« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

監査委員の初仕事、例月出納検査を執行しました

5月14日の臨時議会で、議会選出の監査委員として選任されました。

今日はその初仕事。例月出納検査で、一般会計・特別会計、水道事業会計の検査をおこないました。

役所の業務のすべてが、生の数字や氏名までだされて、問題がないか検討します。

したがって、「監査委員は、職務上知りえた秘密を他にもらしてはならない。その職務を退いた後も、同様とする」と決められています。

もう一人の監査委員は弁護士で、再任された方です。

担当部局の説明の後、厳しい質疑のやりとりがあります。

厳密な数字の符合とともに、その執行が適切かどうかの検証をおこないます。

なんとか、内容と進め方を理解できたところですが、次回の審査がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡田ひできが、テレビにでました!

大東市で建築した家が、テレビで放送されました。

その番組の中で、古い家の前で設計の打ち合わせの前に、施主と記念撮影した写真の場面があって、その中に私が写っていたということです。

一瞬でしたが一応、テレビ出演ということにしてください。

ユンソナと松尾貴史さんが紹介してくれました。

《 大東市の家 》 平岡さんのHPより
http://www.hiraoka-architects.com/works/house/ohharah02.htm

《 「住人十色」の番組 》 先週の毎日放送テレビ
http://www.mbs.jp/toiro/backno/090516.shtml

《 平岡建築デザイン 》
http://www.hiraoka-architects.com/

《 ナカガワ建築工房 》
http://www.eeie.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松原市長選挙が始まりました

松原市長選挙が始まりました。

市民病院が廃止され、南河内の救急医療の拠点がまた一つつぶされてしまいました。

国と大阪府の貧困な医療行政を許さず、市民病院の復活をめざす梅木よしあきさんが立候補しました。

今日は、河内松原駅前で街頭演説会がありました。
Photo_2

午後からは、じないまち交流館で、寺内町をまもりそだてる会の総会に出席しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい宣伝カーができました。募金ありがとうございました。

富田林市委員会の宣伝カーが新しくなりました。

皆さんにお願いした募金で、購入することができました。

車両、デコレーション、ハンドマイクなども新品です。本当にありがとうございました。

まだ、一部借り入れがありますので、続いてのカンパは大歓迎です。

23日はエコールロゼ前で、さっそく街頭演説しました。
Photo

左から、中野好博15区政策委員長、上原議員、奥田議員、岡田英樹です。

その後、松原市長選挙の応援にも、活躍した新宣伝カーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ その3

新型インフルエンザの対策で、富田林市の対応も大変です。明日の休日も、対策本部の会議が行われます。

昨日は、市内の妊婦の方にマスクを無料配布するため、幹部職員も含めての郵送作業でした。

消防署は、特に厳戒態勢をとっています。

署員の通勤は、電車でなく車での出勤です。消防長との面会も1階のロビーでおこない、外部の人間は建物の上階には上がれませんでした。

救急隊員や消防署員が、このインフルエンザに感染すれば救急機能がマヒしてしまいます。

また、他市で病院の職員への感染がありましたが、一般の市民への感染とはちがい、厳しい目で批判もうけかねません。

皆さんも、お仕事では人と対応せざるを得ないと思います。

私も昨日会議でマスクをして話そうとしたら、暑くてたまりませんでした。窓口業務で、マスクをして市民と対応している職員のかたなども、たいへんだと思います。

3週間くらいで、感染のピークを越えるとも聞きましたが、それまでの辛抱ですむんでしょうか?

新たな、対策情報にご注意を。

厚生省「新型インフルエンザ対策情報」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

富田林市「新型インフルエンザ緊急情報」
http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/kinkyu/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時議会は、夜中の11時半に終わりました

5月14日の第1回臨時議会は、夜中の11時半までおこなわれました。

年度初めの議会では、議長・副議長・監査委員をはじめ、常任委員会、各委員会委員、派遣議員など、全議員の分担をきめるので、結構時間がかかります。

私は、監査委員、文教厚生常任委員、富田林駅南整備特別委員、人権教育推進協議会委員、伝統的建造物群保存審議会委員となりました。

《 全議員の委員会所属一覧 》
http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/gikai/meibo2.html#MEIBO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ その2

昨日の夕方は、富田林西口駅前の「ポパイ」で焼き飯。

富高はインフルエンザで休校、常連さんも不況で残業がなくなり、外食が減り、お店には客は私一人だけでした。

市役所は、昼休みが15分短くなり、職員が外食しにくくなりました。

「さっぱり、あかんわ。早よ、閉めて帰るわ」とおやじさん。

神戸高校の近くに住む、友人の話では、市役所から「外出しないように」と広報カーが出ているそうです。ちょっとしたパニック状態で、町には人の姿がなく、スーパーの食品はすでに空っぽ、もちろんマスクは売り切れ、大阪とは別世界みたいとのことでした。

きのう府の職員の方に聞くと、大阪府が松原市と大阪狭山市の保健所を廃止してしまったので、藤井寺と富田林の保健所に業務が集中し、ただでさえ忙しいのに、これまたパニック状態だそうです。

府税事務所や土木事務所の職員が、保健所の業務を手伝いにいってるそうです。

国や大阪府の保健行政の貧困は、市民の健康を脅かします。

みなさん、インフルエンザにご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

富田林市の新型インフルエンザ対策は?

新型インフルエンザがひろがっています。

市内の高校・中学校は24日(日)まで臨時休校となっています。23日開催予定の「在宅高齢者支援のための市民フォーラム」は開催中止となりました。

コンビニ、銀行もマスク着用での業務です。

通勤電車でマスクなしで、咳などしようものなら、ひんしゅくの視線にさらされます。

市内での患者はまだ確認されていません。

状況についての、分析や判断は日々進展しています。

《 富田林市の新型インフルエンザ緊急情報 》
http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/kinkyu/index.html

たった今、議員団から要望した「妊婦へのマスクの配布」が実施されることになりました。

対象者は、5月20日現在で母子手帳の交付をうけた人、一人10枚が市から郵送されます。

現在、市では保健センターに、サージカルマスクが13万枚、タミフルが9200カプセルなどが備蓄されています。

しかし、本格的な流行となれば対応しきれないようです。

国の公立病院への補助削減などで、発熱外来の拠点となるべき松原市民病院が廃院となり、国立南大阪病院が独立行政法人となり、発熱外来を拒否しています。

国の医療行政の貧困が、こんなところにも影響しています。

みなさん、お体に気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、高校の同窓会に行ってきました

富田林高校24期3年E組の同窓会は、卒業以来37年間、毎年続いています。

だいたい、15~20人くらいが出席して、担任の廣先生も毎年、移住先の長野県飯山市からきていただいています。

大学生になり、社会人になり、結婚し、子どもができ、離婚もあり、親の看病があり、みんなそれぞれの人生を確かめ合いながら、ここまできました。

そして、このクラスからは3組の夫婦が誕生しました。

集まりやすいように、最近は大阪市内での開催です。

55歳はもうすぐ定年。現役はみんな仕事がたいへん。教師も自営業もパートも、不況や時代のしわ寄せをうけています。

親の介護や、親を看取った報告には、みんなでもらい泣き。

この同窓会、最後はどうなるのやら。

また、来年!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業の経営者と、熱く懇談

昨日は、中小企業家同友会の河南支部の「絶対やる会」の100回記念に出席しました。

私が河南支部の支部長を退任してから、3年がたちましたが、この「会」に出席している20人くらいのメンバーは倒産もなく、みんな元気でした。

しかし、不況の波の影響は大きく、各社苦労しています。なんとかこの時期をしのげれば、いきのこったところに、受注が増える可能性もありますが、いろんな努力や不安も出されていました。

この会では、成功事例の紹介だけでなく、経営者の悩みや、経営理念を相談し合い、経営の問題点も指摘しあう、実に役に立つ場所です。

経営者のみなさん、ぜひご参加下さい。

私は現在、市議会議員となりましたので会のメンバーではなくなりましたが、側面からお手伝いをさせていただきます。

美原町の道路の補修と、和歌山市の中央分離帯のことで、相談もいただきましたので、早速現地の議員と連絡をとって解決にあたります。

大阪府中小企業家同友会 http://www.osaka.doyu.jp/

河南支部5月例会の案内 http://e.doyu.jp/osaka/7days/event/detail.cfm?SeminarID=149075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林最後の銭湯、「葛城温泉」は熱かった

富田林内に残る唯一の銭湯が、若松町にある「葛城温泉」です。

近所のご夫婦と一緒に、一風呂浴びてきました。

銭湯は何十年ぶりです。

いくつかの驚きも。

【 その1、熱くて湯船に入られへん! 】

お客さん達は、熱い湯が好きなようで、平気なようです。湯船が3つあったけど、みんな熱い。

私は、結局足しかつけられませんでした。

【 その2、番台のおばちゃんがおもしろい! 】

おばちゃんは、お客さんみんなと友達らしい。

全身入れ墨の怖そうなおっちゃんにも、「あんた、今日は仕事あったんか?」「あかんわ」。

「熱つうて、ようつからんかったわ」という私に、「今日はぬるい方や」「明日は天気、悪なるからもっと熱つするで。ボイラー調子悪いから目盛ちょっとさわるだけで、えらい温度変わるんや」

中学生みたいな子どもとも、友達みたいやし。

【 その3、コーヒー牛乳がない。富士山の絵が描いてない! 】

銭湯と言ったら、ビンに入ったコーヒー牛乳でしょ。ここは飲み物を置かないのがポリシーらしい。

帰りに、コンビニでコーヒー牛乳を買いました。

【 250円で安かった! 】

市の補助金も出ているけど、市外の人も利用できます。タオルも無料で貸してくれました。

市民のみなさん、一度は葛城温泉に行ってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大東市で建築した家が、テレビに出ます!

昨日は、「家の基礎にヒビが入ってる。大丈夫か調べてほしい」との相談があり、建築士の方と一緒にみてきました。

築30年の布基礎で、通常の範囲を超えない程度のクラックでした。

インチキ訪問業者にかかると、これでも「家が倒壊します。すぐに補修工事を。」と脅されて、何百万円もぼったくられるところです。

信頼できる専門家はなかなか身近にはいないものです。

建築・不動産、法律、税金、何でも相談無料です。良心的で、実力派の専門家をすぐに紹介します。

大東市で私たちが大東市で建築した家が、MBSの「住人十色」という番組に、取材されました。

5月16日(土)午後5時、放送予定です。ぜひ見て下さい。
http://www.mbs.jp/toiro/090516.asx

施主は、商業施設施工のプロ。奥さんは本格的なピアノが弾ける保母さんです。

設計は、新進気鋭の平岡建築デザインの夫妻。
http://www.hiraoka-architects.com/

施工は、ナカガワ建築工房。
http://www.eeie.co.jp/

雑誌の取材はたくさんありますが、テレビは初めてです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

会社倒産、家族会議にて

昨日は、午前は市民体育祭の開会式に出席。

午後からは、隣の県まで生活相談に。

構造不況の中、深刻な相談です。

操業は停止状態。数億円に及ぶ負債は資産を超えています。複数の融資機関への返済は先月からストップ。

経営者である老夫婦は長年、地域の雇用や、産業創出にも貢献してきた町の名士です。

しかし現在、資金繰りや返済の対応の中、ご主人に認知症が始まり、奥さんが一人で孤軍奮闘。

昨年相談を受けたときには、ご主人とも会話が成立していたのに、今日は私の右の靴と娘さんの右の靴をはいて、出て行ってしまいました。

家を残したい、保証人になってくれた叔父さんに迷惑をかけられない、など難しい関門もある相談ですが、いま家族の理解と協力が必要なときです。

返済を迫る金融のプロを相手に、自分たちだけで、この事態を乗り切るのは大変なことです。

こんな、状況でも最善の策はあります。対策の内容は紹介できませんが、どんな困難なことが起こっても、共産党は相談にのり、一緒に解決にあたります。安心して下さい。

毎週、土日の朝10時から12時まで、生活相談会をやってます。

お気軽に来て下さい。

日本共産党富田林市委員会事務所 0721-26-3737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会の近況報告、「去年の4分の1しか注文ないよ」

来週、高校の同窓会があります。今日、幹事の打ち合わせをしましたが、出欠の返信にそえられた「近況報告」は、今の不況や世相を反映した深刻な内容でした。

「去年の4分の1しか受注がなくなりました。従業員も半分になりました。」(金属加工会社経営)
「市民病院の廃院、新型インフルエンザの対策で日曜も休めません。」(松原市役所勤務)

また、

「手術で入院します」
「夫が定年退職します」
「子どもが、だれも結婚しません」

など、今の時代がわたしたちの生活を直撃し、共通の世代の問題もおとずれています。

若い世代も大変です。正社員が少なくなり、低賃金・長時間労働が常習化しています。そして、いきなり解雇です。

富田林市では子どもの出生数は、1998年度は1377人、2008年度は759人に減少しています。なんと、10年で半減です。

昨日のテレビでも報道していましたが、若い人の給料が安すぎて、結婚や出産にまで影響がでているのです。

こんな国、変える必要「あり!」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

きょうは憲法記念日

きょうは憲法が施行されてから62年目の憲法記念日です。

朝10時から、かがり台で「富田林憲法をまもる会」で宣伝署名をしました。

11時から、エコールロゼ前で中野好博さん(15区小選挙区候補)と街頭演説をしました。

憲法は9条(戦争放棄)も25条(生存権の保障)も明記する、日本の進路にとって原点となる政治の原点をしめしています。

自民党、公明党ばかりか民主党の一部の議員まで改憲をとなえています。守るもの、変えるものが逆になっています。

守るべきは、平和を守る憲法、変えるべきは国民の暮らしを破壊する政治だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »