« 喜志駅の線路にヒビ割れが! | トップページ | 府営住宅のトイレの排水が流れない! »

大学の校友会の支部総会に出席してきました

先日、関大の校友会(公式OB会)の富田林支部総会に出席してきました。

出席者はほとんど私より年配の方たちです。仕事はリタイアされた方が多く、この会合を楽しみにされているようです。

富田林の市議会議員では、私と沖議員が関大の卒業生で、同席しました。

1973年入学当時、学生数は2万人をこえるマンモス大学で、大学紛争のあと、学生自治会は崩壊、学園祭もなく、新歓行事もなく、何にもない大学でした。
「このままでは、隣のひととも話すことなく、4年間を過ごしてしまいそう」という危機感は、クラスでの共通の認識となり、クラスコンパ、学部のソフトボール大会、他大学との交流をはかったりし始めました。そして1回生の秋に、私が実行委員長をつとめて5年ぶりの法学部祭を再建しました。

あのときの経験は、とても貴重なものです。環境は自分で変えるべき、自分たちで変えられる、ということを確信しました。

暴力学生の襲撃を受けたり、いろんな困難もありましたが、クラスメートや先輩、大学の教授たちの協力もあって、学園祭は大成功しました。

そのころの仲間たちは、全国に散らばってがんばっています。

地域単位の「校友会」も面白い存在です。できたら、現役世代での交流を活発にして、仕事やプライベートでも助け合えるような会になればいいのにと思います。
来年から、支部の役員を引き受けることになりました。

|

« 喜志駅の線路にヒビ割れが! | トップページ | 府営住宅のトイレの排水が流れない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の校友会の支部総会に出席してきました:

« 喜志駅の線路にヒビ割れが! | トップページ | 府営住宅のトイレの排水が流れない! »