« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

富田林市役所に自動車突っ込む、写真はとれず

今日の朝、市役所の正面玄関に自動車が突入、大破しました。

大きなけが人は出ませんでしたが、サイレンが鳴り響き、消火剤でフロアは真っ白になり、庁内は一時、騒然となりました。

犯人はすぐに取り押さえられましたが、以前から暴力沙汰を起こしていた人物だそうです。

10時から予定していた、市議会の本会議は30分開会が遅れました。

写真を撮ろうかと思いましたが、消防や警察、市の職員の方が走り回っておられる中、とてもそれどころではありませんでした。

今も事情聴取は続いているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンプラザ前の横断歩道、ライン引きなおし要請しました

山中田町のサンプラザの前にある横断歩道。

新しく信号機がついて、歩行者の横断の安全が確保されましたが、すぐ先にも連続して横断歩道があります。また、サンプラザの買い物をおえた車が、信号待ちの車列に割り込もうとします。

すこし危ない横断歩道ですが、このラインが消えかけて、雨の日などはほとんど見えない状態です。

京谷議員とともに、市と府にラインの引きなおしを要請しました。後日、改善される予定です。

004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府の土地の迷惑な雑草 きれいになりました 

宮甲田町の外環状線「錦ケ丘」交差点付近です。

Img_0689

民家横に幅1mくらいの、大阪府の残地があります。

これまで自分で草刈をされていましたが、相談がありました。この土地は大阪府の所有のものでした。

大阪府の土木事務所にお願いして、下記のように草を刈ってもらいました。

002

お困りのことがあれば、岡田ひできまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学時代の友人と朝まで飲み会

先週、大学の建築学科卒業の年齢に幅のあるOBたちの飲み会(先輩の社長就任のお祝いを肴に)に同席しました。私は法学部出身ですが、仕事の関係のつながりもあり、この会に参加させてもらっています。

設計事務所、ゼネコン、コンサル会社など各方面の情報を聞くことができました。やっぱり、上のほうはボロ儲け状態です。

20倍の収益を上げている大手商社、年収1億円(売り上げではありません)の設計事務所社長の話などを直接聞けて、大企業がバブルのときの1.6倍の経常利益をあげているというのはこのことかと実感しました。

集合住宅系の設計事務所の話では、1戸1億円を超えるマンションは、飛ぶように売れているとのことです。最上階の高額のものから、即日完売だそうです。

20人くらいの集まりでしたが、2次会・3次会の段取りをする人、進行で盛り上げる人、ひたすら飲む人、仕事のジョイントを世話する人、さまざまですが、みんな精一杯生きています。

朝方まで飲んで、体にはちょっときつかったですが、なぜか同窓会の後は、何日も暖かい気持ちが続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「富田林市内の学校校舎のアスベスト対策は大丈夫?」

上記の質問がありました。

《富田林市のアスベスト対策は》
http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=2114736003/K=%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97%E5%B8%82+%E5%AD%A6%E6%A0%A1+%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E5%AF%BE%E7%AD%96/v=2/SID=w/TID=jp0008_jp0008/l=WS1/R=1/wdm=0/IPC=jp/ln=ja/H=0/;_ylt=A8vY8ivxAF9IXMkAol.DTwx.;_ylu=X3oDMTFjaG9lcGcwBGNvbG8DdwRsA1dTMQRwb3MDMQRzZWMDc3IEdnRpZANqcDAwMDhfanAwMDA4/SIG=12gh41ikq/EXP=1214272113/*-http%3A//www.city.tondabayashi.osaka.jp/topics/asubesuto1.html

市内の市有施設は、大気汚染防止法の基準に基づいてすべて、調査測定されました。空気中濃度はすべて基準値を下回っていましたが、アスベストを含有する施設は残っています。
http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/topics/pdf/asb.pdf

その後、新堂小学校、寺池台小学校、第2中学校の除去工事が完了し、耐震補強工事とあわせて、工事計画は進行中です。

工事未完了の施設については、毎年2回空気中濃度の測定がおこなわれています。

現在は、耐震補強工事が最優先となりましたので、耐震補強工事と計画を整合させて、計画実施を進めているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な水路に、フェンスが設置されました

自転車や人が、夜間に転落する危険な水路。

町会の要望に、市は迅速に対応してくれました。フェンスのコーナー部分には、反射シールも張られていました。

道路交通課のみなさん、ありがとうございました。

身近で、気になることがありましたら、岡田ひできまでお寄せください。

Img_0691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「富小と1中の耐震強度は大丈夫?」

上記の質問がありました。

富田林市は、市内の公立小中学校の耐震診断は平成17年度にすべて完了しました。

平成26年度までに耐震化率100%にむけて、補強工事をすすめているところです。現在、校舎135棟中81棟が耐震化しており、残りは54棟です。

耐震診断の結果の公表は、情報公開を優先するか、公開による不安からの混乱を避けるかで、自治体によって判断がことなっています。

富田林市は、耐震診断の結果と、耐震化工事の順番は非公開としています。

今国会で、「地震防災対策特別措置法」が改正可決され、学校施設の耐震化への国庫補助率が引き上げられ、耐震診断結果の公表が義務付けられることになりました。

「富小と1中の耐震強度は大丈夫?」の答えは、現時点では「非公開」ということになりますが、周知の事実で言いますと、1中は昨年、ほぼ全校舎の耐震化工事が完了しました。

「特別措置法」の改正により、国庫補助が増えるので全校舎の耐震化は早まりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車も人も落ちる、危険な水路

若松町2丁目にある水路。カーブする車道に沿って水路があります。

このふたのない部分に、人や自転車が転落します。夜間は暗くて、道路との境がわかりにくくて自転車が落ちたり、一方通行を逆進してカーブしてくる自動車に押されて、人が転落したり、危険な箇所です。

前のお店の方が、これらの人を何度も救助しています。

町会の要望書を添えて、道路交通課にフェンスの設置を要請しました。

今年度の予算で、設置できることになりました。

《 写真の左に自転車が、右には人が転落しました 》003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人権規約に批准しない、日本・ルワンダ・マダガスカル

日本の学費は、世界でも特別高い。
http://www.jcp.or.jp/youth/gakuhi/co_02.html

OECD加盟国30のうち、15カ国は大学の授業料は無料です。日本では毎年1万人が、私立大学を経済的理由で中退しています。

大阪では、橋下知事が高校の私学助成を大幅カットします。2007年度に全国45位だった助成水準は最低になります。この知事のために中退していく高校生は、きのうの金集めパーティーをどう思うのでしょう。

東京大学では今年から親の年収が400万円以下の人の学費免除が始まりました。学費を払えないのは子供のせいではありません。日本の高い経済力はどこに消えてしまったの。

日本の政府の考え方は、世界の流れから孤立。学費無償化をすすめる人権規約に批准していない国は、日本、ルワンダ、マダガスカルだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林駅西側の踏み切り、通路の穴ぼこを補修しました

近鉄富田林駅西側に、ダイエーに入る踏切があります。ここを渡ると、駅前の自転車置き場まで、細い通路があります。

ここには舗装が痛んで、歩行者や自転車の通行に危険な穴があいていました。

2007228_004_2

2007228_003

この道路は底地が近鉄の所有で、管理が富田林市という通路でした。市の道路交通課にお願いして、補修してもらいました。

029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日から、富田林市定例議会が始まります

明後日、17日から平成20年度第2回定例議会が始まります。午前10時から議会棟で傍聴できますので、一度見学にきてください。

《傍聴席の写真》P_iinkai

議会の傍聴席・傍聴について
http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/gikai/bocho.html

日本共産党は上原さち子議員が代表質問をおこないます。

今回から本会議の質疑が、ウェブ録画で公開されます。
http://www.gikaitv.net/dvl-tondabayashi/2.html

議場は、厳粛な雰囲気です。演壇で初めての代表質問をしたときは、すごく緊張しました。
市議会の質疑では、国会のような、ヤジなどはありません。みんな真剣そのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四川省の彭州市とはどんなご縁で友好都市なの?」

富田林市は、中国四川省彭州市とは「友好都市」、また、アメリカのベツレヘム市とは「姉妹都市」の関係にあります。

《姉妹都市と友好都市のちがい》http://www.clair.or.jp/j/simai/qanda/ans02.html

《姉妹都市と友好都市の定義》http://www.clair.or.jp/j/simai/qanda/ans01.html

《ベツレヘム市との姉妹都市の経緯》http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/contents4/category20/index.html

彭州市との友好都市関係の経緯は、富田林市のウェブサイトにはでていませんので、市民共同課に聞いてみました。

「はじめに、民間レベルで両市間で、研修生の受け入れや、企業の現地視察などの交流が盛んにおこなわれていました。1996年9月に彭州市長が富田林市を公式訪問して、両市に友好親善がはじまりました。
お互いに豊かな自然環境をもち、歴史・文化に恵まれた都市であることと、大都市近郊の農業地帯であることなど共通点も多く、交流と協力を深めることになり、2002年に協定書が結ばれ、現在にいたっています」とのことでした。

民間でのつながりが、公式の協力関係に発展したようです。

《今回の震災への支援》 富田林市から送られたテントが現地で使われています。

Print_img

http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/news/news2444.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大阪府』のランキング

総務省の統計局は毎年、「統計でみる都道府県のすがた」を発表しています。2008年版での大阪府のランキングを紹介します。

総人口は、東京都、神奈川県についで第3位。
住民税額は、一人あたり第4位。
固定資産税額は、一人当たりで第6位。
財政力指数は、第4位。
地方債現在高は、29位。
経常収支比率は、下から2番。

人口一人当たりで
65歳以上の老人福祉費は、29位。
教育費は、42位。
公立小学校費は、43位。
公立中学校費は、45位。
公立高校費は、32位。
小中学校長期欠席児童生徒数は、全国最低。
中学校卒業者の進学率は42位。
生活保護受給数は、第2位。
救急車の数は、45位。
消防車の数は、43位。
交通事故の発生率は第1位。
刑法犯罪数は、第1位。
窃盗犯罪数は、第1位。
検挙率は、47位。

安全失業率は、沖縄についで2位。
小中学校の少人数学級実施率は全国最低。
65歳以上の方の平均余命は、46位。
勤労世帯の実収入は、45位。

歴代の、自民・公明・民主のオール与党知事の政治の結果は、このランキングです。

橋下さん、この上、「福祉と教育を切り捨てて、1100億円の予算削減る」って。

バブルのときの1.6倍の空前の経常利益を上げている、大企業の法人税減税を元に戻すだけで、大阪府には1000億円の税収が入ります。箕面森町の大規模開発の失敗にに750億円の府民の税金をつぎ込むのはやめてください。あなたは、誰をまもってるの!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の転落事故、防止対策を

先日、寺池台2丁目の水路横の道路で、自動車と自転車が接触しそうになる事故がありました。

自動車を避けようとした子供の自転車がガードレールにぶつかり、子供さんは転落をまぬがれましたが、前かごのカバンなどが3m下の水路に落ちてしまいました。

この場所のガードレールは古いタイプで、高さがあまりなく、自転車がもたれると向こう側に人が転落するようなものです。

この場所は近年、マンションなどができて車や人の通行量も増え、歩行者や自転車の安全が危惧されていた箇所でもあります。

現地を上原さち子議員と確認し、市の道路交通課に対策を要請しました。道路幅が5.4mしかないので、十分な歩行者の通行帯が取れないのですが、歩行者用の白線を両側に引く方向で、検討してもらうことになりました。市が、地元の町会の意見も聞いて、対策が実行される予定です。

004

《上原さち子ニュース》 上原議員の発行するニュースです。
http://www.jcp-tondabayashi.org/profile/news_uehara.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険な横断歩道に、警告ライン引く 小金台

津々山台1丁目から小金台3丁目を結ぶ、309号線をまたぐ歩道の東側にある横断歩道。

エコールロゼの駐車場からでた車が、この道を南側へ猛スピードで走り抜けます。

ここは生活道路でもあり、こどもの横断も多く、しかも車の運転者が横断歩道を見落としやすい箇所でもあります。

市の道路交通課と富田林警察の対応で、横断歩道の手前に警告ラインを追加してもらいました。

027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺族厚生年金を申請しました

おじいさんが亡くなられて、おばあさんの遺族厚生年金の申請のお手伝いをしました。

遺族厚生年金は、市役所ではなく社会保険事務所の取り扱いとなります。

6月に亡くなられたとしますと、おじいさんの4,5月分の年金は6月に本人の口座に振り込まれます。6月分は8月におばあさんの口座に振り込まれます。

《遺族年金申請時の必要書類など》
年金手帳と年金証書、戸籍謄本、住民票、所得証明、死亡届の写し、振込先の通帳、印鑑

上記を持参して近くの社会保険事務所に申請してください。おおよその受給額も教えてもらえます。

困ったときは、何でも相談してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成幼稚園横の通学路に車止めのポールを設置

小金台1丁目の平成幼稚園横に、小金台小学校への通学路があります。

幼稚園の送迎時に、通学路に駐車する車があります。ここに車を止められると、こどもたちは車道にはみ出だして通らなくてはなりません。

道路交通課にお願いして、車止めの樹脂製のポールを設置してもらいました。

025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蟹工船」大ブーム!

最近、テレビや新聞でやたらと「蟹工船」や「マルクス」が取り上げられています。

朝日テレビ系『サンデープロジェクト』http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-19/2008051925_01_0.html

駅頭の早朝宣伝でも、20代とおもわれる若い女性が共産党のビラをよく受け取ってくれます。

先日、サンヨーや京セラミタで働いた26才の元派遣労働者の方と話す機会がありました。「会社は、労働者を物のように扱います。少しでも不満を言うとすぐクビになります。そして、1万円の手当てで『名ばかり管理職』にさせられ残業手当がなくなります」との訴えを聞きました。

現代の若い世代の長時間労働はきついものです。女性でも11時12時の帰宅も当たり前の職場もたくさんあります。

そんな彼らが共感したのが、「蟹工船」でした。

Photo

 近鉄百貨店の本屋さんにいくと、なんと2列の平積み。おまけにレジの前にまで特設で置いてありました。

今のワーキングプアと戦前の奴隷労働、同じ資本主義の搾取の仕組みは変わってはいません。そしてこの小説に登場する労働者たちが、ストライキを成功させる過程や、「プロレタリアが主人公」の世の中を展望させるのが醍醐味です。

このレトロな表紙が、今あたらしい!

インターネットでも読むことができます。http://www.aozora.gr.jp/cards/000156/files/1465_16805.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生活つなぎ資金」を9万円申請しました

子供さんとの二人暮らしのおばあちゃん。

電話ボックスに財布を置き忘れ、気づいて戻ったらもうありません。銀行のキャッシュカードをストップし、警察に届けをだしましたが財布は届いてはいません。

なくした9万円の現金は、生活費です。手持ちの余裕のない生活の中、「どないしょう」という相談でした。

とりあえず、市役所の地域福祉係で「生活つなぎ資金」を申請しました。

「生活つなぎ資金」は市民の緊急時に、20万円まで無利子でお金を借りれる制度です。返済は無利子で20回払いです。保証人をひとりたてて、民生委員の方の判をもらって申請書を提出し、許可が下りれば約10日で支給されます。

やれやれ、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大なガスボンベ、撤去

桜ヶ丘町の巡礼池。誰が捨てたのか、流れてきたのか、巨大なプロパンガスのボンベが擁壁の下に放置されていました。

住民の方からの連絡があり、みどり環境課の方ですぐに撤去していただきました。

誰や、こんなところにガスボンベほかすのは!

Img_0633

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋下「改革」、電車の中で大討論会

先日、会合の後、会社経営者の方と食事をご一緒しました。

アルコールもはいり、和気あいあいの談笑は延々と続き、阿部野橋からの帰りの電車の中では、政治談議に発展しました。

大阪府の橋下知事の「財政改革プラン」について、大いに盛り上がりました。

「財源があるのに、教育・福祉切捨てはけしからん」「いいや、知事は府民のためにがんばってる」「いいや、財界のためにだけがんばってる」

「公務員の給料は高すぎる」「いいや、大阪の職員給料は全国最低クラス、公務員が下がればまた民間が下がる」

「会社が赤字なら、経営者は給料下げるのは当然」「いいや、経営者の責任は赤字の原因をただすこと、だいたい、なんで箕面の開発業者の失敗に税金を750億円もつぎ込むの」

「法人税まけたってる分ちゃんととれば、1000億円も大阪の税収がふえる」「いいや、法人税はあげたらあかん」

などと、つり革談義をしていると、隣のお客さんが「あんたの、言うてる通りやわ」と経営者側について参戦。ところがすぐに、座っていた紳士が「あんたの言うてることは、おかしいわ。私学の助成金までカットしたら親は大変やで」と私の側に参戦。

古市駅と喜志駅で意見の違う、知らないもの同士が一緒に電車を降りることになりましたが、「こんな話が、電車でできて面白かったですね。」「喜志駅で岡田さんの演説聞いたことありますよ」「ぜひ私のブログも見てください」となりました。

周りの皆さんには、少々うるさかったかもしれませんが、大いに盛り上がりました。
すいませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »