« 3月議会本会議の代表質問、終わりました | トップページ | 田んぼに水道を引けるの? »

悪質リフォーム業者から、83万円返金させる

悪質リフォーム業者に引っかかり、屋根工事・耐震?・床下工事・工事・石油ボイラーや温水器の設置まで、9年間にわたって次々と不要な工事を「契約」させられた方から相談がありました。

老夫婦の家に「家の点検」にやってきた訪問業者を、屋根に上らせてしまったのがことの始まりでした。

屋根を塗装して100万円、耐震工事といって300万円、床下に石をまいて60万円と次々とクレジット契約をさせられてしまいました。

お父さんが亡くなり、娘さんがこのクレジットの支払いを引き継ぐことになったのですが、契約の内容に不信を感じて、相談にこられました。

古い契約分については業者がすでに倒産していましたが、工事業者とクレジット会社に対し、「解約および支払停止抗弁書」を送達し、「特定商取引に関する法律」違反で、原状回復とクレジットの支払停止を求めました。

その結果、業者は最終契約分を無効と認め、支払い分から13万円を返金し、クレジット残金70万円を放棄しました。

そして、屋根工事・ポンプ機器はそのまま使用することを確認し、和解に至りました。

不当な内容の工事、強引な訪問販売工事、救済の方法はありますので、安心して相談してください。

|

« 3月議会本会議の代表質問、終わりました | トップページ | 田んぼに水道を引けるの? »

生活相談から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪質リフォーム業者から、83万円返金させる:

« 3月議会本会議の代表質問、終わりました | トップページ | 田んぼに水道を引けるの? »