« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

富田林市への補助金、2億1千万円カット

大阪府の「財政再建プログラム試案」が発表され、富田林市の財政課の試算によると、府から市への補助金等が2億1千万円あまりカットされる事になりそうです。

「子供が笑う」を公約にした橋下知事が、こどもの医療費助成、少人数学級、私学助成のカットし、放課後児童クラブ時間延長促進助成金などは全廃となりそうですです。大阪のこどもたちは泣かされてしまいます。

かつて、小泉首相が「自民党をぶっ壊す!」といって登場し、だまされた庶民の生活をぶっ壊してしまいました。この手法は、最近の国民だましの手口のようです。

大阪府全体では1100億円あまりの予算削減案ですが、橋下知事にだまされてはいけません。大阪府が本当に財政難であればそれも検討が必要ですが、実態はちがいます。

箕面新町開発事業で民間企業がだした750億円の赤字を、橋下知事は大阪府民の税金を投入して穴埋めしようとしています。続く第3区開発も実行すれば、158億円の赤字事業となります。

去年、庶民減税は廃止されましたが、大企業の減税は続いています。この減税で今、大企業は80兆円の内部留保をためこみ、バブル時の1・6倍の経常利益をあげています。この減税を元に戻すだけで大阪府には1000億円を超える税収が入ります。

大企業への奉仕で府民を苦しめる知事が、先日泣きました。府民や子供のための涙ではないことは確かです。誰のために泣いてあげたんでしょうか。

3月議会で富田林市は、府の補助金の削減が実施されても、2008年度予算は財政補填をして実行することを決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府営住宅のぬかるみを補修

楠木町の北大伴府営住宅。

建て替えがすすんでいますが、古い住宅は街路も荒れたままです。

どんなことでも声をかけてください。すぐに、対策をとります。

雨でぬかるむ通路を補修してもらいました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水があふれる水路が補修できました 若松町

若松町から企業団地に流れる水路が何本もあり、急傾斜を流れ落ちるためよくトラブルが起こります。

運送会社のトラック置き場に、この水路からの水が流れ込むようになった箇所があり、すぐに市役所から、補修に行ってもらいました。

若松町東と中野町東の工業団地はもとは、水田地帯で現在も大きな水路が走っています。石川へ流れ込む経路は、この団地の下を通っています。

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新人議員」おわります

このブログのプロフィールに、「富田林市の新人議員です」と自己紹介をしていましたが、本日より「新人」は終了です。

昨年4月に議席をいただいてから今日でちょうど1年がたちました。あっという間の1年でしたが、まだまだがんばりますよ。

「議員になってどうですか?」とよく聞かれます。ちょっと驚いたこととか、感想を書いてみます。

1、市役所の仕事は5時半でおわります。
  議員になる前は、10時ぐらいまでは仕事、土日も打ち合わせ、そんな毎日だったので役所では気がつけば、誰も残っていないことも。でも、5時に帰れるのはあたりまえのこと。
  私が定時に帰る日はありません。相談はご遠慮なく。

2、人の顔と名前がが覚えられない。
  支持してくれた1816人、市の職員が952人、駅頭などで演説を聴いてくれている人など、向こうが知っているけど、こちらが名前もわからないことが多いです。

3、議員はなぜか、みんな小さい車で登庁します。
  家にベンツがある人も。

4、葬式がやたらと増えました。
  喪服を買い足しました。

5、議員報酬の手取りは少ないです。
  共産党の議員は兼職をしないので、大変です。議員年金の天引きや、選挙のための積み立てなどを引くと悲しくなります。退職金はありません。

6、赤信号は絶対わたりません。
  みんなが渡っても、一人で待ってます。

7、議員はすごいです。
  中学校給食の全校実施、子供の医療費の無料化、35人学級の実現などみなさんの声を公約にして実現できました。
  カーブミラーや道路の補修などはすぐにできます。町会や自治会からのお呼びも増え、次から次へと要望が寄せられます。
  お年寄りや弱い人のお役に立てたり、街づくりの構想が実現できます。

  相談事が解決して、感謝していただけたときが一番うれしいです。

  
  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

電車の中での出来事

先日、阿部野橋行きの近鉄電車の中での出来事。

私の向かいの座席に、乗り込んできた若いカップル。女性がすわり男の子がたっていると、隣に座っていた男性が席をかわってくれて、二人仲良く座ることができました。ところが、譲ってもらってもお礼も言わず、ロックギターを肩にかけた男の子は座るときにギターのネックを隣の女性の頭にぶつけて、二人は気づかないままおしゃべりを続けています。

これは、おこらんとアカンと思いつつ、「しかし、言っても聞くかな?」「逆襲してきたらやっかいやな」との考えも浮かびましたが・・・。阿倍野橋駅に到着したときに、男の子に「君、座るときに隣の女の人の頭ににギターぶつけたよ。謝っとき。」と声をかけると。ちゃんとお詫びに行き、女の子も「すいませんでした。」と言うではありませんか。

どうやら、このカップル、おしゃべりに夢中で周りが見えてなかったみたい。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滑ってこける、坂道の補修完了

寺内町の南端。石川への抜け道にもなっている、急な坂道。土舗装が劣化して小学生が自転車で転んだりして危険な道路となっていました。

002_4

道路交通課にお願いして、補修してもらいました。

022_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒れそうなカーブミラー、撤去・新設 梅の里

梅の里2丁目に、ポールの根元が腐蝕した危険なカーブミラーがありました。

犬の散歩で、おしっこをかけられさびてしまったものです。

道路交通課で連絡の翌日に、電柱巻きつけタイプに付け替えていただきました。

危険箇所に対する対応は、迅速です。ありがとうございました。

Photo_3 危険な鉄製ポール

Img_0608

腐蝕したミラーは即日撤去されました。

翌日に設置されたミラー。この位置なら、腐蝕の心配なしです。

Img_0609

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミの不法投棄の竹やぶ

梅の里2丁目の端にある竹やぶです。

ここに大型ゴミや、工事の残材などが不法投棄され住民が困っておられました。警告のたて看板を立てても効果がなく、相談がありました。

001

002 道路交通課に相談すると、竹やぶの手前のフェンスまでが市の道路管理部分だとわかり、環境衛生課の方できれいに手入れしてもらうことができました。

  

Img_0611

きれいに伐採してもらってからはゴミもあつめやすくなり、不法投棄もなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »