« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

あっぱれ玄米菜食レストラン 暮らし屋

富田林駅前、寺内町入り口にある自然食レストラン「暮らし屋」。
http://r.tabelog.com/osaka/A2708/A270802/27044399/

B5

夜のディナー 「かるーく満たす晩ご飯1500円」をいただきました。

B1

納豆と豆腐の和え物から始まり

B2

バナナのケーキで終わりました。

サツマイモの皮の天ぷら。椀もの、玄米ご飯などが付きましたが、おいしかったです。

店内は、骨董あり、自然食品の販売あり、店主の摘んできた山菜あり、いいお店です。

B3

出されるお茶は、店主手摘みの野菜や葉っぱからつくったものです。おいしいお茶でした。

自然食というと、まずいのを覚悟しておくのが常でしたが、北新地で修行しておられたと言うだけあって、なかなかのお料理でした。

ただ、「ゆっくり噛んで食べろ」「肉も魚も牛乳も体に悪い」「ミトコンドリアがどうの」とか健康講釈が連発されます。

「肉は元気が出る」などと抵抗しようものなら、「あなたの寿命ももう終わり」と宣告を受けます。

気分を害する客もいるかもしれないけど、この料理には抵抗できません。

私は肉食派ですが、この店は気に入りました。

帰る途中にドーナツを買って、家に帰ってサイボシ(馬肉の燻製)をたっぷり食べてやりました。

店主、怒るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府営住宅で小集会をひらきました 錦ヶ丘

錦ヶ丘府営住宅のAさん宅をおかりして、小集会をひらきました。

お花見の季節ですが、室内で手作りケーキをいただきながらのティーパーティーです。

B1

とってもおいしかった、アップルケーキとヨーグルトケーキ。Aさんはこれを30分でつくってしまいます。

10数人の参加で満員でした。

来月発行予定の「岡田ひでき通信」を使って活動報告をさせてもらいました。

小さな小集会もいいもんです。みなさんにも質問や自己紹介をしていただき、和気あいあい。

7月は参議院選挙。

そして、来年4月は富田林市会議員選挙です。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい! 熊本の「サラダ玉ねぎ」

去年、玉ねぎをいただきました。

それが「こんな玉ねぎ初めて!」の、感動ものでした。

その方もいただき物だったのですが、思わず「うちもほしいから、注文して」と、お願いしました。

しかし、そのときはすでに出荷の時期が終わっていて、1年間待つことになりました。

そして、ついに届いたのがこの玉ねぎです。

B1

これが熊本県から届いた「サラダ玉ねぎ」です。

普通の新玉ねぎのように見えますが、どこが違うのかというと、「甘い」のです。

水にさらさないで、丸ごと1個オニオンスライスで食べられます。

そして、カレーに。そして、レバー炒めに。

大活躍中の「サラダ玉ねぎ」です。

http://www.pref.kumamoto.jp/site/kumamotohurusatoyasai/saradatamanegi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィングヒルズ前の歩道が完成しました!

美山台にあるウィングヒルズマンション北側の、府道203号線には歩道がなく、エコールロゼへの買い物や、小金台・向陽台から体育館への歩行者は、ここのカーブで怖い思いをしてきました。

ついに今月、歩道が完成しました。
B1

一昨年から、自治会の方たちとともに大阪府・富田林市との交渉を重ねてきましたが、ついに歩道の新設工事が完了しました。

B2

4月以降には、体育館までのでこぼこの歩道も再舗装されます。

みなさん、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶品のローストビーフ! アーセンウェア

大阪狭山市大野台にあるレストラン「アーセンウェア」。

このお店のローストビーフは絶品です。
Img_1356

どこのホテルにも負けません。一度食べてみて下さい。

そして、写真のセットでなんと2000円です。

食事の後でたのんだ、チーズケーキとロイヤルミルクティー。
Img_1359

みんなオーナーの手作りです。

肉、野菜、卵、すべてこだわりぬいた食材を仕入れておられます。

他にもイタリアン系のメニューが並びますが、私にとってはこれが至福のコースです。

妻の友人、おーのちゃんの紹介ではまってしまいました。

【 アーセンウェア 】
http://www.ekiten.jp/shop_684385/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水路の陥没、すぐ補修できました

西板持町で水路が突然陥没しました。

住民の方から連絡があり、すぐ現地を確認しました。

B1_2

急きょ、砕石を入れて穴をふさがれたようですが、深い陥没です。

B2_2

水路耕地課に連絡を取り、すぐに部分補修してもらいました。
B3_2

以前、陥没した道路にバイクがはまり、ケガをされたことがありますが、危険な箇所を発見されたら、すぐに連絡してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい黄砂!

昨日はすごい黄砂でしたね。

雨が降った翌日だったので、車は砂をかぶって黄色くなっていました。

金剛山も嶽山も見えません。
B1

台風みたいな風が吹いていましたが、はるばる中国からやってきたお客さんです。

年々ひどくなる黄砂。砂漠化の進行や、温暖化の影響もあるのでしょうか。

マスクをしている人も多かったです。

花粉と黄砂で、みんな大変でしたね。

梅と桜の間に、日本の風景がまた一つ定着してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼに水道を引けるの?

水路改修工事で、ポンプで畑に水を引き込みにくくなった方からの相談です。

「田んぼに水道を引き込めるのか?」

答えは、「OK」です。

近くの道路に、市の水道管が埋設してあればそこから工事費を自費負担すれば、建築物だけではなく、田畑にも水道が引き込めます。

市の水道メーターの取り付け費、市納金、引きこみ工事費、水栓の設置費などを自己負担すれば可能です。

最近は、雨水をタンクにためたり、水を運んだりせず水道で畑に水をやる人も増えてきているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

悪質リフォーム業者から、83万円返金させる

悪質リフォーム業者に引っかかり、屋根工事・耐震?・床下工事・工事・石油ボイラーや温水器の設置まで、9年間にわたって次々と不要な工事を「契約」させられた方から相談がありました。

老夫婦の家に「家の点検」にやってきた訪問業者を、屋根に上らせてしまったのがことの始まりでした。

屋根を塗装して100万円、耐震工事といって300万円、床下に石をまいて60万円と次々とクレジット契約をさせられてしまいました。

お父さんが亡くなり、娘さんがこのクレジットの支払いを引き継ぐことになったのですが、契約の内容に不信を感じて、相談にこられました。

古い契約分については業者がすでに倒産していましたが、工事業者とクレジット会社に対し、「解約および支払停止抗弁書」を送達し、「特定商取引に関する法律」違反で、原状回復とクレジットの支払停止を求めました。

その結果、業者は最終契約分を無効と認め、支払い分から13万円を返金し、クレジット残金70万円を放棄しました。

そして、屋根工事・ポンプ機器はそのまま使用することを確認し、和解に至りました。

不当な内容の工事、強引な訪問販売工事、救済の方法はありますので、安心して相談してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月議会本会議の代表質問、終わりました

3月議会の代表質問が終わりました。

代表質問と文教厚生常任委員会質問がかさなって、質問作りに忙殺された日々でした。

ブログ更新中断しててすいませんでした。

● 学校施設の耐震化の促進を(2010/03/09)
● 「受益者負担の適正化」による市民負担増の中止を(2010/03/09)
● 地域活性化の観点から小規模事業者に仕事を(2010/03/09)
● 男女共同参画社会促進のための条例制定を(2010/03/09)
● 障がい者福祉での「応益負担」の廃止を求めて(2010/03/09)
● 学校給食法の「目標」を大切に(2010/03/09)
● 子育て支援策の充実を(2010/03/09)
● 市予算編成の背景となった国政の影響について(2010/03/09)

代表質問は上記の6項目です。

クリックしても、文章に変換できないようですので、議員団のHPで、全文載していますので見て下さい。
http://www.jcp-tondabayashi.org/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

府営住宅に入居したけれど・・・

若松町の雇用促進住宅が老朽化のため取り壊しされます。

西板持町の府営柏木住宅に転居された方からの相談がありました。

① 「玄関ドアのすきまから、冷たい風が入ってくる」

② 「トイレのタンクの接続パイプから水漏れがしているのでは」

③ 「畳がすれて音がする、床下に問題があるのでは」

という内容でした。

府の住宅管理センターが住宅の営繕の担当ですが、とりあえず現地の確認に行きました。

①は、府営住宅の場合、分譲マンションなどと違い、パッキンの付いてない鉄扉なので確かにすきま風が入り込みます。

しかし、これで通気もできていますので結露などは少しましになります。気になるようなら市販のドア用パッキンで対策を。

②は、かすかにパイプに水がたれているようでした。

わずかなので結露によるものか、接続部からの水漏れか判定が付きません。

少し暖かくなっても水滴が付くようでしたら、水漏れと判断できます。

しばらく様子をみてもらいます。

③は、畳の縁ではなく、イグサ部分が接触する音でした。

床に問題はありませんでした。少し畳が古くなってなじんでくれば音は止まります。

そんな内容でした。

住宅の設計と建築が仕事だった私にとっては、大好きな相談です。

住宅と不動産の相談では、欠陥住宅関西ネットという弁護士と建築士の会の講師もさせてもらいました。

建築と経営では、岡田はすごいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小6や中3など、最終学年の途中で引っ越す場合、越境通学は認められるの?

「小6や中3など、最終学年の途中で引っ越す場合、越境通学は認められるの?」

との質問がありました。

長年通学した学校から、最終学年で転校するのは大変です。

夏休みが過ぎた9月以降の引っ越しなら、校区外(富田林市外も)でも越境通学はみとめられます。

ただし、通学の安全性や子どもの負担軽減などを、親が十分に確保できることが条件です。

親の仕事の都合で、私は小学校の6年と、中学校3年生で転校しました。

親が心配するほどでもなく、新しい学校で友達もふえてすごい刺激にもなりました。

でも、転校してきた生意気な奴を、いじめたこともあったなあ・・・。

最終学年の転校は、救済措置「あり」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月議会が始まりました

3月1日から3月議会が始まりました。

1日(月)は、市長の施政方針演説と議案上程がありました。

私は3月9日(火)の午後から代表質問をおこないます。

3月15日(月)は文教厚生常任委員会質問です。

3月議会は、来年度予算の審議をおこないますので、提案された施政方針と予算書を見ながら、担当部局の説明を聞き、質問のための聞き取りなど大忙しです。

議会傍聴はだれでもできますので、ぜひお越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »