台風すれすれ、“わいわいテニス”

大型台風が夜中に通過。

朝には雨もやみ、風もなく無事“わいわいテニス”ができました。

千早赤阪村のコートは、前日の台風で木の枝や葉っぱで大変でした。

コートの掃除と雨水処理で一汗かきました。

現役の高校生テニス部員も参加して、レベルの高いテニスと全くの初心者も2名参加しての一日でした。

Photo

テニスの後は、ウッディハートでランチです。

7年間のパリ生活を終え帰国した人や慶応大学の学生さんもいて、金剛山の湧水もたっぷり飲んで、楽しいランチでした。

来月は10月9日(月・祝)の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪万博の誘致をすすめる決議を求める請願が出されました

富田林市議会に「2025年日本万国博覧会の大阪誘致」をすすめる請願が出されました。

大阪府の松井知事が、「万博とカジノをセットし、大阪の成長戦略の切り札に」すると明言する中での請願です。

先日、総務文教常任委員会で委員会審査がおこなわれ、日本共産党から私が質疑・討論を行いました。

Photo_3

富田林では本会議はネット配信で見ることができますが、委員会は庁内のテレビでしか見ることができません。

写真は庁内放送です。

請願の議論をした内容をお伝えしておきます。

◆ ◆ ◆

 本請願では、万博の大阪誘致を求める理由には、①市民の健康増進に寄与する、②大阪の存在感をしめす絶好の機会となる、③都市の活性化に期待すると、富田林市民への効果があげられています。

 しかし、今すすめられようとしている大阪万博の進め方は、この請願の趣旨とは真逆の内容であり、市民の健康を害し、防災対策の不備、新たな大阪府の財政破たんを招く危険などを危惧し、請願採択に反対します。

 大阪府の松井知事は大阪万博の誘致について、「万博とカジノをセットし、大阪の成長戦略の切り札に」すると明言し、財界にも協力を要請しています。

 知事は「健康・長寿」を大阪万博のテーマに掲げていますが、ギャンブル依存症という病気をまき散らすカジノが、健康増進につながるなど笑止千万です。日本はギャンブル依存症患者が世界でも突出して多い国です。患者数は500万人を超え、男性の9.1%がギャンブル依存症に苦しんでいます。

 また、府民への世論調査では、カジノを含むIRには反対という意見が52%です。カジノの導入はパチンコなどとはけた違いの家庭崩壊を引き起こし、ギャンブル依存症の蔓延に拍車をかけます。カジノの弊害が大きな問題となっているお隣の韓国では、犯罪・勤労意欲の低下・家族離散など地域社会の崩壊など、カジノによる経済損失は経済効果の47倍の年間77千億円に及ぶと試算されています。

 国民の半数をこえるカジノ反対の声にこたえ、「万博にカジノは導入しない」と宣言しない限り、2025年万博に同じく立候補し、パリ市民の8割以上から開催を支持されているフランスとの差は開くばかりではないでしょうか。

 「世界に大阪の存在感を示す」とされていますが、開催地を夢洲とすることは防災上危険性があります。

 耐震性能に問題がある欠陥ビルといわれていた旧WTCビルを85億円も出して購入し、防災上もっともぜい弱といわれる埋立地咲洲に2重庁舎として府庁を2分した橋下知事は防災意識のなさで「大阪の存在感を示し」ました。それは2011年に、はるか離れた東北地方で大地震が発した時に、咲洲庁舎が大阪でただ一つエレベーターが止まり、壁が壊れ、機能停止したビルとして存在感を実証しました。

 南海トラフ大地震が30年以内に70%以上の確率で起こると予想されているときに、120万人近くの人を防災上もっとも危険とされる夢洲に半年間も詰め込むことは問題です。夢洲からの脱出経路は夢舞大橋と夢洲トンネルしかありません。この埋め立て地が大地震にみまわれると、橋とトンネルが使用できなくなり閉じ込められた人たちが、近隣の石油やガスタンクの火災のなか2時間後に到来する高さ6メートルの津波にのみこまれるという大災害となる可能性もあり、今度は世界にマイナスの存在感を示してしまうことが危惧されます。

 また、大阪府の借金は橋下知事になって2倍のテンポに増え、松井知事が就任した翌年からはついに大阪府は起債許可団体に転落しました。大阪市も市民一人あたりの負債額は府内自治体の中で最悪の状況です。

 「大阪経済の活性化の起爆剤となり絶大な経済効果を生み出す」と言われた、りんくうタウン、WTCビルの買収、ベイエリア計画の失敗は今、府民に大きな財政負担となってのしかかっています。

 今回の大阪万博への資金計画でも、カジノを核とする統合型リゾート=IRについて、橋下前市長も吉村現大阪市長も「IRのためのアクセスはIR事業者が負担」するとしていたのに、今は大阪府と大阪市が負担すると協議を始めています。

 会場建設費約1200億円は、国と地元自治体と地元経済界が等分に負担する予定だったのに、民間企業で支出に前向きなところはたった18%しかありません。事業を担当する企業は大儲けするが、借金は府民や市民にまわすという府民負担の悪循環が懸念されます。

 本請願で誘致を進めようとしている、大阪万博は、松井大阪府知事が「万博とカジノをセットで夢洲に誘致し、大阪の成長戦略の切り札に」するためすすめているものであり、このままでは府民の健康、市民生活の向上、防災上の安全をおびやかす懸念があり、賛成できません。

◆ ◆ ◆

上記の内容で質疑・討論を行いました。

本会議での採択は、9月29日(金)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バンザーイ!」って、家に帰ったら目が血だらけ・・・

羽曳野市会議員選挙で若林候補と4人の日本共産党候補が全員当選し、「バンザーイ」も終わり、深夜に家に帰ると、

「目、血でてるで!」

と、妻が驚いています。

鏡を見ると、白目が出血して、ゾンビみたい。

眼球の中での出血で、外には流れてきません。

白目に鮮血が張り付いているので、見た目のインパクトはすごいです。

夜中にお医者さんも空いてないし、とりあえずネットで調べてみると。

「結膜下出血」とやらで、ほっておいても2週間くらいで治ってしまうそうです。

痛くもなんともないのですが、見た目は強烈です。

くしゃみをして出血する場合もあるそうで、選対と議会準備で極度に疲れているときに、当選の報でバカ喜びしたのが原因かもしれません。

ある程度の年齢になると、喜んだり怒ったりするのも加減がいるようです。

しばらく、ビジュアル的にはいただけませんが、お付き合いよろしく。

※写真は載せません、怖いよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マムシ注意」の看板設置するも、またかまれる!

先日、清水町で小学生がマムシにかまれ入院しました。

小学校では全校生徒に、マムシに近づかないよう注意喚起してもらい、出没個所に市で『マムシ注意』の標識を付けてもらいました。

Photo_2

しかし、またかまれました!

今度は隣の川向町で、家に入ってきた子どものマムシにかまれました。

かまれた腕はみるみる腫れあがり、腕は2倍くらいの太さになり紫色に変色しました。

富田林病院に入院して治療を受けておられますが、その日も2人がかまれたそうです。

これからは、マムシ被害の多くなる季節です。

前回の子どもさんも、今回の場合もヘビを捕まえようとしてかまれています。

20センチくらいの子どものマムシでも、かまれると大変なことになります。

くれぐれもご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽曳野市会議員選挙、日本共産党は全員当選しました

羽曳野市会議員選挙、日本共産党は全員当選しました。

9月10日(日)投開票でおこなわれた羽曳野市会議員選挙は、定数18に20人が立候補する少数激戦の選挙でした。

投票率は47.1%で、日本共産党は7882票を獲得し、得票数・得票率ともに前進し、議席占有率は22.2%となりました。

国保料の引き下げ、西浦市民プールの存続、子どもの医療費助成の18歳までの拡充、中学校給食の全員実施などの公約実現のため、がんばってもらいます。

ご支援いただいたみなさん、ありがとうございました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月18日、“わいわいテニス”やります!

強烈に暑かった夏も、ついに終わりそうですね。

スポーツの秋、交流の秋きたりです!

9月18日(祝・月)の10時から、千早の村民テニスコートで“わいわいテニス”をやります。

918_2

だれでも参加できます。

2面コートをとっていますので、初心者レッスンと、バチバチ本格コースとわけています。

ラケットの貸し出しあり、テニスの後は交流ランチもあります。

月曜日が祝日の日にやってます。

ご参加お待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「家族の介護で紙おむつが大量にでます。ゴミシールが足りません。」

お父さんが介護が必要となり、お世話をしている息子さんから相談がありました。

「介護で紙おむつが大量に出ますが、市役所のゴミシールでは足りません。何とかなりませんか?」

という相談です。

市役所で年間支給される無料ゴミシールは、なくなると有料で購入しなければなりません。

でも、この場合は心配いりません。

市役所の衛生課では、「紙おむつ用シール申請書」で証明書をつけて申請すると、無料シールが発行してもらえます。

【申請書見本】
Img
証明書印をもらうのは、医師・民生委員・町総代・ヘルパーさんのうちいづれかです。

ヘルパーさんだけでもOKですので、遠慮なく申請してください。

一般の燃えるごみと同じシールですので、出し方も普通のゴミと同じです。

申請書の受付は市役所1階の衛生課窓口です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西グランドゴルフ場の草刈りが完了しました

川西大橋の河川敷に専用のグランドゴルフ場ができました。

暑い夏でも高齢者の愛好家たちが元気にプレーしています。

公式戦も行われる立派なグランドです。

Dsc_0613

錦織の高橋でも、多目的広場でグランドゴルフができます。

川西グランドは土の質が違うのかよく草が伸びて、この季節にはボールが転がりにくくなります。

利用者の方から、「草を刈ってプレーしやすくしてほしい」と要望がありました。

スポーツ振興課に連絡すると、シルバー人材センターに依頼して、お盆の最中にグランドの草刈りがおこなわれました。

Dsc_0612

周辺のラフまできれいにカットしていただきました。

ただ今、ベストコンディションです。

グランドゴルフは、固い土でも草の上でもできるスポーツですがここでは草で日差しの照り返しが緩むのか、夏でもたくさんの方が利用しています。

除草剤は河川への影響が出るし、手入れしなければ草は伸び放題だし、グランドのメンテナンスも大変です。

一部に芝生の箇所がありますが、そこには雑草は生えにくいようです。

Dsc_0614

でも、多くの市民の皆さんに気軽に利用してもらうためにも、あまりコストはかけられません。

当面は適度な草刈りでのメンテナンスで、プレーを応援してもらいます。

担当課の迅速な対応、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜ヶ丘公園に車イスで入れるようになりました

桜ヶ丘町の住人の方から、

「夫が介護が必要になって車イス生活になりました。家の前に公園がありますが、散歩に行きたいのですが、道路の傾斜がきつくて入り口までヘルパーさんに押してもらうのが大変です。家の前から公園に入れるようにしてほしいのですが。」

と相談がありました。

Dsc_0209

市のみどり環境課に相談すると、町会要望があれば、この箇所のパイプフェンスを開けることは可能だと回答をもらいました。

桜ヶ丘町と、隣接する小金台の町会長さんにも相談すると快諾してもらい、役員会にもはかっていただきました。

子どもの飛び出しが心配との声もありました。

市の方で、「子ども飛び出し注意」の看板も用意してもらい、グレーティングのふたも設置していただいて、車イスで平坦な個所から入って散歩ができるようになりました。

Dsc_0598

町会役員のみなさん、担当課の職員のみいなさん、迅速な対応ありがとうございました。

また一つ、市民にやさしい街づくりができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民プールに外から見えないシートが設置されました

まだまだ暑い日が続きます。

川西の市民プールは親子連れの市民でいっぱいです。

Dsc_0606

ここは国道170号沿いにあるため、道路からプールが丸見えです。

中学生やお母さんたちから、「外から見えないようにしてほしい」と要望がありました。

新婦人の皆さんからも市に要請をしていただき、目隠しシートが設置されました。

Dsc_0605

まったくの遮蔽ではなく、風も通る光も通す優れもののシートです。

市の対応、ありがとうございました。

安心してプールを楽しんでください。

そうそう。羽曳野市では来年から市民プールを廃止するとのことです。

富田林でも日本共産党以外の賛成で市民プールが廃止されました。

しかし、1万3千筆の署名を集めて新しいプールを復活させることができました。

羽曳野の共産党議員団、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«自由党の人たちと一緒に市民連合宣伝  ロゼ前