« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

水路のふたが補修してもらえることになりました

若松町の道路補修に伴う、水路整備工事で水路のふたが新しいものに変わり、車が通っても音鳴りがしなくなりました。

B1 

ところが、隣の畑を耕作している方が、ふたが重すぎて取水できなくなりました。

このふたの下に堰(せき)があるのですが鉄製の分厚いふたで、お年寄りでは持ち上がりません。

道路交通課にお願いして、片側を少し軽い開閉型のふたにしてもらうことにしました。

道路や水路の整備は着実に進んでいますが、思わぬ不具合もおこります。

ていねいに対処してもらって、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河内長野市会議員選挙の結果

河内長野市の市会議員選挙が終わりました。

私が応援に行った、だばなか大介議員は前回より340票のばして、10位当選しました。

万歳!

日本共産党は前回より得票で408票、得票率で1.8%伸ばしたのに、にわ実候補が次点となりました。

98票差でしたが、残念。

民主党は得票数・率とも後退して、一人が落選、たった1議席となりました。

国政の裏切りが、地方にも影響しているのでしょうか。

公明党も680票も票を減らしました。「共産党は予算に反対しているから実績はない。実績横取りの泥棒ネコだ」なんて宣伝に市民の審判が下ったようです。

河内長野市議会では、日本共産党が最大会派です。

市民のために、続いて頑張って下さい。

来年の4月は、富田林の市会議員選挙です。

私の番です。

みなさん、よろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は、だばなか候補の演説会でした

河内長野市議選は昨日で3日目。

貴望ヶ丘の府営住宅集会所で演説会がありました。

定数18に日本共産党から6人が立候補し、全員当選すれば議席占有率が33%で京都の向日市と同率で全国トップとなります。

80人の参加で会場の外まで人があふれました。

自民党も民主党も国民からは見放されそうです。

あと4日で選挙結果が出ます。

ブログ更新のテンポが落ちますが、ご勘弁を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然物しかおかない、こだわり寿司屋 「富加屋」

河内長野市の千代田にある「富加屋」さん。

天然物しかおかない富加屋寿司。

40年続く、千代田で老舗のお店です。

私が高校生の頃、銭湯で声をかけてもらったのが開業した頃の若き大将です。

大人の人が、「私、寿司屋やってるんです」なんて話しかけてくれました。

見知らぬ人から一人前に認められたようで、うれしかったのが、忘れられません。

私は河内長野を離れてしまいましたが、うちの親父もこの店にお世話になっていたみたいでした。

Photo

どうです。この豪快なネタケース。

すべて天然物です。

今日いただいた鯵(アジ)は最高でした。

米は玄米から特注して、精米するそうです。

海苔は東京からの取り寄せです。

魚の味の原点を確かめられるお店です。

これからも、こだわり抜いて下さい。

『富加屋寿司』
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0002291448/007090600390779/review/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だばなか大介議員、大型宣伝カーで手をふる

昨日、河内長野のだばなか大介議員と大型宣伝カーで、河内長野市内を走りました。

B1

若い人たちが乗り込んでのにぎやかな、宣伝でした。

「お手ふり」「ウグイス」、初体験の人も多く、どうなることかと思いましたが、あとで感想を聞くと、

「たくさん手を振ってくれてうれしかった」

「アイドルになった気分」

初めてのウグイスさんも「クセになりそう」

など、結構楽しんでくれたようです。

日曜日でお花見の人手も多かったのですが、町会の人たちが立ち上がって声援してくれたり、手応えを感じました。

告示まであと6日。

だばなか大介、がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川の桜並木でお花見をしたいけど、駐車場はあるのかな?

富田林の中小企業団地東側には、石川の堤に沿ってきれいな桜の遊歩道があります。

「花見はしたいけど車が止められない」との要望があり、石川の河川敷にはお花見季節限定の駐車場がつくられます。

先週の土日と今週の土日のみ開設されます。

4月3日(土)4日(日)は富田林市、明日10日(土)11日(日)は大阪府がガードマンを雇い、車を河川敷臨時駐車場に誘導します。

平日は駐車場は閉まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林の子どもの数がどんどん減ってます!

先日、小学校・中学校の入学式に出席しましたが、新入生の数が減っているのが気になりました。

富田林の小学校では、市内の16校あわせて新入生が943人です。6年生は1266人です。

ついに、1000人を切ってしまいました。

富田林市の子どもの出生数は、1998年は1377人でしたが、2008年は821人に減少しました。

親の所得が減少し、子育て支援の充実が遅れ、少子化が進行するばかりです。

3月議会では、子育て支援の充実をもとめて本会議で代表質問をしました。

質問を紹介しておきますので、読んでみて下さい。


質問抜粋「子育て支援の充実をもとめて」
http://www.jcp-tondabayashi.org/mredit/sub1/mredisp.cgi?mod=1&cod=91&old=0

「日本共産党富田林市会議員団の3月議会報告」
http://www.jcp-tondabayashi.org/report/2010/minpo532.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご入学、おめでとうございます       川西小学校・第2中学校

桜満開の中、おこなわれた入学式。

午前は川西小学校、午後から第2中学校の入学式に出席しました。

小学校では新入生を歓迎する2年生の歌やダンスの発表、中学校でもブラスバンドの演奏など、1年間学校に在籍するだけでこれほど子どもたちが成長するのかと、感心しました。

私のマンションからも、お父さんお母さんたちがたくさん来られていました。

学校給食の問題、駅前の通学路の問題など手がけている経過を、式典までの間にお話させてもらいました。

私が議会で取り上げ続けた、扇風機の設置は全小学校で実現しました。

今年は中学校に設置されます。

学校施設の修繕工事は、入札資格のない地元の小規模業者に直接発注する制度も今年度から実現します。

みなさんの声と日本共産党の提案は、少しずつ学校環境を改善しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日はお花見のハシゴでした

昨日は絶好のお花見日和でした。

朝から弘川寺、お昼は楠町と清水町のお花見で、ご挨拶させてもらいました。

B1

議会報告と、国政では後期高齢者医療制度の話をしました。

民主党が選挙での公約をやぶって、医療制度を存続させこの4月から保険料も値上げします。

年配の方たちの怒りは、すごいものです。支持率が急落するのも当然です。

「生活と健康を守る会」でのあいさつが、隣のグループにも聞こえていたらしく、「兄ちゃん、その話、こっちにも聞かせて!」と、声がかかりました。

知らないおばちゃんたちのグループでしたが、医療制度の話で大いに盛り上がりました。

名刺を配らせてもらって、病院の紹介まで頼まれました。

世界の先進国で医療費が無料でない国が少なくなっているのに、日本はだれのために政治をしているのか。

財源がないといっているのに、大銀行の法人税をなんとゼロにするなどとんでもない。

政治献金を受け取っている政党では、この国はかわりそうにもありません。

ゼネコンの小沢さん、マザコンの鳩山さん、「政治とカネ」では自民党以上でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘川寺(河南町)の桜 満開でした

今日は、朝7時から河南町にある弘川寺の桜を見てきました。

朝から快晴でした。

このお寺は西行法師の終焉の地として有名ですが、秋は紅葉の名所でもあります。

朝一番から、すでにたくさんの人手です。

満開の桜をじっくり撮影しようとする、アマチュアカメラマンたちです。

私もデジカメで桜を紹介します。

【 本堂前のしだれ桜 】
Photo

【 枯山水の庭園 】
Photo_3

【 桜と桃が満開です 】
Photo_4 

【 紅梅・白梅 】
Photo_5

【 一本の枝に花の混色 】
Photo_6

このお寺は全山手入れが行き届いています。

駐車場も完備されて、飲食はできません。

とっても気持ちのいいお寺です。

檀家のみなさん、ご苦労様です。

弘川寺http://wrs.search.yahoo.co.jp/;_ylt=A3xTpnEKrbhL8ZwAvriDTwx.;_ylu=X3oDMTBtM3MwOXVkBHBvcwM0BHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGU-/SIG=12g1cbr0f/EXP=1270480522/*-http%3A//www.jalan.net/jalan/doc/theme/sakura/27_sakura15.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »