カジノに「経済効果」はあるのか?

維新の松井知事と、大阪市長は大阪万博と抱き合わせでカジノを誘致するとしていましたが、最近では大阪府・大阪市IR(統合型リゾート)推進局は、「2025年大阪万博」誘致が実現するかしないかにかかわらず、2024年にカジノを中核とするIRを開業するとしています。

カジノ法案は議員立法で提案されたものですが、審議のなかで「カジノ解禁推進法」の提案者である自民、維新の衆議院議員がアメリカのカジノ企業関係者からパーティー券の購入の名目で、多額の資金提供を受けていたことが暴露されました。また、日本でカジノ進出を予定するアメリカの事業者は、カジノ客の8~9割は日本人だと試算しています。

.アメリカのカジノ業者の要請で、刑法の賭博罪で禁じられている民間賭博を解禁する「売国法」を許すわけにはいきません。公営ギャンブルではその収益は自治体に還元されますが、カジノでは7割が賭博業者の収益となります。

いまでもパチンコ・スロットなどによる「ギャンブル依存症」は深刻です。

世界の中でも日本はギャンブル依存症患者のもっとも多い国です。2017年度の厚生労働省の調査では、生涯で依存症が疑われる状態になったことのある人は3.6%、前年度比0.9ポイント増で約320万人にのぼると試算されています。

市民からの生活相談でも、離婚や自己破産の原因で多いのがギャンブル依存症です。子どもの貯金にまで手をつけ、家族に内緒でサラ金に借金をしたり、家庭が崩壊するまでコントロールができないのが依存症です。

富田林に大きなパチンコ屋ができた当時、「おじいちゃんが畑に行かなくなってパチンコ屋に入り浸るようになった」「仕事が終わっても毎日パチンコに行ってしまう」など市民の生活に大きな支障が起き、問題になりました。

薬物依存症は犯罪でもあり、専門の治療が受けられます。しかし、カジノ賭博による依存症は、合法とされたカジノでは無制限に拡大してしまいます。ギャンブル依存症を専門に治療できる医療機関は多くありません。

カジノ法では「世界一の規制」で、「週3日の入場規制」をするとしていますが、週3日もカジノに入り浸る人は、すでにりっぱなギャンブル依存症といえます。カジノ業者が客に掛け金を貸し付けることができるなど、際限なくカジノにのめりこませ、依存症の人をとことん食い物にできる仕組みまで整っています。

ギャンブル依存症を増やさないためには、カジノをつくらせないことが一番の方法です。

「経済の成長のため」にカジノを導入するとしていますが、経済にマイナス効果を生み出すのがカジノです。

お隣の韓国でつくられた江原(カンウォン)ランドカジノでは、周辺の住民がカジノにのめりこみ、ギャンブル中毒患者が激増しました。風俗店と質屋ばかりが増え、2万5千人いた人口が半分の1万2千人にへり、地域は活性化どころか、すっかり寂れてしまっています。

このカジノができた周辺ではすでに2000人をこえる自殺者が出ています。韓国は現在、48万人が重症のギャンブル依存症患者となり、カジノは収益で約⑴兆6千億円、賭博中毒者の対策費には7兆8千億円かかり、収益の約5倍の対策費が必要となっています。

カジノは集客力・消費力が大きいほど、周辺地域経済は顧客を失い、売り上げ減少のリスクにさらされます。賭博業者だけがもうけをあげ、カジノは経済への打撃産業ともいえます。

安倍首相は2014年にシンガポールのIRを視察して「日本の成長戦略の目玉になる」「世界中から観光客に来ていただける」としましたが、これは浅はかな思い込みです。シンガポールにカジノ施設が開業したのが2010年で観光客数は開業前の2009年の968万人から2016年の640万人と約169%に増えていますが、日本では同時期に観光客が679万人から2404万人と354%に増え、大阪は170万人から940万人約553%に増えています。
日本ではカジノ施設にかかわらず観光客は増えており、逆に賭博施設の合法化による日本のイメージダウンの方が心配です。

観光庁の調査では、訪日外国人観光客が感じている日本の魅力は、日本食、ショッピング、温泉入浴や四季の体感などです。日本ならではの豊かな自然や文化が魅力の源泉であり、実際、地域の観光資源、魅力に磨きをかけることで、多くの外国人観光客を受け入れ、地域の活性化に結び付けることに成功している事例も、日本中で生まれています。
国際観光の振興というなら、そうした地道な動きを支援することこそが必要だと考えます。

「巨大なカジノ施設さえつくれば」という安直な発想は、根本的な誤りであり、無益です。
「観光促進にカジノ導入を」という国と大阪府の責任は重大です。日本共産党は、富田林にまで波及しかねない、カジノ誘致には断固反対です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の災害ゴミは、市役所で回収してくれます

台風による被害は、富田林市内でもまだ回復していません。

台風21号通過後、停電・断水などは全域で回復しました。

しかし、信号機の向きがゆがんだり、信号ランプが割れたままの箇所もいまだに残っており、復旧までには時間がかかりそうです。

大きな木が倒れたり、アパートの屋根が飛んで電線に引っかかったままのところもまだあります。

Img_20180908_160322

Dsc_0395

台風によって飛んできた瓦やゴミなど、台風災害で発生したゴミは市役所で対応してくれます。

1カ所にまとめて、連絡してください。

衛生課ごみ対策係

電話:0721-25-1000(内線144,145,146)

また、瓦が飛んだ屋根、崩れた土手などにかけるブルーシートは無料で貸し出しがあります。

危機管理室(富田林市甲田一丁目7-1)市消防本部5階

消防署5階まで取りに来てください。屋根に上る作業は各自で手配してください。

その他、お困りのことがあれば、岡田まで連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風21号、通過中!

台風21号が通過中です。

猛烈な風です。

マンションの12階からは、大阪湾上空を通過している台風の目が見えます。

Dsc_0393

瓦やベランダが吹き飛ばされていきます。

マンション駐輪場の屋根も壊れました。

Dsc_0394_2

この風の中、屋根に上っている人がいます。

トタンが舞って、突風が吹いているのに何を考えているんだか。

神戸方面に上陸したそうですが、まだ強風はやみません。

皆さんも、気を付けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田林警察、大失態!

凶悪犯が警察から逃亡中!

犯人が富田林警察署から逃げ出し、2時間近くも気づかず、市民へ知らせたのが翌日。

もし、市民が被害にあったらどうするのか。

警察の対応に市民から苦情が殺到しています。

市役所の駐車場には、テレビ局の大型中継車がずらりと並び、警察署の前はカメラを構えた報道陣であふれかえっています。

Dsc_0363_2

Dsc_0368

犯人が脚立をかけて逃げた塀は鑑識が現場検証をしています。

それをマスコミのカメラが撮影しています。

テレビドラマみたいです。

Dsc_0365

コンビニの駐車場は、マスコミが調達した黒いタクシーで満杯です。

犯人は市役所の駐車場を抜け、盗んだ自転車で小学校前、共産党の事務所前を走り去ったようです。

事務所にも、警察の聞き込みがありました。

犯人は羽曳野で、自転車を乗り捨てたそうです。

一刻も早い逮捕を願います。

しかし、市民に知らせるのが遅すぎます。

地域の自治会長さんからも、電話をもらいましたが、「もっと早く連絡があれば、自主防災や町会も警戒したのに」と怒っておられます。

市民の方からも、「スマホでないので、連絡もなかった」と、情報提供の在り方にも抗議されています。

これ以上被害が拡大しないよう、全力の捜査をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人に教えられた新世界の鮨の名店  『すし寛』

「鮨の美味しい店がアルヨ!」と、外国人の友人にさそわれて、新世界へ。

ジャンジャン横丁よりもっとディープなスポット、「飛田本通り商店街」にある、「すし寛」。

満員。

Dsc_0313

ネタケースには、ノドグロをはじめ高級魚がずらり。

おすすめメニューには値段が書かれていません。

にぎり、焼き蛤、卵焼き、水ナスなど序盤の注文が運ばれ、ペロリ。

これは旨い!

あわてて、写メ撮り。

Dsc_0316

脂ののった焼きノドグロ。

Dsc_0314

焼きしいたけとトロ鉄火。

Dsc_0315

タイラギのお造り。

Dsc_0317

新鮮毛ガニは身をほぐして出てきます。

メニューは豊富で、ネタは厳選されて、値段は西成価格でした。

いつ行っても満員で、予約していた方がよさそうです。

Dsc_0318

桂ざこばさんが贈った暖簾がかかっていました。

創業60年だそうで、おすすめのお店です。

場所柄、男子会にむいてます。

『すし寛』
大阪市西成区太子1丁目15-2
     ℡ 06-6641-6654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PLの花火、マンション自治会で見回りでした

昨日はPLの花火。

毎年自治会で、見回りをします。

マンション敷地への車の進入や、危険な見物のチェックをします。

Dsc_0311

Dsc_0290

Dsc_0295

猛暑が続く中で、楽しみなイベントです。

でも、毎年花火の規模は縮小して、車の混雑も減ってきました。

野球部の活動停止などで、寄付も減っているからかな?

近隣市からもよく見えます。

昔、淡路島に行ったときに、PLの花火が見えたのには驚きました。

これからお盆に向けて、涼しくなればいいのにね。

皆さんも、熱中症には気を付けて、暑い夏を乗り切ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母が永眠しました

母が永眠しました。

98歳の大往生です。

お世話になっていた施設での「看取り」でした。

“遺言“が残してあり、葬儀や納骨について、母の遺志どおりに見送ることができました。

衣装や遺影など用意されていました。

戸籍謄本は死亡届けや互助会の解約にすぐに使えました。

家族に何の負担もなく、いい思い出だけを残して旅立ちました。

もう一つは、ケアハウスのスタッフの皆さんへの感謝です。

家族同様に面倒を見ていただいて、訪問看護師、担当医、ヘルパーさん、職員のみなさん全員に最後まで、母を大事にしていただきました。

昔、自宅で最後を迎えたように、施設で皆さんに見送っていただくことができました。

本当にありがとうございました。

感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“平和行進”に参加しました

昨日、富田林市役所から羽曳野市役所まで「平和行進」に参加しました。

毎年、夏の原水爆禁止世界大会に向け、各地から平和行進がおこなわれます。

市役所前広場で、集会がおこなわれ市からも、副市長の挨拶をいただきました。

先日の6月議会最終日に、公明党と自民党だけが反対しましたが、「核兵器禁止条約の日本政府の署名と批准を求める請願」が賛成多数で採択されました。

うれしい歓迎報告となりました。

Dsc_0201

Dsc_0205_2

フィリピンからの参加者は通し行進で、広島まで歩かれるそうです。

Dsc_0206

スマホの翻訳アプリのタガログ語で、通訳なしの会話ができました。

便利な時代になりました。

85歳の方が河内長野から松原まで歩かれました。

平和への願いはすごい力です。

土砂降りや大風の時もありましたが、平和行進は途切れたことはありません。

私も歩ける限りは毎年参加します。

核兵器がなくなる日まで、この行進は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“めぐまりこ歌謡トークショー”  金剛公民館

“めぐまりこ歌謡トークショー” に行ってきました。

金剛公民館で、藤沢台校区福祉委員会主催の企画です。

めぐまりこさんは、松田聖子のものまね女王になった、富田林市藤沢台にお住いのタレントさんです。

富田林市内の様々な団体の催しに出演していただき、商工観光事業にも協力してもらっています。

障害者事業でも積極的にかかわってこられました。

気さくに地域の福祉委員会や子供参加の取り組みにも参加してくれます。

富田林には、大西ゆかり・めぐまりこなど芸能人がおり、今日のショーには落語家の新人も出演されました。

Photo

トークにものまね、、エイジングシスターズの踊りなど楽しませてもらいました。

プロの芸人さんの、しゃべり・つかみ・歌唱力、参考にはなりますが、とてもまねできるものではありません。

恐るべし。

入場無料の取り組みで会場は満員、皆さん大喜びでした。

福祉委員会のみなさん、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪北部地震の現地では 高槻市

昨日6が議会が終わり、すぐに大阪北部地震で被災された現地に向かいました。

日本共産党高槻市会議員の出町ゆかり議員にお話を聞かせてもらい、被災箇所などを確認に行きました。

富田林でも問題になり、一斉点検をおこなったブロック塀。

小学生が亡くなった、寿栄小学校の現地。

Img_20180630_055143

Dsc_0192

プールのブロック塀はすでに撤去され、正門には献花台が設置されていました。

震源地に近い、この学校周辺では、ブロック塀などが破損しています。

Dsc_0193

屋根にブルーシートがかけられている家がたくさんありますが、自衛隊は要支援者のいる家だけかけて撤収したそうです。

ブルーシートは無料で配られたが、危険な作業なので業者待ちで、いまだに瓦が落ちたままの家もありました。

Img_20180630_060017

避難所には少数で分散しているため炊き出しもないそうです。

生活保護を受けている人たちが住む古いアパートなどが危険家屋の判定を受け、家に戻れません。

府営住宅の空き家などが提供されていますが部屋数は限られています。

定例議会は期間を短くして、議員さんたちは、罹災証明の発行、各種の減免措置、いろんな生活相談で走り回っておられます。

ライフラインは電気、水道、ガスの順にすべて復旧したそうです。

町の光景はブルーシート以外は平常に戻ったように見えますが、復旧は続いています。

被災者に寄り添う議員団の奮闘ご苦労様です。

とりあえずの現地報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«カーブミラーの要望が2件ありました