなると、遺族が遺産相続します。

借金の方が多い場合は通常、相続放棄されます。

相続税の課税を減らすためには、マンション建設などで借り入れをし、債務を増やす方法があります。

5000万円+1000万円×法定相続人の数が基礎控除となりますので、心配ない人の方が多いと思いますが。

バブルが過ぎた頃、おじいちゃんの莫大な遺産の相続対策のために、一気にたくさん賃貸マンションを建設した一族がいました。

その後、マンションの家賃が下がり入居率も上がらず、土地の値段も下がり、借り入れ返済のために資産を手放したことを聞きました。

税金をちゃんと支払えば半分で済んだのに、その節税対策があだになりました。

また、分割協議の際にも、親族間での争いが起こります。

借金の方が多い場合は相続放棄すればおしまいですが、財産が多いほど争いも大きくなります。

資産家はそれなりの苦労も背負っています。

相続については、大借金と財産無しでは親族はもめません。

昨日は父の17回忌法要でした。

財産を残さなかった親に感謝しときましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「警察が来た!」で客が飛び出す、うどん屋さん 『ふる里』

夜中の12時でも満員のうどん屋、谷町9丁目にある「ふる里」。

私が学生の頃に、はじめて出会ったお店です。その後40年近くのおつきあいです。

その原点である、きつねうどん。

B1

この、うどん、あげ、出汁、ネギ、すべてが大阪のうどんの象徴。

お寿司も、単品で選べます。

B2

そして、店員の方の素朴な接客。

極めつけが、駐禁見張り番のおじさん。

おじさんの「警察が来た!」の一声で、店内の客が一斉に飛び出します。

レジで支払いなどしません。

車まで10秒以内にたどり着けばセーフです。

車を1回動かして、またみんな戻ってきます。

仕事途中のスーツの人も、ベンツのヤクザ屋さんも帰ってきたら、「危なかったなあ」と、その瞬間だけ友達になります。

こんな店、見たことないでしょう。

味は保証します。

【ふる里】
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0007831402/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »